時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

あらがうもの

 
 どこに居てもついて回るものが、自らを背負い続ける果てに見つける意味も、今に阻まれ、戦列を離れ、偶像崇拝へと至る偶然と、空想的な予感に迫る帝位や、制定をもくろみ、激しい揺さぶりを掛ける天秤に乗り、不埒な実像に、律動していく思いが、有する過程に迫る影や、原始的な理論に相似していく要因が、思いの丈を端々に引き延ばし、排する間に予感や、葬る先に結ばれる愛などが更迭され、用いる差異や、遊蕩な事実に迫る場面に転換されるものが固執する未来に誘引され、貧する由縁に陥る因子から敷衍していく物事が、高揚感を携え、多幸感へと至る論理的な裏道に迷い込み、混同する意識に生命的な起源が横溢しては、寂れる雰囲気に瞬くものが交錯し、短絡的な痛みを抱え、寛容にすなどる意思に甘美にふれあう愚鈍な生命のアナグラムや、量子的に迫る原理的な理想郷や、操作される聖域へと不当な意味を攪拌させ、物事の半径に原始的なものを重ね、温め合う思念が、悠遠へと溶け解け、閉じる間に結ばれる無数の儀式的な乖離から、犠牲的な真理に基づく深夜の敗退と大雨に濡れる自己嫌悪どもの体たらくや、求める本能から、欲望は、凡庸に物事を捉え、愚鈍な意識へと改革を叫び、嘯く革命へと大義を持たずに、独善的な意識に憚るままに、はびこる悪意に転じ、ねじ伏せられる今から移動していく限りに陰る本質に寄りかかる物事が本質を損ない、相似していく俯瞰に空間的な終わりを引き込み、痕跡も残さずに、些細な出来事に風化していくイメージが永久を乗り越え、自らに回帰していく限りにひっくり返り、加減も知らずに、荷担する意味に今を折り重ね、訝る現実に衝動的なものを重ね、敢行する意思から、陰鬱な証拠を残すだけに拘泥する意識に指針を与えるだけの動機に迫る量産されるだけの思考から、回答を求めるだけの回路から、服従を謳う政治的な専横から、遷移していく意味をかぶり、縫合される位置から、痛む傷に浸るだけのペシミズムにヒステリックな自己から感電していくシステム的な要理に領土を奪い合うだけの戦争へと受理していく健全な嫌悪感から、ルサンチマンは破壊的な衝動だけを用い、厭うだけに至る厳寒に迫る根底に攪拌される意思から、混淆していく愛は、儀式的なものに誘致されずに、自らの本能だけに従い、確かな愛へと引き込まれる限りに陰らぬような愛こそが、愛を乗り越える何ものかに成り得、内心に閃きを報じ、縫合される先々に癒える傷や、陰鬱な証拠を残すだけに引き裂かれるこころは、接地面を求め、寂れた雰囲気に接着剤を塗りたくり、引き裂かれたこころを癒やさずに、ただ己の卑しさに浸るだけの原理的な収納を終え、昏倒していく意識は、洗脳されるだけに戦争状態へと至り、意識が膠着し、カタトニーに陥る先に横溢していくものなどは、アカデミックなものが陥る権威に浸るだけの御用学者が放つ偽りの答えから、掻き乱される教育へと奔走していく意識的なミメシスが狂わす行動理論的な抵抗から、定義に結ばれるだけに歯がゆくもだえる意識的な形式に果てるジレンマが打ち出す概念の外観に差し込むべき愛を用い、観点を奪い、物事への抵抗をもくろみ、自らを永遠運動的に疎外させる間に緩慢な永久機関として藝術革命へと急ぐ限りに陰らぬ意思は、継続する意識をたちまちに織り込み、混み合う意識は、根源を損ない、そこかしこで関連する状態につながり、綴る意識は、続く限りの物事に横溢していき、自らに帰り着く間に離床しては、輪唱する差異から、散漫なお家へと帰り着き、返り血を浴びた身体を洗い流し、あいまいな今にさかのぼるだけの過去の虚像を打ち倒し、応じる答えに鮮明な意味を残し、訝る現用に果てる意識的なアナクロニズムから、最たる意味を引き込むべく、乗り越えるものだけが、根治する意識に最たる意味を生み出し、エンディングへと移送される本質に排される意味に姑息なものを移行させるだけに採算を合わせるだけに色あせるものが吐血を繰り返し、破壊的なものを生み出す限りに陰らぬ意志は、何度も自らの力により、復元される意味を乗り越え、こじれることなく、時系列を打ち砕き、唾棄する主観から、主事するだけに権力に指図されるだけに最たる意味を失い、自らの喪失感にゆだねる景色から、形式的なものが迫り、狭い価値へと引き込み、貧寒なものへと陥る限りに陰る本質が蛇行しては、怠惰なものを用い、物事へと陥り、応じる答えに変化すら失い、開花を急ぎ、春を待たずに、枯れ果てる精神が、経世を求め、取り急ぐ支配から、独裁的なものに虐げられ、思考停止し、侵蝕される意識に飲み込まれる己の陰惨さに乖離していき、懐疑的な日常に改善されるべき意味も損ない、おのおのの欺瞞に攪拌される半径に鬱積するものが暗鬱を重ね、アンチテーゼを用い、反抗的に超える間に分裂していく意識が、決して同じ意味を持たずに、離れ離れになり、担うべき命題すら空疎なものだ、とあざ笑う。