時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

服用すべき真実

妨げるものが愛なのだ、と堕落した主観がアンニュイな表情を見せている。定理に基づく答えなどは、ほとんどの利用価値を終え、冷めた視点は、妨げるだけで、ひるがえす事を知らないから、昼間のまどろみで、用いられる観念を、関係性に基づき、価値観でひれ伏すだけの階級制に基づき、支配的なファシストたちが築いた、自らの価値こそが、絶対的な意味を位置づけ、今に用いられることごとくに価値を当てこすり、亢進していく意識は、悲鳴に変わり、培養される不安は、奪い合うように、バイタルを損ない、革新を謳うほどに、暴力的なニヒリズムに陥り、自らのペシミズムを利用し、テロリズムに落とし込むだけの退嬰的な進行から、有する価値は、カタストロフを迎え、精神性を損ない、原理的なものにすなどられるだけの価値観などは、今に愚鈍な支配を用い、ファシズムへと移行し、超管理的な社会が、監視的に支配する道理に理屈を捏ね上げ、接続されるだけの観念にあいまいな進路をつなぎ、つなぎ止めるだけの恋人たちの行為に基づく愛の結晶にすら、負担をかぶせるだけに満たない愛により、迎合されるだけの価値に流行性を用い、制度を利用し、今に至る病に加速する痛みに訂正されるべき主体性に基づく暗鬱な指導者たちが、既読された未来に基づき、何もかもは、今に至るべく、今に帰巣していくだけに満たない、と汚い価値を機械的に吐き出すだけのサインが、因子を奪い、あらゆる事は、死するまでシナリオ通りに進むのだ、と惰性な支配は、簡素な理由に基づき力に作用するだけの権力に偏るだけの一党独裁的な主観が、切り取る現在に露骨な支配を提示し、転換されるべき愛に観点は無く、ただ用いられる騒音により、膨張していく怒りが現在に垂れ籠め、短絡的な暴力へと移行するだけのプロパガンダが配られ、常套句として補足されるだけの情報が、生じる運命に剥離しては、迫害される観念は、損なうだけの影を纏い、自らが的にされている恐怖に戦き、震える身体を破棄するまで、歯止めも無く攻め入るだけの価値にカタストロフは迫り、下降線をたどる精神は、加工された義務を大量生産し、受注されるだけの計算から、閑散としていく主体は、開削され続け、つたない意味を通り過ぎるまで、自らに穴を掘り、自らを通り抜けるように示す間に陰険な支配は、制度を用い、君の領土を奪おう、と応じる答えに偏執するだけに固執する病理から、理性を用い、安閑さを奪い、安寧秩序を謳い、欺瞞を誘い、奪う権利を叫び出す辺りから、弛む問題は、端的な支配へと移行するだけの詐欺的なものに対する麻痺により、対処されるべき病に塗り込む薬や、依存性を運ぶだけの慢心へと移行していくだけに行き違う真実は、行き所を失い、ただ求められる位置に戻るだけに、過去に止まるだけに至り、統合されるだけに終え、自らの精神性は、損なうだけに陰るものへと成り下がり、内面的な原理に基づく不届きな価値に応じるだけの答えに偏るだけに体感すべきものも無く、ただ溺れるだけに快楽へと愛は、排斥されるだけの背景によどみとよじれを授け、公用化を謳い、高揚感を損なうだけの関連性へ連動していくものといえば、底の無い怒りであり、その中で応じる痛みだけが、互いの共通点としてアイデンティティーを用い、模索する現在に用いられる作用に基づき、批判的に半生をたどるだけの原理に形跡は計算されるだけの価値に間違いを掘り起こし、あらゆる間違いを場にちりばめ、居座るだけの価値にコーティングされるだけの屈従に果てるよりも、少しの抵抗力でも、その場で続ける事により、用いられることごとくは、その場から昇華し、あらゆるものを飛び越え、勇敢に挑む事により、用いられる事に反し、対するままに愛し始める事を廃し、簡易な出来事を超越し、延々と備えるだけの事柄に反し、躍動する精神は、要約されず、そのままで広がるだけの物事をひるがえし、あらゆる出来事が起こる前に未然に防ぐようなふさぎ込むだけの現在に負債を抱え込ませずに、重なる出来事に跳躍する限りに、何事にも捕まらない事を知るのだ。

静謐に擡げるものにぬくもりを授け、指図されるだけに売り買いされる者にも理解を授け、介在するだけの意識に熱情していく本質から、空疎なものが挟み込まれ、数々のジレンマを生み出すだけに戸惑い続ける値が示されるだけに、生命的なものに期月が入り込み、理想は供給される義務感へと執行されるだけの意味に捏造されるだけにぬぐえぬ痛みが、絶え間ない苦痛を運び出すだけに堕落する関係に経過していく思いが、物事の景観を奪い、管轄に形跡を用い、求め合うだけに用いられる原理に形骸化していく主体が、衆愚に絡まり、偽装される観念に美しい景観などを謳い、快感を跋扈させ、あいまいな支配に基づき、悲喜交々としていく間に勇敢な使命などは魯鈍なものに成り代わり、対象的なものを用い、怠惰な理由を巻き込み、こじれる後から理由を膨らませ、延々と生じる苦痛に配備される欺瞞が不具合を謳い、陶然と流るるべき今に瀰漫する慢心の下り物が垂れる。