読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

叫ぶ


 潜在的に埋め込まれたものが獰猛にうごめく。選択させられたものに動かされることに及ぼす快楽だけが、意味を受注し、正義を生産し、今に制限を生む。即座に抑圧された精神は、意味を遮断できず、迫る意味に利用されるほどにほどこされる意味を追求できずに、与えられたイメージを、そのままに受け入れ、打診することもできずに、迫るモラルが作り出す身近な摂理や規律が用いる判断だけが、正解に導くものである、と宣言する間にほどこされる意味などは、何かを支配し、左右させるためだけの思想を生み出し、思考停止に陥り、何かに反することだけが、答えを引き出すのだ、と妥当な位置から引き出される貨幣や紙幣を用い、快楽を買い取ることだけが、幸福への近道だ、と促すのだ。そこに現れる間隔に嵌め込まれるだけの妥当な意味から引き立たせられる普遍的な互換から、悔悟をため込み、未熟な快楽に触れなければ、穢れるなどと促す宗教的な補完から、保身に至り、自らを保護するのが、本能であり、今に芝居を続け、何かを騙すことだけが、しあわせを独占することなのだ、と女性的な還元から、男根的な支配へと需要だけを求め、そこに堕落したものを生み出すだけの一切の穢れを昇華させるための宗教に保存されるだけの価値を求めるだけの快楽の傀儡として、改悪されたものを愛することだけが、互いを知る方法だ、と惰性な意味をくみ取る正義は導かれる悪に翻弄され、資本主義的な衆愚として、システムの中での餓鬼として、何かをむさぼることに怯えるような恐怖が課せるジレンマに反せずに、ただ不安に導かれ、自らの未熟さに居場所を損ない、喪失感に漂う星の思いも、今に逸するだけの感情に服従し、従事することだけが、正解へと移行し、行為にもとづくエゴを疎外させ、屈従することだけが、物事の本質に迫り、今の生活を保つことだけが、真理であり、あらゆる理由は平伏するほどに増していく快楽により、同一化だけを目指し、統合された正常な精神こそが、誠実な意志を作り出すなどと促すような正常さこそ、異常なのであるし、やがて誰もが滑落するだけに終えるような生き方に示されるだけの尺度などは、自らの物差しで測ることには至らず、そこに現れる懸隔に示されるだけの区域に及ぼされる換金されるだけの自由に要するだけの罪や罰やらが、今に桎梏を与え、有する価値へとカスタムされるだけに意味の番犬として、よく吠えるの、だと惰性な位置からプログラミングされた価値を漁るだけの悪趣味な搾取者として、権力側に荷担するなどと促すような革命などは、幼児退行した意識下に示される父への反抗的なまがい物に敵意を剥き出しにし、引き出される憎悪の子として虚空をもがき、破壊だけに従事し、自らに産み出される純粋な破壊的な意志だけが、大義を見出し、破壊することだけに従事し、政権を奪ったところで、同じような過ちを容易に引き出し、あたかも変わったように示し、もっと悪い独裁制へととろくさく陥るだけに示される過程に求められる世界などは、自らの偏りを戻すためだけに、ためらわずに、何かを犠牲にすることだけに専念するような意思などは、思想に汚されていることを清め祓うべく、互いを倒錯させ、現れる幻想に支配されるだけに至るような操作を生み出し、意味を踏み台にし、今に現れる苦しみを憎むことでしか、自らを昇華できずに、創造性もなく、ただ仇討ちのためだけに、生きることなどは、白昼夢をさまようようなものであり、そこに現れる問いなどは、自らの破壊的な意思を癒やすためだけに存在するような幼児的な反抗心にしか至らず、そこに現れる怒りなどに抗うためだけに世界とは存在するのではなく、そこに現れる世界を正解として認識するに至らず、ただ自らの気配を感じたく、存在を認識しようと思えば思うほどに、存在とはあやふやなものであり、今に認識しようとしても、即座に存在とは消え去り、軽薄なものを信心し、信じ込むほどに、自らとの距離は生まれ、乖離していくだけに終えるようなものに生まれる空白を埋めるべく、誰かに愛してほしいのだ、と欲するほどに、自らの欲が君との距離を生むであろうし、そこに用いられる距離が、君との融合を求めるほどに、互いが示す距離にほどこされる空虚なものに閉め出され、互いを知ろうとすればするほどに、互いの距離を埋めようと悶えるほどに、互いの距離とは生まれるが、そこに距離を用いることにより、距離とは生まれることに誰もが気づけずぬから、何かを愛することを測ることでしか、相知ることはできないということに陥ることに気づかずに、今に現れる距離などは、自らの認識が生み出す空虚な苦しみに過ぎず、そこに現れる苦しみなどは他者が与えたものではなく、自らが生み出した苦しみがたゆみを与え、そのたゆみを戻そうとすればするほに、うまくはいかず、今に現れたたゆみなどは、自らが生んだたゆみであるからして、そのたゆみを認識すればするほど、たゆんだものを意識し、自らのたゆみばかりが目につき、苦しむことだけに移行していくのであり、そこに認識するものは、悪い方にばかり意識は移行し、そこかしこに域を生み出し、今に至る苦しみとは、誰かが与えたものだ、という被害者意識に至り、自らの痛みを和らげようとする自己保存の意識が、自らを守るためだけに、何かを恨むように移行していき、何かを恨むことだけが、自らを正しく動作させるのだ、と本能的にプログラミングされたものに反してこそ、はじめて人間を飛び越え、名ばかりのものを信用せずに、自らの力で位置的なものを飛び越え、今に等差を生み、倒錯へと至らせ、今に浸る欲望などは、誰かに与えられた餌に満たないのだ、と大声で叫ぶ。

掻痒


 孤独な羽音をふるわせ、飛躍を遂げるすがすがしい朝に従えるものもなければ、今に隷属し、隷従するだけに至るようなものもなく、今に孤立する思いが、比率などを捨て、対象とするものを放棄した後に広がる存在だけが、優雅に瞬間を閉じ込め、途端につかまえる意味が、あつらえられたようなものに覆われ、記憶を書き換えられるだけに至るような短絡的な思いを抱え、抵抗し続けるほどに、自らを苦しめても尚、そこに現れる現実とは、現実味もなければ、損なうような意味ばかりを浪費し、瞬間に拗れるだけに至るし、至らぬままに放置された思いが因果に飲まれ、おのおのの時間に消費されるだけに至り、時間の外に出られずに、時間の中でしか測られぬようなものが、今を覆い尽くし、苦しみを敷衍させ、些細な出来事にも傷つくような君の可憐さとは、愚鈍とも言えるし、感じるほどに、鈍くなようなものなどは、感じるに至らずに、今に苦しみを思うことだけが、正しいことのように示すような態度や、今に拗れるほどに体制の中に閉じこもり、そこでの苦しみを謳歌するだけに至るような思いなどは捨てる以前に、用いるべきではなく、持たされた義務にもたらされた苦しみを帰巣させるだけの場所としての存在の不確かさに苦しむほどに、自らの住まいをとは失われ、自分を探すなどという幻想をつかもうとすればするほどに、自らとはすれ違うものであるし、自らとは探すものにあらず、元から備わったものであるし、そこに現れるものが物陰に隠れ、物事に消費されるだけの関係が感性を失い、貪婪なものや、鈍磨なものへと引き裂かれていくようなジレンマから飛び立つべく、帰巣する場所などは求めずに、元々に備わるものなどは、今を阻めるだけに至り、今に与えられる苦しみにあてがわれるような理想を追い求める限りに、求めるものへと隷属し、自らの苦しむに屈するだけに至り、そこに現れる不安に食い尽くされるだけに至るし、そこに現れるものとの対立を深め、そこに現れる軋轢を終え、対比することとは、自らに枷を嵌め、狭い世界でしか、正解を見出せずに、モラルがなんだと放つ間に生まれる差異や、そこに生まれる背反や、はびこる悪意などに従属するだけの不謹慎な夜の波動が快楽を促し、死する間に失速していく時間とのたわむれや、誘う隙間に優位さを求める等差とは、そこでの差額を埋めるための闘争を続ける限りに幸福を求めるばかりで楽しむことを忘れるのであり、何かを買おうと必死に追い求める間を楽しまずに、そこに現れる回答だけに揺らぐような聖地に偽装された真理を元手に、何かを破壊するための口実をつくり、今をまさぐる真理が偶像を生み出し、偶然を装い、君を捕らえるだけに至るであろうし、ここで浪費するだけの観念がタオイズムを持たずに、戦いに明け暮れるほどに、魯鈍なものへと変化していくことが進化なのだ、と促すような幼稚な主義に理想はなく、自らの思想に食い尽くされ、空腹が続き、自らを癒やすための闘争へと陥り、理想を追い求めるほどに、何かを認めることを忘れ、否定することだけが、自分への釈明に変わり、そこに続く言い分けがましいプロセスをプログラミングされ、プロパガンダを自らに促し、脳内で再生されるものだけが、真実を語るのではなく、騙すのであり、そこで貶されていく精神は、蔑むほどに明晰な判断を行えずに、濁った意識は、今に敷居を作り出し、何かを受け入れぬことだけが、自らの価値のように思えるような色魔として生きることでしか自らの快楽を癒やせずに、最たる意味も見出せずに、何かを批判し続けることだけが、生きがいなのだ、と促すような寂れた意識に捧げるべき理想などはなく、理想などは希望に至らずに、何かを羨み嫉妬心に悶え、寂寞に耐えかねずに、自らを忙しく働かせ、自らを騒がしいものに投下し、加算される意味に追い込みながら、自らが苦しむことでしか自らを感じられずに、そこであらがうことを知らぬから、孤独であることを恐れ、今に襲いかかる苦しみに押し込まれ、自らを抑圧し続ける限りに陰る本質や、悪魔的な世界に配信される苦しみを利己的に遡及させ、窮乏し続ける限りに生まれる救済を求めるような弱気や、そこに生まれる同情の精神などが配信するものに背徳を促すべく、与えられた義務などは、今に苦しみを与えるための義務であり、そこに現れる意味などは、君を排斥するための意味であり、そこで苦しむことだけをプログラミングされたような生き方に競う価値が生まれ、そこで身もだえし続けるだけでは何も知り得ずに、そこから抜け出すこともできぬし、そこで求め続けるだけの貪婪な人生などに姿勢すらもないから、そこで膠着するだけに至り、自らを疎外するような結果に至り、誤ったマルクシズムを抱え夢想することでしか自らを癒やせぬような者が生み出す想定などは、創造性を欠いたものであるし、想像し続ける限りに物事は真実へと変化し、変換される意味などは、完治しない苦悩を癒やすためのツールにもならずに、そこでルールを作り上げ、理想を供給するフリをして、何かを搾取するような悪趣味な観念が生み出すパラダイムを破壊し、リリカルなままに歌い上げるような創造性だけが映じるものを素敵に昇華させ、写実的に語るものだけが、カタルシスへと誘い、今を解体し、互いをとがめるような理想こそを捨て去る。

群像の先で幼気なもの

 
 書いた瞬間に私の存在は曖昧になり、すぐさま私の存在などを定義するものは無くなり、存在自体は消えて無くなる。何かを行動した後にも、何かを残す理由すら無く、今が不潔に交わり、一切の意味を喪失する。何かを欲するとたんに意欲は消え去り、そこに残るのは、抑圧され、欲しがるほどにもがくだけの意欲が自らと乖離し、欲しがる理由すら見失い、今に苦しむだけに至る困窮などは、自らが生み出すだけの機会に過ぎない。そこに満たそうとする意識が存在する限り、欲望に手懐けられ、自らを喪失する。金=鬱屈という答えの中で垂涎する過程が、卑劣なものを生み出し、生きる、というまやかしの中で、自らを循環させ、暗鬱としたものを生産し続ける。恋の予感だけが、生命を高揚させ、関与する意味の密度が膨張し、そこに善悪を用い、意思に枷をはめる以前に、結ばれる確かさだけを強調し、確かな愛だけを押し広げていく。妨げるものを持たぬ愛は、物事の確かさを感じるよりも、自らの正しさだけを認識していく。死を匂わせるデザインと、生を検閲する意思が合わさり、ただ反するだけでは終えずに、明確な目標を用い、正しいものを謳わずに、自らに帰す。すべてを止揚したところで、すべては、まぼろしに終わる。ただ生まれる第三の位置により、計画は頓挫し、短絡的な破壊へと至る。革命とは、そのような危うさに気付かずに、自らを滅ぼすためのホロコーストなどを引き起こし、逆らう者すべてを、処刑に至らせる。啓発するものなどは、啓蒙には至らず、自分の利益だけを考え、自らを高めたふりをする。理屈をこねるだけを続け、自らを熱病に至らせ、酩酊し、強制的に高揚させられ、欲しがる快楽だけに動かされる人間ばかりを生産する。法とは、何かの暴走を止め、自由を守るためのツールであり、ルールでは無い。あるのは、純粋な理性であり、何かに制限を与え、自由を奪うための権利を用い、何かを抑圧し、抑止するためのツールでない。群像の先で澱んだものを浄化させるべく、続ける呪詛などは、短絡的な支配からの脱兎をもくろむような正攻法のツールには至らず、その場で至らぬものを消費し続けることだけが、確かな答えへと導くのである、などと促すだけの自らの閉塞感を癒やすだけの空疎な金言を放つだけに終わり、自らに溜まり込む汚穢や、そこで泥酔するだけに至るような出来合のもので世界に枷を嵌め、その場で生まれるものを膠着させ、同化させるだけに至らせるような言葉に入り込む偽の感情や、偽の表情などが、表現を奪い、理解を滞らせ、ここに膠着し、硬化していくことだけが、唯一の正解に導くのだ、という欺瞞にさえぎられ、些細なものからあふれる憎悪が、路頭に迷わせ、毎日に雑音を与え、何も聞こえなくするのが目的であるようなプロパガンダが意味に欠如を与え、物事の確かさを測る尺度を用いるほどに、物事に距離を与え、離れ過ぎたり、近づき過ぎたりして、確かなものも見出せずに、今に悶絶していき、指定される義務だけが、物事を理解することだ、などと促すような言葉こそ、まやかしである。