時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

墜落した主体性に飲ます白湯

つかめるもんもあれへんし、あらゆる権限とはすぐさま破棄されるべきやし、躍動しても、どうかしてるんちゃうかってもんばっかで、あらゆる意味とは偏執するよってに、なんかに反応してばかりでは、ここでの根源などに邪魔され、あまたのリズムは反作用的なもんをまきちらし、蓄積される苦悩なんかにうつぶせになる君の刹那に嘆じるもんなんかは、難渋なもんをかかえこんでは、屍肉をむさぼるコンドルが轟々と脳内をかけめぐり、なにかと同化することで、ここでの安心感なんかを安易に求めるから、苦しみなんかは増えるんやでってうながしても尚、求める幸福なんかに邪魔されるだけであるのに、君が求めるものが、ここでの役割なんかを求めるから、堂々とすべきであるのにもかかわらず、いかんせん苦しむことだけを目的に、演じることにより増え続ける渇望の傀儡として、あるいは、意思を売り買いしながら、いじらしい思いなんかに束縛され、即席の自由や、求める理由により、即座に現れる快楽により、増加し続ける孤独を散漫に加速させよるから、空疎な自分を補完するための傀儡として、深慮あるように思わせぶりな感じで、チクチク痛むこころなんかを枯渇させることに専念するから、センセーショナルなもんを否定することが、なんかかっこいい的に批判することだけが、ここでの正義を語るんです的な浸りから、いびつな精神は、偏った思想を用い、モチーフとされるべく、崇拝されるべきなのよ私的な勘違いが感知するもののどれもは、意思の奴隷であるべく、どれも選ばれた権利でもなく、選ぶための権利であり、そこにはためらいばっかで、簡単に処理されるだけの多目的な幻想やらがせめぎ合い、生命の枯渇させるのよ、と騙る君の普遍性などが会得するもんは、どれもなにかの奴隷であるべく、どれも不自然な対応を続けるだけの権限を求めるだけの過ちだけを加速させるんやで。ただ難攻不落であり続ける意志的な永遠性に制度は不必要であるし、あらゆる権限とは、放棄された後にも、法などを持ちこみ、あたかも正しいことのように語られることで、恒久的な苦しみは、法の中での正しさを接続し、説明されるものへと、見えるものを名付けることにより、法を強化させ、硬化させられた物は、そこでとどめられるだけに至ることに専念しよるから、ここでの空虚さなどを加速させ、ニヒリズムなんかに浸りよるから、揺動され、簡単に操作されるんやし、そこで確かな意志を持っているのだ、と自負することで、もっともな価値に引きずられ、卑近なものとして、操作されるだけの意思に堕落し、偏った理想なんかをかかげ、何かを破壊することだけに専念することを、正しいもんのように騙るから、わややし、他愛ないもんを愛さんと、なにが思想やねん、とうるさくつきまとい、売りさばかれる思想こそ、駆逐されるべきやとか、わずらわしい理想ばかりがリロードされ、理念なんかを謳うから、すべては空疎なもんに支配されるんよ。ただながめるべきは上下左右にあらずやし、あらがうんやったら、簡単に操作される自己やで、自己。

