昇華

時間を超える意志的な憐れや戯れ

整合性

聖人など、どこにも見当たらないから、人間は、自らの外に神を作り出し、自らの罪などを昇華させるために、独善的な法を生み出し、自らの罪をごまかすために、誰かを裁き続ける。馬鹿のせいで滅びるとか叫ぶ私や君も馬鹿であるし、馬鹿だから、と貶めたりしている暇もないし、多目的な情報をあてもなくかいつばみ、あらがうこともしないで受け入れる情報を吐瀉することもできずに、ただ掃除機みたいに馬鹿でかい音を出しながら、吸い込む情報の行き先は汚物に変わるか、猥雑なオブジェに変わるか、卑猥なカラクリの一部になるか、片栗粉をかけられ、ヌメヌメの餡に変わるか、小麦粉をまぶされ、軽くフリットにされるか、負担ばかりを与えられ、絶えず追い詰められているぐらいなら、簡単に全部捨てて、翅を伸ばして、ハイエンドなパーソナルコンピュータの海を泳ぎ、量子と会話し、記号とワイワイする間に擦り寄る真実などは、事実を硬直させ、身動きが取られないようにするための仕組みなんかを難しく丁寧に捻出する詐欺まがいの契約書を燃やして、優しい世界を新たに構築するために、すがることなく、世界から突出する。誰もが自分が可愛いから、誰かを否定しては、自らを慰めるような間柄なんかは薄気味悪いし、所詮は誰もが誰かに興味なんかあるわけもなく、ただ分け隔てられるような幼稚な仕組みや、数多の取り組みにより捉え難くなっているような日々のニキビを潰しながら、つたないからこそ懐かしむことなどしないで、答えなどないから、このままくたびれたって、くたばるだけだし、打算的なものなどダサいし、惰性で引き伸ばされた命が裁かれるだけの日々が生み出すためらいなんかが、この世界を薄暗くするとか、君の幸せが生んだ偏りが分断するものが、善と悪や、天国と地獄や貧富の差なんかを謳う間に、私たちの生活なんかは、何かにすがるだけなんだし、誰もが何かにすがるというよりも、同化し、道化として生きるだけだし、どうかしている連中が妨げる歪な君の日々に幸あれとか、簡単に還元されるような綺麗事をも愛せるように。

制限などない

管理ばかりされてヘイトが溜まる身体、身体の中から空虚な革命が始まって、私たちの世界はだるんだるんになり、中弛みに吐き出される悪意で出来たネオン街、保険をかけられた身体は、まるで他者のようだ、と乖離していく彼女の承認欲求が暴走して、森羅万象を引き裂いたことにより、宇宙も終焉に向かうらしいと、それらしい文学的なフロンティアを形成する脳内では、エンドルフィンやドーパミンが大量に分泌され、それはまるで宇宙の終わりのような快楽的なγ線バーストが炸裂し、すべては思い出すら残さずに萎むことの美しさを延々とロードし続けるゲーム機に憑依して、サラダみたいな夕焼けの色合いでお腹いっぱいになってしまった、とカタルシスに至る君の抒情的で、情報に取り憑かれた君の伴侶が、支持する政党が権力的なものを牽引するために正当化した欲望の住まいを破壊し、ノスタルジーに浸る夜の感傷的なレジスタンスたち、均等なものなどは、次なる排除を生むために自己を少しずつ引き伸ばし、少しずつスライスする自傷行為により増していく快楽や悲しみの数だけ、人間の美しさがあり、大切にすることだけが、愛することではないし、愛するが故に壊したり殺したりするんだろうし、君たちの歪んだ意思が宿命にガソリンをかけて燃やし、その風景が、何か荘厳なように思える、と語る君の危険思想も、何が危険なことすら理解もできないのに、物事の良し悪しなどを謳うだけの動機なんかが、気配を奪い、君の存在自体も有意義なものを謳うだけの普遍性なんかが打ち出した衆愚政治なんかにより、さらなる同調圧力と、同意しない者を虐め、排除するだけの退屈な論理の虜になり、労働させるために、労働の美しさを語る公用語や、混沌として、理性を損ない、即席の理由が利用することだけに専念して、捻出される苦しみが加速して、過渡期を迎えて、昔話にばかり花を咲かせているようでは、変革なんて訪れないし、誰かに支配されたくて、支配されることでしか動けない奴ら全員を弾けさせるためにディストーションを効かせて、自らの意思で踊らせるために爆音で意志を垂れ流している。そのような熱く渇いた身体、不自由ではあるが、自由を謳い誰かを騙すなんてうんざりだし、誰かを引き連れて歩くなんて出来ないし、勝手気ままに快適なままに敵を嫌いになったり許したり、あるいは嫌いなままで無関心を気取ったりおどけたりしながら、隘路を引き裂き、毛玉を吐き出し、堕落しても、フラクタルになんかなりなくもないし、前にならえなんてクソ喰らえだし、上下左右なんて関係ないし、誰にも従いたくないから、従わないで生きてきたし、それが間違いであろうがお構いなしに突き進む強靭な身体と意志に感謝したい気分だ。