ここに居座るものが攻め入り、リズムを乱すだけに至るような統合を目指し、堕落した観念を関係性に突きつけ、あらゆる論理で疎外させるだけに至らせるような制限を生み、雇用されるほどに未熟な身体は、魯鈍なものへと変化し、投影されるものに押しつけられる痛みや、退廃的なものや異物感などを抱え、寂寞に浪費されるだけの軽薄な意味を遂行するほどに、観点は喪失され、査定されるだけに意思が先々で奪われるだけに浸るだけに至るような現在にいたわれることや報われることばかりを求めるほどに、しあわせとは、名ばかりのものに変わるし、言葉や名に示され、閉め出されるだけに至るような怠惰なものが寂寥感を吐き出し、破壊的なものに妨げられるだけに至るような現在に間隔を生み出し、空白からはみ出してく自己が、利己的なものを備え、遭難するだけに至るような現在に利用されるだけに浸るような意味から、ちぐはぐなものを吐き出し、受理していく哀れみが、自らを矯正し、意思も損なわれ、操作されるだけに至る。滑落する思いは、追憶を這い、攻め入る理由に固執するだけの論理的な遭難から、衝動性を蓄え、宇宙的な強要や、宇宙の中で亡骸と化すまで閉塞感に至り、自らを倒錯させるだけに至るような値を生み出すだけの退廃的な価値になすり付けられる痛みが攻め入り、制限を生むほどに反撥していく精神は、行き違いを生み、出会いや別れの中で喪失感ばかりを蓄え、孤独に利用されるだけに至るような現在に顕示欲ばかりが目立ち、満ち足りない思いを創出していくことだけが、真実なのだ、と現在にひしめく理由は、今を閉め出し、意味もない闘争へと浸るだけに攻撃的なものを持ち出し、譲与されるものだけが満足感を生み、簡易なものに何かを変換していくだけに体系的なものに備わる価値に寄りかかり、自らの意志を損ない、孤立していく感性は、安易なものを神として崇め、設立される意味を復元していくほどに、そこに生み出される意思を奪うだけに至るような定理にもとづくエゴや、行為にひしめく罪悪感などは、安易な性悪説を騙り、調教されるだけに意思は、何かに従うことにより、虐げられることを目的に快楽を重用し、逸する先に報酬が生まれることだけに欲望の速度は増し、今に攻め入る理由が、理屈を飲み込み、自らが生み出す理由を踏み台にしては、妨げられる精神は、今に膠着し、自らが産み出すべき理由も、疎外させられるだけに至らせるような軽薄な定理にもとづくものよりも、自らが生み出す理由により、自らを偏らせるだけに至るようなものが、自らを孤立させ、孤独感などを強調し、ルサンチマンなどに変化し、偏執し続ける先に生み出される悲劇を誇張しては、何かを妨げるだけに至らせるような倒錯や、等位を生み出し、そこかしこにエゴを生み出し、吐き散らされる怒号に包まれ、慎ましやかなものすら破棄され、快活な動機も損なわれ、残るものは、今に惜別するものや、シーンに断続する残像のような愛の残り香や、残り滓を集めるような毎日の労働に高揚感すらなくなり、恒常的に感覚を喪失するだけの悲しみが敷衍し、混同していく意識的な敷居や、四季に織り込まれる意識的な関与や、途端に快癒していくような感覚に陥り、あたかも正しいものを、正しいもののように崇める先に生み出される罪により、自らを毒するだけに終えるような徒労から、途端に陥る苦しみに利用されるだけの不安感を往復させ、幸福などを謳うころには、自らの幸福などは、その場に何も残さずに、ただ心残りを用い、今を恨むだけに終える。

葛藤


 私は私だけを信じているし、逸脱し続ける先に生み出される最たる意味だけが、今を緻密なものに変えるのだ、と妥当なものを引き出す安易な偏りから、自らとは閉め出され、今に孤立するだけに『終える』などと簡単に処理しては、終わりを謳うだけの閉塞感から産出され続けるのが『偏り』であるし、そこに対価を用い、役柄を与え、相互依存的に転嫁していく痛みが互いの恐怖をまさぐり、新たな快楽に関与し、強調される痛みだけが、生きていることを実感させるのだ、と惰性なものが生み出す意識的なまやかしに麻痺していくだけの意思的な脆弱さに境目を生み出し、浸る痛みに適任していくものだけを正確なものである、と宣言するような幼稚な企みから、貸与する感情に同行するだけのセンチメンタルなものにもとづくエゴが行為に巻き付き、意味を不自由なものに変えるほどに、自らの偏執は加速し、何かを恨むことや、批判することだけが、世界を正解に変えるのだ、という意識こそが、すべてを破壊し、何かを正そうとするほどに、何かを汚すだけに至り、自らが正しいのだ、と信じている先に生まれるあいまいな位置から、引き取る意味が今に膠着を生み、すがるだけの意思は、今に希望を損ない、喪失感に酔いしれ、自らから逸脱できずに、位置的な苦しみに相互互換され続けるものだけが、正解を生み出すのだ、と促すほどに、自らとの間隔は生まれ、戻れぬような距離にまで広がり続け、乖離していく自己に境目を生み出し、差異などを当てこするだけに至らせるような、自らに別れを告げ、新たな自己を生み出し、過去から引きずり、強要されるものから離れるほどに、誰かが謳うような自由などに左右されず、誰にも作用されぬことこそが、自由であるのだ、という安易な観念すらも飛び越え、何かにすがり、楽しむのも自由であるし、何かを利用し、とがめてまでも楽しむことも自由であるのだ、と資本主義的なまやかしを生み出し、衆愚へと誘うだけの論理的な虚偽を生み出し続ける観念を軽蔑したとて、自らが生み出したやましいものを疎外させられずに、ただ幼稚に搾取されるような界隈から奪われるだけの観念云云と叫んだところで、今に浸るだけの意味に偏るだけの独善的なものや、偽善的なものが集約させる約束からは、逃れられない。

芸術性をかき乱す焦燥感


 静謐な予言を繰り返す鳥たちが描く時代的な憂鬱に偏執していくだけの抵抗を描く退嬰的な者として、何かの名残を安易に引き継ぐだけの幼い心に変化を求めるだけに怠惰な大人として偏執するだけの影を背負い、欺瞞を促し、偏向し続ける限りにたぎるものが、すべてを破壊し尽くす限りに生み出される時代的な閉塞感などに帰巣していくファシズムの影や、変容を遂げる限りに自らの影を背負い、利己的なものを挿入し、根源を燃やし尽くすような父権的なものが、権力を用い、安易な支配へと至り、欲望を引き継ぎ、自らの快楽のためにためらわずに支配を加速させ、何かに枷を嵌め、世界をいじることのよろこびへと歪み、何かを自覚する以前に芝居を続け、自らを追い込み、カタルシスにも至れず、迫る痛みに改ざんされ続けるだけの他者を介した快楽を受注し続ける生産者として一生を苦しみで覆うだけの過程から、抵抗を加えるべく、ベクトルは、母なる愛を背負い、巨大な欺瞞を取り払うべく、嘘の涙を使うのだ、と妥当な位置から引き取る同情や、うそぶく人間が用いた神を引き継ぎ、続々と迫る憎悪と友達になりながら、担うものを履き違える辺りから憎しみは加速し、仮想する苦しみを多目的に連動させ、現前に迫る傲岸不遜な精神が不規則に迫り、狭い価値に押し込まれるだけに抑圧される精神は、敬神に至り、機械的なものへと陥り、問いの中で高次なものを求めるほどに、止めどなくあふれるものが、問題に軋轢を与え、たゆたう私情が永遠性に悶え、暗鬱としたものを自らの奥底で溜め込み、互いをとがめるだけに至るようなものを補完し続け、伝わるものを綴る限りに絶え間ない痛みがセンチメンタリズムを継続させ、後続する意識は、構造的なものに支配され、制圧されるだけの精神は、怠惰なものを加工しながら、断続する痛みの卑劣な拘束から、恒常的な苦しみにさえぎられるだけの幼稚なギミックから、偽装されるだけの精神は、不安定なままであるし、やがて滑落するだけの自らの幼稚な理想に供給されるだけの苦しみだけに回帰するのだ、と陥る先に現れる恐怖から逃れるべく精神分析や哲学は高尚なものを用い、利己的な自己を疎外させるためだけにデータを生み出すのであるし、理解を得るよりも、ここに開示されるものに反する限りに、人間をも超えて、自らに示され、閉め出されるだけに至るようなデータに反し、関する間に生まれる愛が退廃的なものを用い、自らを裏切るだけに至るような惰性な倒錯から、対価を求めるだけに、用いられる理由に理屈を捏ね、自らを正義のように仕立て上げるだけに惰性なものを拍動させ、迫害され続ける先々で得るべき理想も、競争に巻き込まれ、自らを萎縮させるだけに至るだけだし、惰性な制圧から繰り広げられる不安の音が反響し、病を加速させるような変則的なジャズが脳内を徘徊し、破壊される原理にもとづく遠因から引き取るだけの破壊的な理想に協調する事だけが、世界を正解に持ち込むのだ、と妥当な意味を吐き出すだけの世界的な憂鬱から、悠遠にとろける気丈な意識も、統合されるほどに魯鈍な世界に巻き込まれ、自らをとどめるだけに至り、ドメスティックなものと一体化し、感覚を麻痺させるような善悪から、徒労をかさねるほどに、統合される悲しみを敷衍させるセレナーデが愛する者に伝わる前に挫折するのが資本主義的なものであるのだ、と闘争へと巻き込むような幼稚な革命は、意識に邪悪なものを持たせ、攻撃性をいじるよろこびだけに敷衍していく行動から、アニミズムを加速させ、自堕落な自己に存在理由や、利用されるだけの価値や、代価を生み出す限りに、自らとは価値が備わった者だ、などと促すだけの資本主義的な優劣から、優越感を引き出すだけの衆愚の一員として、因果をさまよい、欠落していく意識の区域に食い込む限りに陰る本質は、苦みを帯び、理想は供給されるほどに罪の意識を背負わせ、その場に止まらせ、落胆するだけに至らせるような倒錯から、錯雑とした観念は、関係に制度を生み、その場で屈従させることだけを目的に、互いを恨むべきだ、と惰性な支配から、達観すべく、すべては、衝動だけを用い、欲そのものに支配される以前に、欲のためだけに動くのであるし、そこに生まれる理屈などは、幼稚なものを重ね、破壊するためだけに制度を用い、物事を膠着させるだけに戦争は生まれるわけであるし、ここで要約すべき事実もすぐさま消え去るわけであるし、、惑溺するだけに終えるような人生の短さに水増しされるような理由を補填し続けるだけの生きた値などは、今に化石に変わるし、やがて、制圧され、制約を持たされ、何かを儀式的に昇華させることだけが、唯一の救いを与えるのだ、と妥当な芝居を続ける限りに陰る精神に肉迫するものが、虐げられても尚、自らの理想のためだけにためらわずに闘うことの美しさに勝るものはなく、そこに現れる闘争心が憎悪を掲げても尚、そこに迫る美しさのために徒労を重ね、何かを捨てるという意識を掲げる以前に、ここに確約されるものに反してでも、立ち向かう純粋な『意思』だけが、唯一正しさも掲げずに、自らの意志だけを従え、大義を用い、理想に供給され続ける情熱だけで、情念を加速させ、今に立ち向かう美しさだけに敷衍していくよろこびだけを加速させることに枷を嵌めるだけの自己すらも超越するような者であるべく、何かを並べずに立ち向かうことだけの美しさだけを藝術と呼ぶ。

ひるがえす者


 退屈な日々をくぐり抜け、名前もない路地にぶつかり、衝動的なニュアンスが近付き、鈍間な感情を昇華させ、時折にひずむ優美な瞬間にくたびれた君の私情に司る痛みなどをまさぐり、偶像崇拝を続けるだけの図々しいエンジェルどもがひしめく老化するだけの体系的な身体を引きずり、退嬰的な魔物へと変化するだけの老後を引きずり、胎盤をかきむしる娘たちの症例を観測し、還元される有毒な日々にむしばまれるだけのヒロインどもの憂鬱の空疎さに、均等な意味などは、満ち足りないものが用いる価値を率いて、その価値だけに偏るような者の屁理屈である、と宣言する私は、いまだに正義がなんたるかを知らずに、透き通った毎日に一体感すら求めず、同化するだけの景色などは、形式上のものを掲げ、形而上的な判断でしか捉えられぬ観念的な倒錯であるし、やがて成立する物事も、現象の中で偏執するだけだし、出し抜けるほどに、代価を求めるだけの輩が婚姻などを謳うだけの前衛的なトタン屋根に登る猫たちの優劣に貧寒なものすらなくなるようなタイミングを用い、戻るも地獄と自堕落な観点を引きずり、無知な意味を引き取るだけの精悍さを奪い合うだけの青春から抜け出し、ニヒリズムに浸るだけの若気の至りや、ダリが描く本質を無視した超越的で哲学的な憂愁に悶える官能的な奉納の儀式ばかりが目につくから、邪推するほどに、ゾディアックはねじ曲げられ、天を眺めるほどに迷うのであり、殺伐とした世を形成するだけの論理的や、ロンリネスや、喪失感を重ね、加減も分からずに殴るような衝動から、継承されるものなどは、ろくなものではなく、物事の本質すら知らずに、何かを押しつけ抑圧へと至らせるような問いに対する答えを値にし、導く答えから引き取る宇宙的な言語よりも、原子にまでなびく裏切りの刹那にとどろく苦悩から能動的に機能するような主観に用いられる十全とした答え以外は、答えとは呼べずに、そこかしこにしばるだけに至るような値などは、資本主義的な立体感を授け、預かる領地の中で昇華できずに、同化するだけの道理から離別し、深層心理を壊しては、妨げられるだけの日々に微熱を捧げ、あいまいな毎日に迫るセンチメンタルな洪水から、行為に至るほどに、間違いを続けるだけの幼稚なブラックホールに細胞すらもバラバラにされ、理論上をさまよい、人間が生み出したベクトルを踏み台にし、圧縮される精神が嗄声を促し、観点を疎外させるようなジレンマから、差別的な行為にもとづく正攻法の行為にもとづくことこそが、エゴであるのだ、と惰性な位置から求められる答えとは、個体して対象を傍観することでしか、本質を捉えることもできずに、持ち上げられることを真実として捉え、途絶えぬように願うだけの人間にもとづく禊ぎから、観念的な軋轢を続け、伝わる意思に反撥し合う意識的な敵意から逃れるべく、君は想像と真理の間で多目的に誰かを責め上げるほどに増していく快楽を感じ、サディズムが加速し、下から君の素質や性質としてのサイコパスを発動させ、リンクする精神的な境域に狂気が生まれ、加速するサディズムと共に弔われぬ精神に手向けるべき憎悪の花や、はびこる悪意に捻転して行く卑屈な精神が敬神にもとづき、自らを神として崇める先に現れる偶像たる自己との対立を深めるほどに、狂気は加速し、自らを眺めるだけの傍観者として、離人症に陥り、応じるだけの答えに貧するだけの影をまとい、用いられる形に拉致され、恒久的に牢獄に入れられ監視されることによろこびを感じるまで数億年を数え、悲観するほどに食い込む時間から逃れられずに、不安ばかりを募らせ、恐怖に扇動され、用いられる苦しみにより、倫理観を奪われ、安易な答えに引きずられ、悲観するだけに至るような怒りを募らせ、秩序の中ではびこる位から引きずるだけの価値などにもとづくものだけが、世界の中での英知として崇められ、毎日の名残に響く無知な答えを引き取るだけの卑屈なものとして育つよりも、無知なままで笑い飛ばすような快速な者であるべく、用いられる抑圧になびかず、自らの価値だけが、世界を正解に導くのであり、自らの世界だけが、正解であるのだから、そこで羽交い締めにするのは、自分であるし、白白しく生み出される答えなどにもとづく世界などは、世界として名付けられただけのものであるし、ここに用いられる答えなどは、なあなあなものになり、担う意味に悲観するだけに至らせられ、支配されることこそが安心感に成り得るのだ、と妥当な判断から、たっとぶことすらできずに、自堕落に生活するほどに、魯鈍な者に陥るのだ、という罪の意識を引きずらせるだけの観念などは、与えられたものに過ぎず、そこに現れる空間に不快感を用いるだけの裏切りを続けるだけに満たないような汚い答えに対価を求め、引き出す値から支払われる義務のようなものに追われ、自らを狭い価値に閉じ込めるニヒリストどもが懺悔する街に汚穢ばかりが溜まり込み、立場を謳い、用いられる原理のモジュールとして備わるだけの体系的な家庭や、継続するほどに魯鈍なものへと変わり、快活な動機すら見出せずに、満ち足りないから、と何かを牛耳るか、裏切るかの二分化でしか物事を捉えられずに、途端に現れる閉塞感に耐えかねずに、だいたいのものとは、ここで支配されることだけを待ちわび、何かに逆らわないように恐怖感を植え付け、奪われるだけの心理が、仁徳などを促し、人為的なミスを繰り返し、人工的な痛みを重ね、意外性を用い、モチーフとされる苦しみに軋轢を重ね、快活な者すら居なくなり、いたわることすら忘れ去り、些細な痛みに起源を移し、互いをとがめるだけに至るような理想の中で理性すら損ない、整列するほどに、「その整列を乱すことに怯える」だけに至るような体系的な基礎や、空疎なものが未明の夜を制圧し、生活感などを用い、牽引される権利へと競合していくほどに、物事の密度は、強要されるものだけに物語るものだけで意味を屠り、現時点に備わる憎悪を増幅させ、何かを支配することで現れるよろこびだけを、よろこびだ、と促す妥当さの危うさだけが、衝動に変わり、利己的に物事を従え、虐げていく。

理解をも超えるもの


 日中に羽化する起源が、どこに帰るのだろう?と野晒しの記憶を妨げるような量子的な観念が軽減されない痛みを独白し、完全性を求めるほどに魯鈍なものに成り代わるだけの現在に生まれる間隔や、阻まれるほどに燃えるのが愛なのだろう、と浪費するだけの観念が関係性に制度を生み出し、今に付着する苦悩や、納期される瞬間に気配は、習慣的なものや、希望的観測で着脹れし、均等な意味や、位置的な幻や、連動し、想起し続ける先に生まれるモラルなどが慟哭へと誘い、固執するほどに老化するのが、人間である、と宣言するような幼稚なギミックを乗り越えられずに、それが真理である、と悟ったような気分で居ることこそが愚かなものであるし、やがて滑落し、自らの理想などは、今に繰り上げられる苦しみと同化し、幼稚なものへと統合され、流動するほどに意