時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

抵抗を続ける存在


 刹那に巻き込まれるものに混濁していき、のびのびといきいきとしていく瞬間に流れに乗るよりも、反発し続け、まにまに抵抗を加え、形容されるものなどは、そこに形有るものと有する価値に強請られ、自らをそこなう限りに陰る本質に流出していく神経的な疎外感から、角膜に浸透していくイメージや、隔壁を生み出し、精神を疎外感で往復させるだけの幼児退行的な発散から、発信されるものに疎外され続ける精神は、軽薄なものを信心し、自らをそこなうことだけにたぎる症状に固執し、不安に追従されることだけを目的にプログラミングされ続けるものだけに方針を奪われ、交信し続けるほどに、自らを魯鈍なものに変化させ、そこで変換されるものが懸隔を生み出し、継承されるものや、そこで迎合されるものへとおとしいれられ、濫觴するものに緩衝するほどに、関係性とは、制度を含み、そこに軋轢をもたらし、関係性を壊すのであり、そこに備わった愛すら、関係性を破壊するためだけの暴力性を用い、制度が用いる流動的な更新から、理解を得るために自らの保身だけを法則的な加工するだけの絡み合いから、感情的な聡明さを求めるほどに、とめどない苦しみを測るだけの尺度は、しおらしいものを汚すためだけに、とりとめのないもので拘束し、恒常的な倫理観を前衛的なものに植え付け、普遍性が芸術性を壊し、そこかしこに制度を生み出し、はみ出す者をゆるさない、と裁きを下す間に緩慢に作用するだけの理由が理屈を捏ね、寛容さをそこない、浩然たる様相を失い、そこで優越感などを求めるためだけに統計学的な支配から、生成される真実や、証拠を引きちぎるための卑近な者の隆盛から、高尚さを持たずに、安心感を得るための闘争から、そこで操作され、錯綜する自らの現実感をそこなわせるための夢幻の時折にひずむ時間との兼ね合いだけを求める駄犬のように惰性な出力を得て、動物的に寄り添い価値や、過失をよぎらせるだけの裏切りの構造から、ぶしつけに迫る論理こそをこしらえられる前に、漉すべきだ、と改ざんされるだけの過ちは、アイロニカルな逍遥を続け、つたない意識に破壊的な制度を植え付け、衝動的に本質とぶつかる限りにかぎりあるものを、延々と生産し続け、無限性へと移行するための出現を繰り返す回想する数多の自己との乖離から、邪推し懐疑的に浸る現実性を誇示するための制度から旺盛したものなどは、過去を引きずり、延々と卑近な者が示す官僚的な義務化から、改ざんされるほどに、ここで介在する意識は、存在価値ばかりを求め、対価を求め、ねだりねぎる権力者を引き裂くための論理を硬質なものに変換させ続けるようなイメージから、淫蕩なものが出動しては、自らの苦しみを補填するための戦争を綴る意識的な物語に感性は補完されるものに緩衝するための寛容さを取り戻すべく、諸元の愛へと戒律を用いる前の純然とした愛へと硬化していくべきであり、存在とは、そこで恒常的な硬さを取り戻し、のっぺりとした空間を自らの重みで破るような重さを蓄えるべきであり、そこでとどまるための軽薄さが形容する軽さに加工される存在などは、以前の価値を受け取るほどに、そこで請け売りに受け入れるほどに、補填される苦しみの淵源にまじわる始まりから、延々とエンドロールをうながすだけの他者から借りた物語や映画の中でカタルシスを求めるような他者を介した出現から、かもにされるだけに至るような敬神に浸るだけの契約的な者が補正され、整容を強制される間に愛憎は俯瞰を汚し、形骸化する意識は、他者から借りた破壊衝動で商品価値を壊すのだ、と妥当な位置から引き取る悲観的な価値は、カタルシスを求め、懐疑的な日常に配される毒素をかき消すために形成されるものなどは、ここに論難を用い、能動的に抗うことを知らずに、そこで鬱積するものや、退廃的な支配を求め、目的に追従させるための同調から、同情へといざない、何かを見下すことだけが、自らを高める方法論のようにうながすような啓蒙に至らぬような自己啓発的な軽薄さや、そこでうながされる損得が打ち出す金言から、起源をそこなうための行いが、応じるだけの答えに惰性な性差を用い、掲載されるものだけを崇める情報が生み出す常套句から、常用するほどに、依存性が増し、ばらまかれるプロパガンダの優秀な機械とした、優劣を決め込み、誘導されるほどに、自らとは強化されるように思い違いを生み出し、奪われる観念は、今に暴かれ、倍増していく憎悪は、そこでプログラムされたものにしつこくつきまとわれ、慢性的な痛みをかかえては、改善されずに、今に照合されるものや、証拠を生み出すものだけを本質として捉え、そこに現れる満足だけが、自らを満たすのだ、と見くびるほどに、女々しいものを崇め、自らを神格化し、人格否定を続ける他者との最終戦争から、鮮明な価値すら、そこで鮮度を失い、即座に腐るのであり、空間で処理される現実などは、今に返事すらも与えずに、自らを放置し、葬り続けるだけに至り、そこで蝉蛻し続ける限りに潜在的にそなわるものなどのいっさいは邪魔なものであるし、自らをとどめ、そこで補完されるものに互換されるような者に陥るための儀式を終えるよりも、自らに行き着き、そこで昇華し続けるような創造性だけが、制度を打ち砕き、自らに戒律を生み出さずに、自由を求めずに、そこで狂おしくまじわるほどに、はじまりも終わりも同じところで充填されるために待ちわびるような退屈に理屈を捏ね、何かに固執するほどに、はじまりも終わりも、応じるだけの答えに偏りを示す。