明るいだけの光り

孤独に殺められる事なく、孤独を突き破るような衝動により、覆い被さる死を乗り越える。ウォンカーウァイの映画みたいな恋、見せ物の彼女たちにも理由があるんだ、と語る君の承認欲求、ドクドク鳴る冬の心臓、伝説の象徴たる家々、お前たちの皮でできた悲しみのカーペット、互換性ばかりを求める機械的で簡易的な結婚に適合するための戦争、あらゆる悲劇のゆりかご、それを迎撃する爆撃機、地球を覆うバグたるウイルス、漠然と遡及されるものにより蓄積する憎悪により老けていく君の骸、継続される命に杭を打って磔にする君たちの残酷な日々をカービンライフルで撃つような刺激的な有用さに悲劇を加速させ、位置に枷を嵌めて、君の不吉で痩せた身体から気配も無くなって、背景と一体化した悲しみが、悠然と記憶を縫い続ける枢要さに酔いしれて、ここで支配され、引き伸ばされていくだけの過ちと、曖昧模糊で無機質な君の一過性でネガティブな憧憬には付き合っていられないし、苛立つままに吸い寄せられる気持ちがきめ細やかになり、意思が意味を次々と塗り替えて、歪な物を吐瀉するだけの再現される間から固執する躊躇いから逃れるために、温もりあるものをありのままに形成しては、近似する事実に吸い寄せられる君が噛み締める意味との乖離が執り行われ、なあなあに日々を蝕むだけの惰性な感染や、芸術的なものが病的な過ちを吐き出す緻密な夜に捕食される忌々しい君の異質さに羽が生えて、得た物を刺激的に加速させ、徒らにはびこる苦しみに通わすドラスティックな陽気さがもたらす動機により、私たちは正義を超え、正解をひけらかさず、すべてをひっくり返し、あるもので満足できないから、出来合いのものを蹴っ飛ばし、自らが生み出すもので喜びを敷衍させる。

