読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

臆さぬもの


 見下す目玉、憎らしい者が虐げる断続的な週末をむさぼるだけの価値観が鈍色で、浪費していくだけの価値観から、吸い取られるだけの精神は、他者のやましさや、やかましさにからまり、悔悟をため込むだけの、退嬰的なジレンマが、今に引き取られ、安易な普遍性の不衛生さに、驕傲な態度で示す現在進行形の私の欠如や、静謐に漂う、ゲシュタルト崩壊の午後を屠るだけの人工的な成因に捕まり、這いつくばるイデオロギーは、贋物の革命家のコギトエルゴスムへと垂涎していくだけの、滅亡的な互換へと嗚咽の空や、窮乏し続ける先にカットアップされるセンテンスに入り交じる感情などは、どこにも無くて、ただ、用いられる此処とは、何を有し、意味に浸るだけの現象へと掻き乱され、誰かの保守的な理想や、帰巣するほどに、シンドロームに巻き込まれ、舞い落ちるあいまいさにからまる罠や、内情に来すイメージの鈍麻さに傀儡化する毎日や、約束も破られ、果てる命の終幕をたどり、理想郷を謳うだけの神が、無人駅でたたずみ、逍遥する先に現れる傲岸不遜な者が、自身の不徳を正すころには、用いられた正義とは、悪になりかわり、誰かを支配し、芝居を続け、何か薄気味悪いだけの普通さを演じ、或いは、倫理観を謳い、正しい者とは、今に逆らわずに、従うだけに至るのだ、と叫ぶ利己的な狂気を抱えたマダムたちが、立場を用い、漠然とした主観に落とし込む死の恐怖に追われるほどに、魯鈍な意思を掲げ、自らを崇高なものへと掲げるだけの打算から、苛まれる意識は、正しくも悪であり、悪だからこそ、正しいのであり、そこに善悪を持ち込むほどに、ルサンチマンどもは、媒介する意識に、破壊的ニヒリズムを用い、轟轟とうなる原始的な理想や、強靱な肉体を使うほどに、魯鈍な者へと変わり、アニミズムにシンクロする超自然的な心象に肉迫していく思いが、興じるロマンスも、愚かなほどに、どこかに移行し、或いは、移送されるものを受け取るほどに、拗れる先に誇示するだけの価値を用い、何かに値札を付けられ、或いは、稼ぎという足かせをはめられ、世界を奪われ、正しい事も、正しく無いのだ、と世間体に持ち込むだけの対比から、太陽は暗がりに恥ずかしそうに隠れ、駆動する意識は、賛美歌に包まれ、散漫な意識は、枯渇していく先に陥るだけの闇と理想を、胸底に拡散し、あらゆる愛は、単独に死するのであり、アイロニカルなパレードの彼方で、理論上の敗退を謳い、用いられる期限に有する観点は、還元されるだけの差異をまとい、緻密な意識に、体制的なものを運び、何かを憎しみ続ける事だけに、重点を置く事に現れる拒絶感に対比する意識的な汚穢から、享受するものに敷衍する不潔なものを疎外させるだけの排除法から、論理的な垂涎へと加速していくニヒリズムの胎内で互換される精神的な屈辱感をカニバリズムへと加工するだけの普遍的な者が示す破壊的な構造から、開祖として崇められるほどに、朗唱するものは、真理を捉えられずに、何かを崇めるほどに、ほどこされる苦しみへと飢渇していくだけに体系に収斂していくものが、意識を奪い去り、未熟なままに摩耗された心情は、咎められる先に一体感などを求め、感覚に迫る寛容なものを疎外されるだけの意識的な重圧から咎められるほどに、快楽はマストアイテムに変わり、代価を求められるだけの軽薄な精神が描く現在に浸るだけの悲観から、関する間に用いられる利己的な終末論へと論証されぬものへと、或いは、認識しても尚、せめぎ合う幼稚な理論へと拘束され、受理されるものなどの愚鈍さに関わり、照合するものも、互いのまぶしさに嫌気がさし、些細な事で離れるだけに至るような関連性に連動していく苦しみは、朽ち果てるだけのエゴへと加工されるギミックへと、愛すらも、悲劇に変えるだけの、幼稚な恋愛へと、規則を用い、何かを抑止するだけに至らせるだけの法を意識に入り込ませる限りに生まれる背徳から、背景を背負い、清潔感を失い、感応する先に悶える意識は、ただ、無関心なものを、その場でモニュメントに変え、叙情的な涙を流す美しさを知らずに、無知なままで居ることの美しさに培われる正しさのようなものだけが、正しいもののように思えるほどに、疲れ果てた心情と言えるのであり、無知なままである者は、何かを知る以前に、知ろうとする意識すら持たずに、その場の純粋さにすら気付かずに、平気に何かを傷つけるような危うさを用い、用いられる行動に支配されるだけに至り、いたわる事を忘れ、いたずらに過ぎ去る過程を求めるだけの迎合から、現象に偏り、嵩ます怒りから、訝るだけの先々に対立する自己へと疎外感を蓄え、演じるだけに浸る意識的な汚穢を溜め込み、相対する意識は、相対的な捉え方などを謳い、そこに対立する善悪に解消されない痛みを、些細なものへと変換し、変化しない日常を法則的に巻き込むだけに、間違いは生まれ、退嬰的な理想を謳い、体系的な権力へと加工された義務感に追われ、自らの清純さを損なう。