時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

頑強な愛

観念が臨月をむかえる。幸薄い表情した空から飛躍する。あらゆる論理は、ゆるやかに超越され、些細な痛みを引き延ばし、物事を優しく包む。物事は、抵抗を加えられ、原理的に包括され、孤独が渇望を生み、活力を失い、意味に妨げられる。あらゆる抵抗は、なだらかに続き、秩序を打ち砕き、あらゆる愛へと帰還する。遮られぬ愛は、確かなものを引き出し、論理を飛び越え、自らを跳躍し、すべてを昇華させる。創造的な飛躍から、ケロイド化する芸術性が、規律を用い、何もかもを孤立させようと目論む普遍性に反することにより、より良いものが生まれ、ペシミズムやニヒリズムを打ち倒す。ただ痛快に攻め入る価値に迫る思いが実現させる世界へと跳躍する意思は、とめどなく意味を敷衍させ、普遍性を打ち取る。ゆだねるその先に乗りかえる私たちの青春や、夜通し探る精神の経路や、壊れた回路を治すために、永遠に分析を続ける精神性から、制圧されるだけの、貪婪な精神を解離させるまで、永遠に続く意識的な懐疑を取り払うために、綴る意識的な規約を帳消しにし、西日に照らされ、些細な出来事をデータ化する以前に飛躍し、悲観する前に、混ざり合う神経や、改善すべき今にたゆまぬように、あらがう意思に余韻を授け、確かな愛に変える。帰還した愛は、文明や文化や、機械から躍動し、いっさいを超越し、延々と続く限りを補正し、散漫な意識を逍遥し、あらゆる論理を超越する。飛躍する意思は、歓喜をむかえ、開示される意味から抜け出す。何かを引き出す事も、惹きつける事も無く、ただ続く限りを綴る。無差別に群生するものがうごめき、物事のメッキを剥がし、はびこるものに反し、絢爛豪華な意志を引き出し、込める意識的な強要から抜け出し、さびれた概念を取り除き、ロジカルな消費や、精神がテクノロジーに飲み込まれ、意識的な妬みから、願いは、ふさぎ込んだ意志から魂胆を奪われ混濁し、この世界では無いところから脱する事など求めずに、この世界をすべてとして生きる。その決意が、今につながり、あらゆる答えを乗り越え、自らの意思に従い、物事を超越し、思いに変換され、強固な思いに変化する。研鑽された時代が、ピカピカになるまで、拭き続ける意思が、強固なものに変わり、極まり、形あるものに収斂され、爽やかな風に揺れ、和毛がふるえる晴れ間から現れる緑が、アイロニカルに揺れ、万物がもだえ、逃避し続ける余韻が突き放す答えが懈怠し、機械的な道理を超越し、総和する思いが、凡庸なものを隠滅させ、世代間を飛び越え、気だるいと感じるだけの日常から飛び立つ。飛び立つ君の勇姿が、夕焼けと重なる。咆哮を続ける意思が反響し、繁栄する思いが、僥倖を用い、幸福論を飛び越え、自らに帰還し、自らの孤独を包む「愛であれ、」と伝う詩的な跳躍から、時代性の闇を超克するような、愛が絶え間無い希望を放つだけの、出来合いの距離が、デカダンなものに変わる前に、自らが飛躍し続ける先に見つけ出す愛が、多幸感をうたう以前に、交換される意思が、高揚し続けては、延々と飛び続け、大気圏を超え、宇宙空間でのから超越し、さらなる高みへと旅立つ知恵も、何かを見下すようでは、要点や要因にとどまり、理由や、理屈を吐くだけに至り、惰性な意識が兌換する意味が確かなものすら失い、渇望するだけの意識から跳躍し、散漫な意志が生み出す力に期限を用い、懐疑的なものや、解離する意志が起源を用い、もつれる余韻が示すアイデンティティーが隔離する自我から超越し、到達する意識が、意味を見つけるだけに代償を用い、何かを支配したがり、従わせるだけの理由が侵食し、あらゆる意味を食べ尽くす自己が、自分を食い荒らす先に用いられる同調などから放たれ、自らの正義に帰り着く。戒律を用い、対立する世界から放たれるべく、貸与する意味から引き出すものが、貧寒なものを生み出しながら、相互互換し、誤解を生み出し、関与する間に、退廃的なものを用い、盗用される理由が麻痺し、慢性的な痛みを抱え、加算される動機を超越し、さらなる自己への旅を続ける。綴る意思に、帰る場所などいらず、見当たらない意識は、現在をうやむやにしながらも、用いられる正しさに屈性せずに、確かな自らに行き着く。新たな自分との対話を進め、続く意識は、つたないままに、季節を包括し、奇跡を生み出し、物事を包括し、ささやかな愛へと帰還する。