読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

運命を汚すもの


 あふれる思いが滔滔と流れ、記憶の奥底で起き上がる運命が噴煙を撒き、不羈なわたしは、天体を抱えるよりも、空間を持たずに、放たれるままに運命へと慟哭する先々で定理を結ぶよりも、この円環から離れ、自らに帰する思いだけが広大な意思と意味を交換し続ける先に用いられる等位や原理から離れ、ただ達するままに愛し弾むような思いだけが、典麗な時を織り込み、永遠性にからまり、自らに始まる事だけを、始まりとして使命を巻き込み、根底から飢渇するだけの動機に道理は始まりにからまり、交わるほどに孤独を増し、行き交う意味が統合されるほどに森厳を捨て去り、謹厳実直であり続ける限りに稀有な自らに契合されるものなど不必要であるし、ここに制約するほどに理由に陥るだけの諦観を謳うだけの傍観者や、約束を組み込むほどに、魯鈍なものが迫り、狭い価値観にとどまり、慢性的な痛みを抱え、記号化する運命や、自堕落な時間に関わり、他者の身体を介し、観点を奪う闘争へと倒錯する現在に浸るだけの意味が端的な理由を捨て去り、体感するほどに、感覚は麻痺し、関係性に兼ね合い、偏執するだけの様態に用いられる原因から乖離していく今に痕跡も残さずに、入れ替えられるだけの混生から、ただ同じ命は、価値を用いずに、ただ制止されずに、抑圧されずに、自らの軋轢をひるがえし、迫るニヒリズムや、迫る過去に反し、加工されるだけの貧寒さに関し、加工されるだけの動機に迫るだけの幼稚な倫理から放たれ、自らに帰する事だけを受け入れ、運動的な抵抗から、提要なものなど、ほとんどの理由を喪失し、相互依存するだけに終えるだけの重縁から、貸与していく婚姻から、形容を用いるものなどは、この場で悲観するだけに終えるような退嬰的な体系へと混淆され、整容される隙間に運命は論駁され、感染経路を砕かれ、慢性的な病へと至る。痛む心は、重要な観点を損ない、痛む思いを与え軋む意味に回路を明け渡し、用いられる原理に反し、この思いは、捉えるべき意思だけを意味につなげ、伝う意味に流用されるだけの品位から放たれ、あふれる原因から、原理は、理想を忘れ、互いを咎めるだけに偏執するような理由に固執し、愛した軌跡や、形跡を踏みにじり、運命を度外視し、透徹すべき現在に変革や懸隔を用い、完全性を歌うだけに奪い合う価値に敢行する意志が引力を用い、重力に屈し、権力へと移送されるだけに圧力に屈するべきなのだと朗唱するだけの定理に反し、心ない世界を背開きにし、塗り込むスパイスや、誘導尋問されるほどに悠揚迫らぬ態度で、思考停止に至るだけの現実に現行のものにおののき、不安へと至り、訝る現実に検証されるだけの理由に屈するだけの精神構造から、肥大化する運命的な軋轢へと酩酊していく先を明晰にすべく、すべては、短絡的な動機に関わるだけの退嬰的で愚鈍な妄想を抱え、悪化するネガティブに値札を貼り、破壊的に至るだけのニヒリズムから、認可する理由に抱え込んだアナクロニズムにひずむだけの価値観に有する過程から理論は削がれ、ただ誰かが誰かを動かすためだけに用いられる原理が、自己を疎外させ、そこに機械化したプラトニックで超マゾヒスティックな者が、一貫した指示を待ち、主体性を損ない、ただ命令される快感に堕落していく自己を傍観するだけに、自己を命令するだけの酩酊から襲う快楽と何ら変わらずに、ただ互いの快楽を増長させるだけの構造へと破壊的な意思が落ち込んで行くのであり、あらがう意思は、ただ命令する者と、命令される者の間に距離を用い、行動を疎外させ、注意を削ぎ、齟齬する意志は、憐憫を用い、物事の根幹を腐らせ、必要悪を謳い、悲観していくだけに至るような互いの力の中で摩耗する神経や、互いの力の範囲の中で屈従するような関係へと関連していく状態に観点は奪われ、阻まれる意志は運動の法則に魯鈍な価値観を縫い付け、互いの意志に注がれる力に観点を結び、あらゆる意志へと疎外されていく力が行き過ぎなものを抱え、問題を倒錯へと至らせる事を皮切りに、互いを咎めるだけに運命へとドメスティックなものがどくどくとあふれる関係から、かこつだけの力は、退嬰的なものへと陥り、ただ悲観するだけの恐怖へと力を注ぎ込み、快活な動機を失い、運命へと倒錯し、踏破すべき現在に偏りを示すだけに終える関連から、情理は、利害関係を用い、そこに現れる価値に支払われるべき是非や、是認する今に認可するものなどが投影するものなどは、今に影響を与えず、ただ互いの力により、倒壊するだけに至る。