思とはまやかしに変わり、緩和せずに、関する間に空虚さを流布し、一大勢力などに変わり、権力に牽引されるのが、人間の悲しみではあるが、そこに用いられる力に反せぬのが摂理ではあるのだ、と妥当な位置から引き出す意味を用い、モチーフとされる者を演じるだけの者に嫌気がさすし、清潔なものすら無く、魯鈍な者どもが引き連れる意味合いに悲観するだけの感傷的なまほろばに住まう哲学者に牽引され、領土を奪うだけに追われる位置的な苦しみが悲観し続ける間に生まれる溝ばかりが深まり、誰かを批判することでしかデリカシーを保てずに、自らの均衡すら保てずに、用いられる悲しみを利用するようなデカダン的な賞与を与えるボードレールの憂鬱極まるガイダンスが散漫な意識を懐疑的なもので染め上げ、おののくほどに苦悩を増していき、自らの域から出られずに、引きこもる先に生まれる苦しみが空虚さを媒介し、起因となる不安に奪われるだけのムンク的な不安を暗示し続ける限りに不安とはぬぐえずに、その場で仮死化し、貸し借りされながら、絵画の中で生きていき、世界とは、模写され、同じような貪婪さをまとい、自らを絵の中での一部の幻想や記号に変え、同じような色の中で流動しては、動機を奪われるだけの至り、貧する間に高揚するようなヘルダーリン的な詩の世界の中で、賭博を繰り返すようなさんざめく衝動が、タナトスと和解し、分離する意識との統合を目指すちぐはぐな意識は、詩世界の中で背反を繰り返し、利己的な主従関係を生み出すだけの力関係に計測される量子学的な展開から、爆砕される意思が宇宙空間を漂い、死しても尚、星との統合を辞めずに、宇宙との調和を目指し、死した後の物質が宇宙自体と交わり、同化することだけを目指すような同一化から、画期的な意思を手にし、憎しみを屠り、惜別に震える君の攪拌から、戸惑いは消え去り、些細な痛みを媒介するほどに、徘徊する意識は、痛みを体感し、背反し続けるほどに、カタトニーをほぐし、牽引する意味は、意思を飛び越え、今に現れる苦しみなどは、妥当なものを引き出し、そこに模倣されるものだけを生み出し、今に誇張される意味を物語の中で引きずり、多感な少女が描く病へと引き取られる意思は、卑近なものに引きずられずに、徒に消費されるだけに現れる差異に反照するものが、やがてぬくもりを授け、些細な痛みと同化し、マインドを奪うだけに至らせるような闘争から、淘汰されるだけに至る痛みから、いたわることすら忘れ、今に弊害を生み出すだけに吐瀉するものをかぶり、介する間に灰燼に帰するだけの身体のまやかしや、やかましく迫る過信や、懐疑的な日常に動作するものを傍観するほどに、関する災いは、地峡を引き裂き、引き合いに出されるまやかしを信じ込むだけの信仰から、言い伝えられたものを信じる純粋さの危うさに築かれた幻から、浪費されるだけの成否に遮断される精神を整合するだけに、領地を与えられ、その場だけが、自らの位置である、と宣言することから戦争の強度は増し、虚偽を生み出し、キュビズム的な誇張された部位を用い、誇張された部分に意識が行くように洗脳するようなプロパガンダが横行し、応じる答えに専横される意識は、用いられる答えだけを真実として捉え、そこに現れる弊害から、害する意識は、露骨な支配にすら気付かずに、与えられる影響を受け取るほどに、意識は籠城していき、何も受け入れずに、自らの判断だけが硬質なものを生み出し、何も受け入れないことから、自らとは確かなものを生み出し、今に散漫に現れる偏向するだけの意識的な汚穢を吐き出す限りに陰らぬ精神は、戸惑いをかき消し、今に生まれる不満や、瀰漫する苦悩に不満足を伝える限りに反映していく影を自らの区域に背負わせ、罪の意識を与えるだけの法に緩慢に作用するだけの痛みから緩和できずに、今に注がれる苦悩などは、誰かが促す価値が正しいものだ、と専横するほどに、価値とは、価値を損ない、「そこに値するものだけに固執するような答えを利用し」あらゆる根源を奪うだけに至るような倒錯を自分に生み出し、今に作用する苦悩だけで反復していくような答えにこそ反撥すべきであるし、すべては、今に欺瞞を用い、澱むだけに至るような管轄を生み出し、そこだけで権限が作用し、利用する者だけが、正解を扱えるのだ、と官僚的な偶像を生み出し、意味を踏み台にし、確かなものに枷を嵌め、世界を牛耳ることだけに専念するような力だけが、正義として捉えられ、途端に生み出される善悪に利用されるだけの人間を徘徊させ、傀儡へと変え、今に感覚を奪われ、麻痺したままにゾンビ化した者たちの暴力的な闘争に巻き込まれていく。