時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

滞らぬ考え

ルサンチマンをくすぐるか?恨みは恨みを増長させ、終わらない痛みを今に運び、破壊し尽くされた後にも、破壊を続ける。認識できるすべての憎悪を昇華させる。阻むものと、捕らえるものの支配から抜け出し、認識できるものすべてを書き換える。希望とは、闘争を用いてはならず、自らの神を飛び越え、災いを翻す。冷静さを取り戻し、本当の現実と生きる。すべては、一瞬で消え去った。後に残るものは無く、もぬけの殻と化した辺りから、普遍性などは無くなった。純然たる薄明が迫り、革命的な住処へと人間たちは、逃げ込む。群像にとろける思いは、偶然と偶像にぶつかり、最たる意味を失い、今に携える静謐も、外からの騒々しさに自分を見失う。用いられる言葉は、今に担う意味を引き取り、折折に展開される理由を自らに織り込み、用いられる意味に照らし合わせる理由が地を這いながら、自らの内外で果てる由縁に真相を告げては、自らの償いに転じ、流動する真実や、本質をぬぐい去り、最たる意味を浪費し、散漫な意識に超克を続け、追憶に貧するだけの価値に至らせるような家畜的な者がうながすカウベルで反応するだけの受動的な執心から、捏造される理由に用いられた答えに連行されるだけの罪と罰を作り上げただけに満たないような意味などに関わるほどに、補填される今にもつれ、意味を用いられるほどに施される理由に怖じ気付き、均等な意味をなどを用い、品行方正などをうながし、整序しよう、ともくろむ用途から、人間的なにおいに嘔吐を引き起こし、受理すべき意味も、位置を用い、その場所に閉じ込めることに置かれる人間的な気配から、人間的な軽薄さが、腐らせるように誘うだけの展開から、転換される意味が観点を奪い、注がれる意味に削がれる意識は、意味合いを今に引き込み、虐げる間に居場所を求めるだけに用いられる理由に補足される意味合いから、いぶかる意志は、侵蝕される暴力性から、破壊的なものへと移行し、用いられる論理は、魯鈍な者が支配する愚行に陥り、横溢する瞬間は、ただ孤立するだけに仕向けられる主観へと乖離し、隔離されるシステムの中で捕縄された意識は、現実に消費されるだけの獲物として、指定される意味を鵜呑みにし、認識する手前から、陥る概念に支配され、軽薄な論理に打ち出される迎合から、契約的なものに躍動し、約束とは、破るものなのだ、と妥当なプロセスを歩くことにプロパガンダにすり込まれる確執から、確信は、真偽を用いず、ただうながされることすべてを信じることにけだるい今から惰性にうながすことがすべてである、と生じて行く意味を鵜呑みにするだけに衰退化する世界に衰亡し続ける限りに陰る心象に法則的に閉じ込められることに瞬間は葬られていく。

育雛から離れ数光年の旅へと急ぐ流星たちが星にぶつかり、その消滅する身体に施された論理が爆砕し、放たれる意識が模倣を続け、法則的な改ざんから、介在していた意識との別れから、宇宙の一部である細胞から、逃避していく意識にエクソダスしていく空虚さと空白の間柄に葬られる意識が、未明の夜空に縫合され、ひとつの大きな身体として指定される義務を超克し、やがて渇望するだけの身体に入れ込まれるこころにコマンド入力を施し、抱擁される身体が、感覚で受け取る肥大化する可能性から、批准を用い、順序を奪うだけに失われる抵抗力から、星の面影は、思い出を携えず、ただ瞬時に消え去ることから一切は、儚さを携え、この生きるとは、瞬間に余力も残さず、今に瀰漫し、不満なども無く、ただ消え入ることによろこびを感じ、分かち合うよりも、当たり前に今に歪み、気づくころには、すべては遅れていき、印象にも残さずに、今に引き延ばされ、引き込まれる間に曖昧なマインドを用い、毎日が軽薄に計測されることに遠のき、応じることにぼろぼろになりながら、横暴な支配から暗示されるだけに解き明かす真理から、浸染させる意味合いに気負うだけに応じることとは、答えと自らの距離を広げ、用いられる間隔が回避する痛みから、言い分けがましく迫ることに嘆きすらも無く、ただ光速で移動する意志は獅子に変わり、浸透する意識に深浅も無く、ただ不意に気づくことに置かれる要理からも離れ、すべてに反することに調和は生まれ、長じる先に理解は育ち、ただ惰性で退嬰的な意思が生み出す戦争に参加せずに、ただたゆたうだけに弛まぬように緩やかに進むことに応じるだけに答えに捏造されず、熱情し続ける先先に最たる意味が生まれ、今に淘汰されずに、問いただす先に本質も生まれ、真実が陰湿なものから飛び立ち、問いただすよりも、自ら作り出す意味だけが、私を形成し、何事をも軽視せずに、ただ瞬時に駆け巡る意志は、言い逃れを施さず、ただ超越し続ける先に待ち受ける意味すら突き抜けることに応じることが回帰し、邪推せずに、センセーショナルに突き抜け、決意を用い、重いも軽いも無いところですべての枠を打ち砕く。

用いられる願いとは、泣き言を用い、ないがしろにした瞬間に一切の欺瞞を用い、不満足を流用し、流動する意識は、姿勢も正さずに、ただあるもので、何事をも支配するだけに至らせる事に置かれる本質などを信じずに、自らから抜けだし、おおらかに今に見事に散り行くすべての理念を結ぶ。