時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

超越の街

漠然とした歓喜が迫る。快楽に浸る原理から、寂しさが引き出す依存心から、傀儡として指定される義務を孕む言動に記憶を麻痺させるだけの暗鬱な苦悩から、誘導される心理に基づく過程に引き取る由縁などが軽薄な理論を串刺しにし、犠牲心にまどろむ信仰から、行為は陰鬱な衝動を加算させ、原理に理想を供給させるだけの愛という力に引き取られ、拘束される原理から、遠因は汚染され、現状は維持されるだけに移行すべき位置から意味を用い、意味から位置は簡素な拘留を用い、含む原因から、消毒されるべき現在に喪心していく限りに陰る思いが邪推し、反動的に至る思いが反響し、捕囚たちのロンドがいずれレジスタンスに変わり、関わるすべてに反することに置かれる意味を背負うだけの制圧から放たれ、重なる思いが高揚し続け、システムを破壊し、連綿たる思いが蔓延り、配される間から、織り込まれる思いを突き放し、介する愛から、理想は競合されるほどに補填されるだけの義務に観念を生み出し、関係を引き取り、狂騒へと消え入る本質は、心象を老化させ、情報に統合され、長じる思いも、求められる理由に取り残され、こじれる間に住まいは奪われ、生み出される原因に固結していく状態に受理する思いが、行いに歯止めをかけ、履き違える思いが興じる由縁に閉じる思いは、憂鬱に支配され、背景にかき消され、攪拌される現在に用いられる半径に統制され、制度を謳い、現実的なものを喪失していく。

恒常的なものを謳う限りに欠けて行く思いは、抵抗するほどにほどけぬものだ、と問題に堅持していく理由から行き先は不透明で不幸なものに変わるのだ、とか妥当な位置から、システム的なものに廃れ、詩的に統合されるべき現在に思想は驕傲な態度で対抗していき、息継ぎする隙間も無く、瀰漫する苦悩が謳い出す不満から複製される真実を真実として受け入れ、運命的な回路に幾ばくかの可能性を残しては、指定される義務に埋め込まれた普遍性に敷衍していく思いにいぶかり、現用に弾けることを知らず、露骨な支配を受け入れ、埋め尽くされる犠牲から、帰巣すべき場所ばかりを求める限りに枷になる理由は移動すべき現在に点在していく意識に薄命なものを用い、浅薄に問題を引きずる限りに陰る本質は、隔世の感を持たずに、ただ感応することを答えとして受理する今から瀰漫する腐敗が生み出す権威に気配をかき消され、惨憺たるものにからまり加工される品位に根絶やしにされ、引き取る思いもおざなりなものを引きずるだけに運命的なものに浪費され、統合されるだけに牢獄へと入れられる。

違う物質を入れ込む憂いから、冷酷な支配から放たれ、関与する君に居座る悪意に転移していく行いに頓挫していくだけの姿勢を正すべき是非すら、歪んだ結末を生み出すから、与えられた関係などは、連動するほどに歪むだけに満たず、いたす意味すら相違し、相互するだけに至り、陰鬱な称号を与えられ、曖昧な毎日にちぐはぐになりながら、羽交い締めにされる現在に引きずられ、そこかしこに轍や軌跡を残し、恒常的な理屈を放つだけに転じる意識がじりじりと時代的な何かを引き出し、不安を煽るだけに高揚感のコアを砕き、何が楽しいのか、と謳い出す退屈を措置するだけの諦観から、無機質なものを信心するだけに信用を謳うだけに運命的な何かに掻き乱され、漂う意識は、ただ問うことを知らずに、ただ信じることに重きを置き、応じることに協調を覚え、謳われることを真実だ、と思い、出し抜けることだけに交換される真実が堅持し、購い崇めることが、同じ者を生産し、正義と悪を謳い、減摩していく可能性がシステムの中で化膿していき、機関の中で生み出されくみ取ることが、空虚さを媒介させていることを知らずに、ただ何事にも流されることが自由の秘訣であるなど、とうながすことに置かれる現在に置いていかれるほどに自分自身の空虚さを今に培養させ、媒介する思いが敗退を謳い、滅び行く記憶に現実などは貧寒さを謳うだけに老いぼれ、応じるほどに現実というものは、統合されるだけの正常さを現在に訴え、求めるほどにこじれるだけに至り、濫觴していくこの思想から指導という意識が無くなるまで自分に鞭打ち、現実を飛び越えるための学問への旅路を急ぎ、追求する意志は、衣装を替えながら、問題に軋轢を加え、答えに長じる由縁は面白く答えを書き換えるころには、ことごとくは今に敢行する意志が、閑雅な考えを今に引き延ばし、引き取る思いを包み込み、儀式的な何かに配信されるだけの情報に譲歩せずに、自らの血から産み出す答えだけが退嬰的に至らず、体系を飛び越え、こじれずに行為を飛び越え、応じる答えに欠如を放たずに、果たす思いが広義を捉え、井の中の蛙と謳われようが、この小さな核からすべては産まれまどろみ、途端に答えを飲み込み、自らが産み出す何かだけが、その何かを超越し、越権し続けることから統制を求めずに、どこまでも細分化し、文化を分裂的に逍遙し、どこにも帰り着かぬように、どこにでも居るように仕向けることに置かれることに行為は転移し続け、動じぬ意識は、ただどこに居ようが、ここに籠もろうが、同じであり、全部違うのだ、と私を超越の街として間違いを正すこと無く、ことの哀れみに触れ、転移していく思想から思考が交互し、行為元々を旋回し、求め合う原理に兼用される義務から放たれ、ただ立場も持たずにすぐさま超越する。