記憶


 多党制の夜に濾過され、多動的な私は、硬質な所以をこしらえ、ラストシーンを短冊切りし、散漫な終わりをまとめ上げる。抵抗する先で面影すらもふやけて、短絡的な同期を終え、結末にうなだれ、嗚咽する彼女たちの銀河を超えて、へだてるおのおのが惰性にみちびく退嬰的で獰猛な統合から、途端に正常性すらも消え去り、ぬくもりすらも憎しみに変わり、偏執していく意識がかかえた善悪や、躍動する真理にデリカシーもなく、過信ばかりがせまり、デカダンスをかかえ、倦怠感を演繹していくだけの主観や、主体性が性悪説を生み出し、なじるための瞬間を絶えず同じように循環させ、憎むことにより、あらわれるものとのへだたりすらもなくなり、へばりつく衝動と同化するだけの正常性が正当性を謳うころには、混同する意識との終わりに磔にされるいびつな神から、平衡性をそこない、途端に頓挫する意識は、仕向けられるものにより増幅する思いを過信しながら、しなびた動機を加速させ、倦怠感に摩耗される精神は、陰鬱な衝動で照合されるための暗鬱な思念を加工しながら、島流しにされる感情とは孤独との島との関係性にあらわれる差異から、対立を続けるための道理から、血の色ににじむ空が事務的に引き裂くための観念を受理するほどに齟齬をきたし、あいまいな軋轢から、あてがわれるものだけが、ここでの正しさをもちい、占有されるための意識を儀式的に消費するほどに魯鈍な者に改造され、不純さを謳い、順繰りまさぐる間にロジカルな狂気をかかえ、慢性的な痛みの犯意へと解析されるための精神の軽薄さに耐えきれずに、亡霊としてさまよいながら、揺動される精神は、安易に世界を愛し、あらわるままのものと、ままならぬ衝動との衝突により、よろける精神は、背徳をうながし、敵愾心を燃やす。空疎な自分に祝福をあたえ、退廃的な結末を縁取りながら、不満をうながし、不完全であることをでむかえることもできずに、差別的に調理されるために生まれた家畜として、指定された餌を同じ分だけ、分裂的に食し、敵意をむきだしに、繁栄していくものから逸脱し、同時的にむすばれるだけの愛が保つべき世界などは、対価を求めるための多面性をなぶる戦争を生み出し、あらがうほどに屠殺される番を待ち続けるきみが緻密に縫い付ける世界とは、性質などもそこない、ただ同じような人々の墓地の彼方でアンチテーゼをうながすような死神との対話や、体現されるものなどのほとんどは、幼気でもなければ、純粋でもないからこそ受難を受け入れるべきだ、とビジネスライクな対話から、ほどけぬ思いは、ほどこされる疑念に支えられ、些細な痛みを再確認するための儀式的な過ちへと磔にされるための犠牲を問わずに、対立を続ける自己との調和をめざさずに、酩酊し続ける深夜にねじ曲がる先々が、あらゆる行動をとどめるだけにいたるようなドメスティックな一貫性が与える位置関係や、地殻変動を続け、汚穢を清めるためにあつらえられたこの身体をこなごなにしても尚、ないがしろにされる精神は敬神へと浸り、悲観する暇もなく、ただ拝むほどに自分とは清められるものである、と巡礼を続けるほどに、白痴へと変わるのであるのに、あらゆる方向から押し寄せる咆哮は、方法論を謳い続け、あらがうほどに同じような罪の中で裁かれるために侮蔑を続け、分別にいたらずに、憮然と立ち尽くすきみの記憶の奥底で姑息に這いつくばる以前から離れるだけの衝動を運ぶ同化を終えた人類的な麻酔から、課せられた罪の中で従順であれ、とうながすような祈祷を嗚咽に変えるだけの奴隷化するために崇める神などは、神である以前に醜い人間であり、与えられる苦しみとの同調を求め、そこで同情へといたり、自らを綺麗なものにあつらえるためにあたえられる罪に追従し、徒にむかえる価値の中で寂れた記憶を加速させ、出来合のものを崇めるほどに真実とはあいまいな作用を生み出すだけであるし、あたえられた罪の中で歯がゆさをかかえても、あたえられた領域の中でしか働きも加えられぬような幼稚な策略を終え、定立をうながすほどに、ここで保持されるものなどはどれも退屈なものに変わり、変化しない善悪は、善と悪の対立の中で対比され、そこでの価値を決め込み、軌道修正せずに、ただ与えられたものに反することすら許さぬ、と抑圧されるだけのあいまいな過ちの中での働きを続けるための奴隷を増やし続ける。ぐらつく観念が腐乱しながらも、しなびた身体を浪費し、やがて漏洩するだけの主体を破棄し、完全性を謳うだけの意味などはどれも空疎な面影を背負い込んだギミックを消費するだけの退屈な疑念と偽善に攻め入られ、身動きもとられずに、途端に苦しむことだけを横柄に続けている。