自覚


 くぼんだ季節に破壊的なものが迫る。センチメンタルな君の仰仰しい表象に迫る論理的な渇望から、パスワードをうながすだけの愛は、そこで確執を生み出し、無神経な者がそぐうだけの価値に遭遇し、豪壮な思いは、刺激的な遊歩道を滑落し、懐疑的な日常に迫るエモーショナルなものを補完するだけの空疎な身体を刺激的に誤解を与え、改ざんを加え、空虚感を捏造しては、意識的なジレンマにおちいり、あいまいな今をとがめるだけの理想や、理性をそこなうほどに獣へと変貌するような回答から、解析されるだけの計画的な理想は、利己的なものを行為に巻き込み、そこで行われることが独善的に迫り、毒性を用い、正解を踏みにじり、生まれたものに権利を与え、酷薄なものへといざない、今をないがしろにし、何かを恨むことだけに描写は奪われ、過去に補完され続ける恨みだけが、今を加速させ、今に補足される毒々しいものが、今を虐げ、利己的なもので固めていく。進路を黒々としたもので埋めていき、主体性を切り取るだけの空疎な過去の奴隷として、ドレスアップされた感情は、些細な動機に迫る顛末や、体制が生み出す奪い合うための理想から、理性をそこなわせるための磔刑へといそしむべきだ、と陰鬱な焦土を歩く君の誤解から、悔悟を生み出す寂寞へと凍傷をかかえた混濁した意識的な冬へと希望は、硬質なイメージへと途絶えることなく歩き続け、そこで補填される理由は、自由などを謳わずに、奪われるだけの幼稚な仕組みや、一貫した理由に加速していく思いは、懐疑的な日常を取り外すためだけに、ためらわずに与えられたギミックが用いる権利や、旋律を掻き乱しながら、充填されずに、ただ満たされぬからこそ、ここで与えられていくものの空しさを示唆し、そこで親愛なるものを謳うだけの幼稚な愛に帰巣するよりも、家庭的なものにとどめを刺すべく、善意的なモラルがもたつく間に凍てつく感情は、何かをいたわることもできずに、そこで遭遇するものを短絡的にとがめるだけに至らせるような無機質な互換を続けるほどに、つたない意識は、追憶に貧するだけに至り、そこで資するものなどは、徒に今を消費させるための理想を生み出し、今に食い込むものに飲まれる意思は、短絡的な言葉に襲われ、自らの身動きを奪うためだけに、ためらわずに何かを蹴落としながら、形骸化していく意識は、介する間に快感を生み出すために定立するものが、照り返す限りに、介する事柄を往復していく真実は、シンドロームを超えて、物事に肉迫するものや、希薄な者が示す尺度こそが、ここでの資本を牛耳り、理屈を超過し、観点を濾過しては、巧拙な者が示すセオリーや、そこで金言を生み出し、快楽的な互いを交接させるための機能として、今を屠るだけの暗闇から、懐疑的なニヒリストが専横するだけの時代や、そこで征服されることが、自らの罪を買い換え、再現性をそこなった鈍磨な感情は、今に摩擦され、燃やし尽くされる限りに、過去は、そこでの症状に苦しみ、恒久的に拘引され続ける意思は、陰鬱な症状を抱え、蝉蛻できずに、自らの物語のエキストラとして、傍観者として、幼稚な偽装をこころみるための離人的な対立を続けるだけの自己に対する唯一の敵意として、自らを保存するための緩慢な監査を続け、そこで刷新されるためだけに、自らにダメージを与え、認識を得られずに、自らが自らに懸け離れていくことを傍観し耽ることだけが、俯瞰を汚すよろこびに浸り、響かない言葉を内面性に共感させるための強制力を用いるだけの退廃的な言葉を互換し続けるような軋轢を生み出すような仕組みから逃れるべく、能動性を育てるのだ、と惰性にみちびかれる彼らは、自らをそこない、何かと同化することだけが、自分を得るのだ、と存在を確かなものに変えるのだ、と書き換えられた彼女たちの緩慢な感覚に作用するような流動的な保身から、方針すらも持たずに、ただうながされる軽々しい身体を虐げ、従える意識はといえば、何かに左右され、自分を持たずに、同調する機械として、或いは、同情されるための機会を待ち続けるために、同じような場所で、同じような写真の収まり方を求め、同じような感覚で、同じような苦悩を解き放つための少々の善意を用い、悪を利用し、流用されるだけの言葉を往復させ、あたかも自分の感覚のように放つような間柄に供血されるものなどは、自らを改ざんさせるための短絡的な応用を続け、同じような価値に転落させるために測る事をおぼえ、応じる答えだけに結合するために、同じような理不尽さを重ね、悔悟を生み出すために絶えず埋め込まれたものを信心し、そこで信用しているものだけが、今に厚かましいものを授け、預かるほどに、後で大きなものにして返して、と迫るような代償から、憧憬を続けるほどに、自らを屈折させ、自らに織り込まれる苦悩に飲まれ、何かを恨むための記号を生み出す。