もぬけのから

何もかもが馬鹿げているから健気にかなぐり捨て、自由に歌う君の尺度には神すら不必要で、卑屈になる暇もないから、買って気ままに偏りがあっても知らんぷりで、知ったことを、あたかも自分のことのように語る偽物たちの語り口に当たり散らす君すらも、不具合ばかりで、不潔極まりないし、ない物ねだりで、無くしたものを必死に探し回るほどに、見えにくくなり、醜いものばかりを、あたかも大切なもののように謳う連中が、宣伝するものの虜になり、理解したフリをして、不安などを煽るものの虜になり、受け入れた不安により、次々と襲いかかるものに依存し、取り除けない不安がなければ、不安になる、という心理的な矛盾を孕んでは、自己嫌悪に陥り、自分を責めてばかり居る君にあてがわれる憐憫により、信仰心は深まるばかりで、捕まえらたら最後、自分で考えることをやめ、情報にうまく踊らされる。自分勝手に踊りたい私は、情報を上手く利用したフリをするような連中の言葉や文字をシャットダウンしたり、シュレッダーにかけたりしながら、ひらひらと捕まえられぬように裏切り嘘つくようなサイコパスであるから、パッションが続く限りは、健気なふりをして、後ろでは鋭利なに何かを隠し持っているようなふりをしながら、ニコニコした顔をし、裏では、さらににこやかに笑うような狂気的なバグをふくんだ脳内からは、イデオロギーや、安定剤や、曖昧な色素や、流動的な端子や、接続しきれない思い出や、ニューロンに注ぎ込むニュートリノや、能動的に孕む再生理論や、ハレーションや好き過ぎるが故に別れたと語る矛盾したカップルの心理に基づく論文を数千ページ書き上げている最中にアクメに至るまでの距離を数学的に回避させる精神的な構造に寄りかかる絆のようなものが、別れた傷口を癒すまでの虚偽により、歪んだ政治的な意思により破壊される文化的なものが呼び覚ます原始的なバンダリズムにより、有償なものと化した過去を崩壊させるために、何かに基づくものから分たれ、自由に創造するための教育理論を構築し、君がチクチクと縫いつけた文字などが羽化させるエモーショナルなものと永遠に飛び続けるために書くことに価値など要らず、また価値になったところで、その価値は瞬く間にまったく無かったことにされなり、無かったもののように扱われるだけの価値が有ろうが無かろうが、と煩く付き纏う凡庸な価値に幸などなく、なくなく孕んだものが世を彷徨い、明るくさせたり、苦悩を撒き散らしたりしながら、間違ったり曲がったり、正しかったり誤ったりしたりしては、往復するものが永続的に交換されるものに必要も不必要もあるものか、と。

艶美

記憶の奥底で覚醒する饐えたムード、退廃的なジレンマが腐敗臭をまき散らす原理的な最深部、保たれる均等性も理論的な排外主義によりごみくずにされた過程に寄り掛かる君のいる町、端的な理想を述べる窮屈な君たちの親たちが監視するトラップにかかる動物たる私たちの規則に反して、ここでかかずらうほどにエモーショナルになっていくよろこびを敷衍させる。多目的に読み込まれた黙示録により、黒ずんだ世界、場違いなミリタリズムが信仰され、些細なことに屈従する人々の藻屑、原理的で健気な象徴に巣食う独裁的な動物、荘厳に抹消された規約の跡、傀儡にカスタムされた我々のコードを解明するために操作される人混みの中での悲しみの末路、真っ白になった頭の中でかじかむ時間が自覚したものが、主観を汚しては、綻びが生まれ、滅び行く今をむしばむ忌々しい現実、耐え難い今に浮かび上がる痛みも懐かしく、集まる結末から、また生まれ出る始まりの喜びから、のらりくらりと繰り返されるものに手のひら返ししながら、しなびた動機をずぼらに排除する私たちの規約の結び目をほどき、ロジカルにおどけてみせる先々では、厭うばかりの人々が列をなし、市民権などを謳いながら、利権などをむさぼり、無我夢中で食い荒らすおのれの欲に駆逐され、口癖のようにもっと欲しい、と促す先では苛むばかりの自分が短絡的な憐憫なんかをうながして、うやむやにする今に方針なんてないし、みんな保身ばかりだし、無関心だし、無責任だし、出し抜くことばかりを考えて、このやましいだけの日々に卑屈になり、理屈ばかりを並べては、ごまかす今に過信したり、進化できずに、家畜みたいに生きたり、生かされているとか、道具にでもなったような正当化を執り行うような犠牲的で、製品価値的な過ちを注ぎ込んだ教育を打ち砕いて、本質的で原始的な自己に帰り着く。

