時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

信じ貫く意志

刹那の名付け親がセオリーを蓄え、論理に枯渇するだけの表現を引き起こし、巻き込まれる意識に連動する暗澹とした想念から、固結していくシステム的な由縁に広がる余韻を誘引するだけのジレンマが、時代的な暗鬱さの巣窟で、延々と恨み辛みを刻む辺りから、心地よいものが、脳内に広がり、何かを蔑む内的な悪から、聡明な理念は疎外され、故郷を失い、さまよう要因に脳内で徘徊する餓鬼どもが閉鎖的な要因を謳い、物事を奪うだけに観点を与え、関係性は、契約だけに至り、何かが足りない、と言い放つロジックから、高潔なものが失われ、高次に至らず、浪費されるだけの観念に契約を終えるだけの儀式的な何かに攻め入られ、生命自体の完結さに帰還せずに、物事のサイクルに巻き込まれ、リサイクルを謳われるくせに、契合されるだけの物事に支払われるものが、支配するだけに至る空疎な行政が示す道理から、意味合いは、気質を奪い、策略を行い、逃避するだけの関係から、距離は埋まらず、埋めよう、と強請るほどに、賠償や、解消などを求め、空疎な闘争へと変換されるだけの刹那に用いられる原理をメモリーに入れ込み、混同する意識から除外されるだけの悪意に転移していくだけの病から、簡素な理由を肥大させ、怒りを敷衍させるだけの執行から、アイデンティティーは破滅を誘い、停泊する思いが、要するだけの形に理念を移し、揺動される真理は、誇張されるだけの物事に差異を生み出し、まどろむ毎日に試験的な暴虐を執り行うサディズムを膨張させ、真偽に基づき、批判的なものを生み出し、戦く過程に真偽を注ぎ、想念に馳せる原理的な思いが、市民権などを謳い、寂寞に大雨などを降らし、フラストレーションをため込み、多目的な怒りを媒介させ、バイタルを奪い、陪観するだけの奴隷的な観念が適用しよう、と認識する世界などは、知り合う事で、擦れる後から行為は、基づく意味を買い取るだけに至り、避けるほどに食い込む痛みから、意味合いは、カタトニーになり、成り代わる対象に依存し、あたかも自分のように受け入れ否定し、その意味に配される後にひしめく自分本位な物事への諦観を謳う限りに裏切りは住処を移し替え、運命論を謳い、現時的な逃避へと至るだけに、陰湿なものを生み出し、物事に手立てを与えず、ただ裏切るだけの関係は、完全性を謳うだけで、物事の本質を見失い、ないがしろにする物事に変化を加えては、何か新しいものだけを受け入れ、バンダリズムに至り、俗悪なものに手を加え、抵抗しないように、暴力で押さえ込み、情報操作に至り、階差に生み出す監査から、システム的な傍受から、矜恃は損なわれ、均衡を保てずに、退廃的なロジックに安易な支配から、アンニュイなものに固結していくほどに生まれる魯鈍な憂鬱から、有する過程にもたらされる悲劇に偏るだけの安易な回帰から、加算される原理が、理念を奪う、軽率なものに支配され、芝居を重ねるほどにアナクロニズムに陥り、横溢する瞬間に過程は、誰かの家庭を奪うような略奪愛へと変化し、変換される出来事といえば、何かを収奪する事にこそ、自らの幸福は克服されるのです的な信仰から、新たな真理は相互し、齟齬するほどに補足されることごとくに支配されるだけの強度を増し、自らの意志を損ない、そつない力に引き込まれるだけに荷担していく権威的なものに偏るだけに解決策は損なわれ、相似するほどに情事は、刹那を止まらせ、その場で測る永遠へと閉経していき、苛立つだけに至るまどろみから、俯瞰に攻め入るジンクスなどに阻まれるだけの暗鬱から、安易であいまいな支配に酔いどれ、揺動されるだけに作為を持たされ、何かを信心すべきだ、と信じるものは巣くわれるだけに至る事に気がつかず、食い尽くされた空虚な身体を抱え、そこに入れ込まれるだけの事実を引きずるだけに至るゾンビたる己を傍観するだけの離人的な倒錯から、等位は持たされ、用いられる言動に浪費されるだけの主観が、形があるようにあたかも示されている場面で転移する痛みから、言い分けがましく迫る余韻に誘導されるだけの破壊的な主義が用いるウイルスがまき散らされ、毎日に地位と名誉を、と叫ぶ辺りから瀰漫するニヒリズムが生み出したテロリズムたるセレブリティーが芝居を続ける現状に飽き飽きし、自らを超越する事になれ合いや、なりあいは要らず、ただ働く物事が、今に力動しては、ことごとくに届くようなものを送り込み、物事の確かさに敷衍する言葉が変化を加え、変革へと至り、希求を超越し、今に適う事こそが、叶うに近いものであり、問題に露骨に攻め入る答えに退行するだけの己を飛び越える辺りから、超克は始まり、用いる答えを飛び越える事により、己の強度は増し、答えにねじ伏せられずに、今に至る原理だけを信じ始める。