無くした言葉ひろった

生きて考えることに、枯渇もしやん、と隣で眠る乳臭い君の抱擁も、やがては、取引されるだけかいな、と改ざんされるための柔肌に触れ、敷衍する景色に凍てつく思いに屠られ、負担やなんやて、つきまとう法とは、だれのためのもんなんや、と悶絶しては、投影されるもんや、そこかしこで溜め込むもんが、朦朧としよって、余罪やなんやて、君につきまといよる罪の意識なんかは、幻想に過ぎず、ただ罪を意識するほどに、あたかも罪は形あるもんのように、君を責めよるし、現れるもんに似つかわしいやなんやて、同一化するようなプロセスなんて、幼児的な発想から、精神的に依存し、独占することでしか、欲求すらも満ち足りんから、足りんもんを、必死に追いかけることが、愛やなんやて、うつつを抜かしよるような、けったいな輩が跳梁跋扈しよるから、統制されるだけの世界が正義として崇められて、あたかも正しいように、ふんぞり返りよるし、斡旋されるための身体は、権利を謳うほどに、権力に奪われるだけなんやね。

星の故郷

優しいやつを
うばいやがって、
世界とはなんて代物だと、
しどろもどろな思いに
かさなるドロドロした夕焼けや、
不規則にうごめく、
狡猾な雲を呆然とながめ、
シリアスな空間に、
明日は長いようでみじかく、
自覚するほどに滑落し、
フラクタルなようで、
微妙に違くて、
くたびれた花を摘む
君の黄金の目や、
無為に咲く意味が躍動し、
生命とは、
なにかを補完するために、
やかましく悶え、
その生きた証が、
さとす今が、
空腹で腹鳴らし、
はびこる意味が、
バビロンで価値あるものとは、
その意味をかがやかせるために、
なにかを奪うのだと、
なげくほどに、
偏った理想は、
ちぐはぐなものを生み出し、
惰性で育まれるものが、
今を磨耗し、
生きているのかすら
わからぬままに、
すぎさる風景は、
過去から孤立し、
ここがどこかすら、
わからぬままに、
立場をとりながら、
平穏な日々を破壊するために、
なにかを羨望し、
価値あるものを破壊するためだけに、
新しい価値でなにかをぬりかえ、
その新しいなにかが、
わからぬままに、
破壊し尽くされる。

滅びる身体


 性別の終わりも近づき、原始的な苦悩から取り除かれた生命が、純粋な進路をわたり、同化するための一生から逃れ、短絡的な配下にくだるための人権などから放たれ、はびこる悪意を配備するための愛にみちみちたメロドラマに整序されるための心身を忘我に配置し、暗澹と措置される精神に敬神を続け、追憶に馳せる余韻から、簡単に処理されるだけの精神が主体性をも搾取し、散漫な形式に酔い痴れるための陥落することばから、寛容さをそこない、惨憺たる由縁や、空疎な面影に従事する私は聡明な時を採取し、利便性だけを求める制度から離れ、大義を用いるほどに、あらわれる正しさなどは、何かにあらがうこともできずに、出来合のものを信心し、信用を謳うだけの堕落した主体が描く真実のどれもが空疎なものである。あらゆる弊害を生み出すための退嬰的な形骸が補填されるためだけに空虚な身体に引き取るマインドや、機械的で荘厳な空間に課せられる罪の重みや、横暴なものほど加速し、情事に迫る憎悪や、愛を用いる故に迫る裏切りや、齟齬をきたし、禁忌を用い、疑似的な恋に果てるジレンマから、透明な瞬間を閉じるためのトラウマや、うねる空間での証拠が荘厳に入り交じる瞬間に弾けたのが宇宙の始まりであり、二人がまじわる先にあらわれる確かな瞬間だけが永遠性を生み出し、いにしえから運ばれた縁すら引きはがし、羽交い締めにされるほどに瓦解していく意識が苦悩をためこみ、推測だけで進むほどに荒んだものを詠じ、季節にねじ曲がる衝動的な神々しさや、あいまいな襲撃を繰り返す暴力性や、証明されるための存在などは、そこで砕かれるべきであるし、不純なものであるし、ここでの一貫したパレードを続け、衰亡していくだけの生命などが逆算する先々で戒律を生み出し、空虚さを溜め込み、退廃的な論理をたずさえ、さいなまれる記憶に数億の孤独や、ここで鳴り響く鼓動と同化する母なる宇宙の母体とシンクロし、深奥に潜むデルタや、解析不能な自己に聡明なものが織り込まれ、戻るものもなければ、そこで無限であることすら思う価値の中でしか距離も見出せずに、ただ備わるものをあらわれるままに愛するほどに、愛とは単なる距離に変わり、不当なものをあらわすだけの記号や、仰仰しく謳われるものが撒布するものや、そこで察知するものなどは、物事の確かさを足枷に変え、自らの惨めな囚人に変わる。同化するほどにドレスアップされていくような正しさへと補完される普遍的な尺度こそ、いちばんのルサンチマンを生み出す。たゆむだけの自己に混同していく善悪などは、同質なものを見定めることもできずに、そこでの判断の誤りを段々と生み出すだけに至るし、やがて勝敗だけで語られる価値は無機質なものを敷衍させ、不悉なものをかかえ、無神経に調理されるために屠殺された瞬間から主観性とは存在を破棄し、すべてを尾に変え、何かを邪推し、恨むための機能として順応するような精神経路を組み替えるための空疎な自己を形成し、憧憬に馳せるだけの兆候へと酷使される身体が軋む音を自らで聞き込んでは、混濁する意識との対峙を続け、伝わる波動から、同化していくほどに魯鈍な者へと変化していくための善悪が対立を続け、つたない動機から正しさを引き取ろうとするほどに、正しさとは正しくあろうとすることだけに専念し、認識の誤りに気付かずに、自らの過ちを昇華させるために召喚させた美徳をかかげ、何かを攻め入るためのゲリラ活動を続けるようなテロリズムから、仮想するほどに模倣されるものだけを汲み取る幼稚なものまねから、妄想へと至るだけの現実性は、制度の中で欠けた精神に合否をうながしながら、後先で引き裂かれ、過去から流用されたものが現在にひびくほどにカニバリズムを生み出し、派生するバビロンの病から、過ちにより、生み出される焦土や、証拠も残さすに行動を硬化させるための道化として、証明されるものだけを愛でる。ねじ曲がる精神は、何度も同じ場所で折れ曲がり、加算される苦しみを入れ込みながら、何度も同じ位置で同じように折れ曲がりながら、自ら深淵で敷衍していく不安から、加算される苦しみを消費しながら、逍遥し続ける瞬間に算用されるものが残骸に変わり、ここでの虚空を利用しながら、幼児性に加工された真実がずれこみ、混沌としていく意識は域の中でのバカンスを続け、逃避し続ける先での対比を終え、短絡的な衝動を快楽主義的に消耗し、退廃的な笑顔で抵抗を続ける。

栄光

お腹減ったニヒリストどもが、うようよしてるから、合点もいかんと、ただ短絡的で、タダ同然のいのちを云々と、カタルシスにいたるための、讒言なんかが、ためらいを絶えず生みよって、よってたかって、殴打しよる夜に迫る諦観や、なつかしむほどに補填される苦しみにより、生み出される苦しみにより、次々に苦痛を増していき、陰鬱なもんが示すアンチテーゼに締め出され、寄りかかる思いが、煌々とかがやいては、加算される論理により肉薄し、迫害される思いが逆算を続け、翻弄されんと、意思を守るための戦争や、階級制を破棄してな、あらゆる動機が、過激やなくて、健気であるべきやで、と頓挫すること思いを塗り替え、書き換える先々で、新たな所以を想起し、つぎはぎな動機も、やがては、確かな思いに変化し、過激さを超越しては、容易に生み出される打算的な余韻に反して、関する先々で狼狽されるもんなんかを問題にすらしん、と調和を目指すというよりも、疑問を次々に書き換えるんです。栄枯盛衰でんな、と野次を飛ばす空疎なカエルが埋めるための、エメラルド色した空席や、空腹のグーグー鳴る腹の大合唱や、有する価値の家畜として、制限なく永遠に貪る餓鬼どもの陰影や、因縁じみた野良犬が、ジミヘンの亡霊と踊り明かす夜にいてこまされて、混濁する夜に真理すらも潰えるんやから、生きるなんてもんは、価値に騙されてるべきちゃうな、とチャイナシンドロームによって、漏れ出す悪魔のため息や、遊女たちが舞う森羅万象で鳴らされる箴言なんかを撒き散らすニーチェの荘厳な歓喜や、興じる思い出や、面影の端々にたむろする思いとは、制限なく笑い出し、すべてをすぐさまひるがえすべきなんよ。

