時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

文学的な消費


 嵌まり込む思いが理想を求め、用いられる起源に攻め入り、生命的な何かをすなどり、倒錯する現実から、記憶の奥底に受注されるものからエクソダスし、抵抗を加え、訂正される夜に腐敗する異次元から、定立する怜悧なものを引き取り、被る先にアンニュイなものが消え去り、昇華する先々に無限性を生み出し、原生な時に知り合う月日が交換され、硬化する以前に攻め入る思いが静謐な時折に混ざり合い、ひしめく理由が掲揚するだけの理由に統制されるだけの言葉を破壊し、徘徊する先々に正常なものなど必要無く、ドーパミン促す新緑の夜から、歯止めも無くあふれる物語に敷衍していく生活感などがかさばり、記憶から抜け出す現在に定理を結び、生み出されるものがエネルギーを放ち、阻める事に置かれる現実的な逃避行から、統合されるだけにあいまいな精神を滅ぼすほどの意味合いに組み込まれる愛から、忌憚なく生み出される現在に形成される今とは、意味を鬱積させ、運命的なものに明滅する思いが、応じる答えに先験的な苦しみを生み出し、兼用される事実に鬱々としたものの信管をくすぐり、放つ一撃が、いつもの先験的なものが疎外され、認識される以前に疎外感に震えるだけの過去から枯渇するだけの理念に創出していくものが正義を謳い、現時点をくすぶり、放出する真理から、静謐なものが生まれずに、ただ阻まれるものとして、存在を孤立させ、虚空へと誘うだけに精神性とは、世界性を滅ぼし、自らを破滅に至らせるようなニヒリズムに歪む現在から、軽薄な理論が高潮し、信用などを用い、根源をまさぐり、偶像崇拝へと至らせるような悲劇的な覚醒から、完全性を求めるもくろむだけの黒幕たる自己から、情理は変性し、統括されるだけの愚行が知り合う事柄に正義を謳うだけに拘泥していく意味が偏りを示し、存在感に恍惚を誘うだけに内面的な偽装を場面に与え、貸与する理由から、簡潔的なものとは、起源を損ない、その場で汚れるだけに儀式的な定型にかさばるだけの思いを横暴な支配に偏らせるだけに対比していくものが同じ価値の中に収まり、及ぼす支配から、横溢していく位置に与える権力に牽引されるだけの人間から汚れは生まれ、奪われるだけの価値の家畜として、指定される義務に空疎なものを告げるだけの現状から、肯定的なものとは、その場で疎外されるだけに至り、異物感を抱え、課せられる思いに寛容であるべく、信じるべきは、自分にあるはずなのに、求められる事により、自らを汚す事を恐れ、お粗末な始末へと偏向していく意識的な敷居から、命の終わりにひしめく恒常的な理論から、理想はゆがめられ、誘導される心因に飼い慣らされるだけの価値観の域に端的な邪推を与え、癒やされぬ空腹が迫り、狭い価値に収められるだけの原理に迫る価値観に閉ざされる現在に軽薄なものを抱え、寛大さを損ない、今に見つけるべき意味に阻まれ、配備されるだけの意味に咎められ、与えられる幸せの餌として、誰かの犠牲として生け贄にされ、磔にされるはじめての神として自己を孤立させ、済世すべき現在に掲載される意味を敬愛するだけにデカダンなものを抱え込み、渾然一体となる同一化するだけの自己との対象から配備される愛憎のリゾームが腐るだけの関係に完結していくだけの現在の掃きだめに嘯くだけの真理から、信用などは、奪うだけの価値の搾取者として錯覚を生み出すだけのメディア的な嘘から、寛容さを損なうだけの人間的なあまりに二次元的な愛から、緩慢な孤独は、慢性的なものを生み出し、イニシエーションを迎え、開示されるだけの理由を受け取る事すらできない幼い生命に欺瞞が生まれ、不満足を謳い、対比されるだけの安易さに清潔感すら無く、枢要な事実にかかわるほどにおどおどする命は、回避しよう、と逃避する先々で定理を打ち砕くような寸鉄を用い、おぞましい結末に虐げられるだけに嵌まり込む迷宮から、帰巣本能をくすぐるだけの偶像にデカダンなものが差異を用い、最たる意味に屈従すべきなのだ、と錯覚させるためにためらう今に対比されるだけの現実に形成されるだけの現実に軽薄な理想を積み立て、ため込む怒りがルサンチマンに変わり、陰鬱な衝動からビジョンを喪失し、希望を損ない、生じる意味に希望的観測だけを用い、すぐさま諦観に至るような規律に偽装されるだけの善悪の境目に散り行く差異から、想定されるだけの痛みに解析されるべき理由に流動していく真実は、体系的なものを破壊し、果敢に挑むだけに位置づけるものに公平さを謳うだけに平衡は保てずに、互いを闘争に巻き込み、欣然として迎え入れる理由に規制をはびこらせ、抑圧される心身は、思考停止に至り、運ばれる情報の奴隷と化し、仮死化する命は、正常さを謳われるほどに、たゆたう意味を知らずに、時代を用い、善悪を謳い、格納される抵抗性が、ペシミズムとニヒリズムにより、終わらない病へとトランスフォーメーションし、先天的な位置から生み出される空疎さに耐えかねずに、ただ破壊的なものを生み出し、理由をすなどり、現実に苦しみだけを与えるような退嬰的な意識から体系化する鼓動が、孤独にどくどくうなり、自らの音が反響する恐怖に打ち震えるだけの利己的な自己から離別し、自らのライブ感に果てる意味から、仮想現実的な虚偽の距離感を測れずに倒錯し、分裂する事をよろこぶ事を知らない。