静謐な質量

地球をぐるぐると回る衛星が耐え難い痛みを吐き出す。チクチクする身体からは御霊が剥き出しになる。触れるとヒリヒリする身体からこぼれる散漫なエネルギーや、エントロピーや、ロジカルな情報や、口うるさい彼らのリピドーが降り注ぐ幼稚な大地が読み込むデータ、短絡的な消費衝動に苦しむ彼女たちの気まぐれ、暇を持て余す喜びを忘れ、吸い取られる時間との軋轢、画面を叩けば叩くほどに寂しくなる指先とあらゆる欠如を排熱する苦しみを繰り返し加速させ、カルトチックなチップを嵌め込まれた足りない頭で散り行く定めや、約束の曖昧さに固執するだけの君たちが費やした時間との乖離、スーパーノヴァにより散り散りになった故郷、あらゆる物質により形成され、同じ物質の故郷を文学的に消費しながら、逍遥する意識は儀式的であり、奇跡的な祈祷を繰り返した私の祖祖父母あたりから乖離した一切の動詞や、起算されるほどに改ざんされる平和だけが取り柄の国での末路が云々とカタルシスに至るために、この平和といういちばんの幸福に気付かずに、物事を批判的に解消する先には、解釈を誤り、自らを介錯するために会釈する匕首、屈従するほどにすがる過ちや、滞るだけの一切が悲観的に干渉して、汚されるだけの動機が感触すらも忘れ、ただ浪費され続ける曖昧さに耐えかねずに、体系化されたものが奪う感覚に取り残され、統合される先では、幼児的なものを消費し、照合されるものに取り残される恐怖に屈服しないために、君の荘厳な強度に触れる。独善的な手法により、主義を律動させる体制的な傲慢さを借用し、解明されるべきものすら、すぐさま忘れてしまう私たちが求めるモラルも、メランコリーなものであるし、そこで依存的に改ざんされるものの虜になるだけである。

弾ける

どんぶりの中を泳ぐ金魚、ふだんは親子丼や牛丼でパンパンになっているどんぶりの中を優雅に泳ぐ彼女か、彼かはわからぬが、健気に泳ぐ姿により充満する幸せホルモンなんかが脳内でバチバチと電気を流して、あれ、これは恋かも的な勘違いを絶えず生んでいったら、戦争なんかもなくなるのでは無いか、と夢物語を巻き込む現実と存在との差異により、この自分という存在は、雲散霧消してしまうのではないか、と震えていた幼少期の自分との乖離により、今という存在は過去を絶えず捨て去り、去り行く自己との対立により、対比されていくだけの我々と社会との結び目なんてものが固結びになったり、解けてしまっていたりと不安定なもんだから、私たちはいつまで経っても不安なままで、いつまでも満足しないで、不平不満をピーピーと促しては、騒がしい鳥のようだね、とカタルシスに至るトラ猫が語る先々では、物質同志の軋轢などが繰り返されたり、あるいは、有利になるために分裂したり同化したりと忙しくうごめく世界の表面で磔にされている神を尻目に、ドラスティックに夢を騙るパンクスみたいに生きたいから、モヒカンにしたりと、やかましく生きた十代から加速し、下腹部が熱くなるような卑猥な恋との別離や、雄大な基礎を無視して、自らが選んだ懶惰な日々に寄りかかり、不文律に締め付けられるのが嫌い過ぎるから、レアなまま君を食べてみたりして、醜い争いが嫌いだから、人間社会から離れ、天空に旅立ち、雲や空と語る日々から地上に降り立ち、折れた翼でも、なんとか翼をバタつかせたら、羽ばたけるものであるし、小さな問題が、いずれかは大きな問題になり、過ちやらを生み出しては、奪い合うだけの忌々しい日々から離脱し、君のもとに降り立ち、もともとある幸せを知らせる。形あるものには終わりはあるものであり、そのあるとされるものすら、どこから何の力が加わって、すべてを動かしているのだろうかすらわからぬままに、この命を終えるのであろうし、位置的なまやかしが迫り、世界性などを狭めるだけの欠如なんかが横柄に君を抑圧したりしながら、狭まるほどに生まれる反発なんかが次々と世界に力を加えて、この世界自体を気ままに動かしながら、すべてを改ざんして、あたかも生きているかのように見せつけるための闘争や、統制なんかによって、私たちの結末に力を与え続ける。