時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

さすらう愛

出会う衝撃に耐え、寂寞に触れる観念が、形跡も残さずに、果てない私情を捉え、延々と演繹していく数理的な面影や、寂然とたたずむ跛行している不易な実像や、空虚な凄艶さを携え、黙々と苦悩を食い散らかす微かな動機が、不当な出来事にパスワードを残し、携えるジレンマが、肥大する苦悩を泳ぎ、悠遠へと自堕落な旅路を繰り返し、仮想現実で肥大化していくジェンダーを捨てた理論的な法則に絡まる憂鬱の支配者たる自己を超越し、自らの軽薄さに気づいたころには、ほとんどの経路は消え去り、起源も持たずに立場をひるがえし、貧寒な事実に寄り添いもせずに、センチメンタリズムが地を這い、やがて説明されるだけに大人を信仰し、抗う事を忘れ、子供であるという事を否定的に捉えるだけに自由を失う者が、自由を求め、粗暴な行為へと移行していくだけに、配される大人という名称から離れ、自らが結ぶ道だけが物事の本質であり、物事を決め込むほどに、偶像は増え続け、魯鈍な意思が迫り、鮮明な意味を捉えられずに、途絶えるだけの意志が向かうべき意味を損ない、生じる今も無機質な思いをため込み、陶然たる様相で量子的な観念や、軽快な意志で逸脱し、見失う現在に定理など要らずに、放たれるほどに離れ合う今が鬱積する思いを携え、時系列に反し、関する災いを引き取る限りに引きこもる思いは、砕身し続ける現在に結ばれる思いも判然とせずに、自らのもやの中を進み、心ない何かに支配されるだけに代価を求め、冷え冷えとして意識で延々と疎外される続ける自己を引き戻すべく、引き合いに出される事柄に浪費していくだけの意味を使い果たす光景から、高尚なものは生まれず、ただ勘違いするだけの今に絡まり、いぶかるだけに一切の動機は抵抗を持たずに提唱される正解と世界として、正解へと導かれるだけの正解として受け取らずに、それだけが真実として受け入れるだけに偏りは生まれ、価値観を崩壊させ、今に制されるだけに性質も損ない、生じる由縁に注がれるだけの今に無駄死にするだけに至るような勧化から肝心なものは損なわれ、煩わしいものを引きずり、引き取る思いが、洋洋と切り抜ける先に恋情が生まれ、果たす意味は小さな愛に帰属し、ただ有する事に孤立しても尚、求める愛だけが、正解も求めずに、自らが思い描く事だけを真実として捉えていく。

かみ砕く思いが、応じる答えに反し、輝きを放ち、放つべき意味に是非を下し、空間的に配される愛から結ばれる思いが、恒常的なものを携え、互いに橋渡しし、介するほどに渡りきる今が溌剌としていき、措置される今の配下から抜け出し、明晰に結ぶ現在に私欲すら無く、すがる事すら無く、言葉も持たずに、排斥する意味合いから、近接する状態に時運を与え、明浄としていくだけにつくづくに綴る意識が、高尚へと向かい、昇華し続ける先に結ばれる意味が高揚し、心残りも無く、ここに残る意味すら無く、緻密なものに帰結していく動機が延々と損なわれるだけの行いに反し、関するままに統合されるだけの自我を捨て去り、時間を持たずに、そぞろに携える意志が封緘する空間に送り込まれる前衛的な余韻や、要因を抜き取り、すがるだけの現在に損なうだけの身体との軋轢や、靄然としていく精神から静謐な秘密を君と分かち合い、愛した軌跡に途絶えぬように、送り込む君との意味だけが、異質なものを取り除き、淘汰されずに、完全な統合を目指し、漂う愛が一律なものへと変化し、偏向せずに、途絶えぬ思いだけが、因果を取り除き、深まる意思が、今を突きぬけ、瀰漫する不満足に定期的な理論を持ち込まずに、用いられる言葉に緩衝しては、響く意味から、今が太り、希望を用い、帰巣していく今に蔓延る思いが、備蓄され、悲恋に震える冬を蹴散らし、かまけるだけに仮象を携え、互いの感官や感化すべきものを取り違え、咎めるだけに至るような争いへと転じて行くジレンマから、拍動していく怒りや悲しみが無くした面影を求め、横暴に過去に迫るだけに堕落していく思いがギミックを生み出し、犠牲心で切り取る未来から、逸脱していく正体不明のペルソナがパーソナルなものへと配され、依存心だけが、共存を求め、強制的な共存共栄から、共依存的なつながりへと運命は互いを苦しめるだけに至らせるのか、という苦しみから、空虚さを引き出し、空間的な問題があらがい、斡旋されるだけの事務的な様相から、義務的なものへと移送されるだけの官僚的な制圧から、聖俗さを謳い、孤独なたましいが、答えを超えられずに、右往左往し、操作されるだけの思想に相続すべき思いすらも、足しかな愛を持たずに、粗造なものを用い、、物事に押しつけ合うだけの代償が、最もな犠牲を支払い、足りない愛が、愛した事も忘れ、ただ煩わしい儀式へと斡旋されるだけに満たない価値にカタストロフを用い、物事を門前払いにするだけに足りないものを集めるだけにあつらえる私情に生じる由縁が継続していくだけの意味に今を無理矢理につなげ、足りない理解が示す安易でグロテスクな問題から解析すべき状態にまで至らずに、ただ理解を求め、用いられる強制力により、抑止されるべきものに突きつけるエゴが、孤独よりも恐れるべきは、誤る事であるし、誤れば最後、その場で屈従せぬ者は、ただその誤りから、二度と立てなくするように示す建前から、端的な理由は疎外されるだけに損なう問題から、転移していく痛みが永遠にチクチク自らを刺し、陰る本質は、自らの影を追い、掴まえられる実体に延々と苦しめられる。