悲劇の連動性


 空疎な自分を補完するための貧寒な箱の中で保たれる権力などが通過し、偽善的で独善的な独演会から、散漫な儀式へと超過していく意識的な昇華から、そこかしこでエクソダスする瞬間や、窮乏するほどに魯鈍なものへと転化していく先々で対立を続け、値などを求め、とめどなく屠られるだけの人工的な身体が聡明な軋轢を与え、硝煙があがる先々で介する戦争の音や、衝突する余韻や、インタラクティブな終わりへと引き裂かれていく世界は、生命の神々しさを語れば語るほどに、アンチテーゼをかかえ、犠牲的な要因へと引き込まれ、均等な位置から、規制され、制圧されるだけの心身が続ける情交や、光が進む距離に引き込まれていく君との猥雑な対話から、胎動を感じ理性すらもそこなわれ、制される間に映じるものが混じる痛みから、倍増していく恐怖の不当さを引きずるための卑近な改造から、観点を疎外させるほどにたくらみから、そこかしこで枠組を生み出し、磔にされるだけの精神が清貧さを謳う間に貸与するものや、こしらえられるものが暗記を続けるほどに通過していく疑念から、偽装されるための真実は、エンジンを失い、たださまようだけの精神に爛れながら、記憶を憐憫なものと称え、対する間に緩慢に作用する過去から、起動していくものが、ここでの永遠性をふかめていくのだよ、と横溢していくことばが派生し、制される間にこじつけられるものへとおののき、遠ざかる意識は、加点されるものがモニュメントと化するミニマリズムにそまった瞬間に止まるのが、物事の終わりであり、陰惨な主観に循環していく物語や、構築される意味につかまつるものが、ほとんどの退屈を消費し、時代性の陰鬱さを吐き出し、致命傷を与えるのだ、と妥当な位置から引き出されるための痛みをハッキングし、発生していく区域との内戦を続け、回線を混濁させるための些細な専横から、終末論をうながすだけの機械的な老兵たちが徘徊する人工的楽園の結末を詩的に昇華させ、慈愛にみちみちた悪の華の中での儚さを主観性に与える退廃的な備蓄を旺然と対立させる宝物を堪能するビニールでできたボードレールが連動させる愛に満ちた衝動性により、ここで転移していく痛みとの消耗戦を続ける詩的な悲観から、機関を破壊するために、創造性とは現れるのであり、そこでの対立を終えずに、ただ引き合いに出されるものとの対立を続けるためだけに怒りとは現れるのではなく、ただおかしいから、といって一貫性を保つための革命が移行させるのはアクメであり、アリス的に自己を千切りにし、乖離した快楽の中で実験的に自己分析を続けるようなミニマルなファシズムをかかえこんだ意識的な永久を体感するために、夢想する先々で改ざんされるだけの現象を証言も踏みにじり、不眠的に暴虐に染め上げるだけの加点される暴力性を軍国主義的にかかげるような精神での最終戦争から、聡明さなどは、不安によりかき消され、改革を謳うほどに快感とは受理され、さらなる快感を得るために依存的になるのであり、理解できずに、介する間で破壊されるために多面になびく実状などが補填されるほどに、現実と息苦しくなるのであり、君がさまよう幼稚な屠殺場や、乗じる由縁に補正されるだけのドラスティックに一過性の事実を一貫性もなくさまよう亡骸のような過去を愛するだけの傍観者がうながす正解だけでできた世界を愛するべきだ、と応用されるものだけが、横暴に示威する正しさだけが、この世界を作り上げたかのように示したいだけの正しさなどは、そこかしこに強制的なものを生み出し、教養を謳うほどに、矯正されるだけの君は、正しさを謳うためだけに改造をほどこされ、前頭葉を這いずる虫のような権威を牽引させ、散漫な意思に善悪の対立を生み出すこともなければ、与えられた意味の中で戒律を生み出し、介する間に邪推することもなければ、与えられたものをそのままに堪能することが正しいことのように語られ、ここでかかえる懐疑などは、介するほどに感覚も麻痺させられ、さらなる不安を巻き込んでは、強迫的に加えられる働きから、まだ足りない、ともがけばもがくほどに苦しみとは増し、打算的に示されるものから、閉め出されるだけの世界への対比を続けるほどに退嬰的なものをかかえ、体制的なものにこびへつらいながら、自らの不安を解消するために同化する意識は、同調をすることを求め、そこで同等なものを謳い、奴隷と化するために与えられる軋轢から、あいまいに遭遇する意識的な終わりから、延々と引きずるだけの現在に同質なものすらもなくなり、そこで暗くひずむ君の理想も、何かに操作されているだけ、だ。