軽薄な理想


 窮屈すぎる思いをかかげ、軽々しくもたげる身体が利己的に浮上し、短絡的な同化を求めるだけの依存的な損壊から、果たされるための義務が絶えずからまり、理不尽さを形成しては、妨げられる感情は、浄化を求め、退廃的な道具と化する間に沈積する意思的な悲愁に互いを交錯させ、倒錯する真理は、今にもとづく悲劇や欺瞞をたずさえ、延々と相続し続ける思いにより、今に比重を与え、対するものだけを今に与え、物事に固執するだけに至らせるような意識的な旋回にそぐうものだけを絶えず自らにたずさえ、証拠も残さずに痕跡を与えるほどに、絶えず慢性的な痛みを加工し、ここでの犠牲を生み出すだけに至るのだ、と相対する間に求め合うような愛とは、憎悪だけを加工し、そこで愛するが故に壊すことだけを目的に肥大化する意識は、散漫な者がうながす儀式的なものへと嵌め込まれ、そこで固執するだけに至るような思いは、陰湿なものを重ね、そこで消失するだけに至り、いぶかる先に保身や、方針を巻き込んでは、混濁する意識は、惨憺たるものを生み出し、何かを踏み台にし、憎む原理だけが、今を誇張し、何かを信じるほどに、信じることとは、つらくきびしいものに変わり、何かを憎むことだけが、簡単に作用し、愛するが故に何かを破壊するような純粋さだけが崇められるだけに至る。いびつな愛を補填しては、貧相な欠片を集めるだけのギミックや、値するものだけが、今の価値を極め、そこに現れるものに価値を授けるのだ、と惰性なみちびきにより、自らを憎むことの傀儡に変えるだけの貧相な価値から、そこに与えられる尺度だけが、物事の確かさを強調し、そこで複製されるものだけが、今に緻密なルールを授け、そこで積み上げられるものだけが、罪を超え、自らを服従させるための権威を生み出し、疑うこととは、恐れることであり、憎むべきことなのだ、と植え付けられるだけの基礎などは、規制を生み出し、犠牲を求め、君をねじ伏せるための軽薄な言葉であり、そこで計画されるものに抑圧され、抑止されるほどに、補填される苦しみは、今に補正され、保護され、更正を求めるほどに、正義とは懸け離れ、強制力を用い、行使されるものの権力だけが誇張され、用いられる力により、自らを屈するだけに至らせるような圧力を自らに与え、そこで正しいとされるものに従い、虐げられるだけに至るほどに増していく快楽は、あたかも正しいものを崇めるために捏造された正義を神として崇めるための正義の犠牲となるために生まれたかのように仕向けられることに現れる聡明さに騙され続ける間に補完される犠牲的な生が生きる意味とは、ここで従うことにより、補完される快楽との交信を続け、自らを満たすためだけに信心し、自らを抑圧し、そこで従うためだけに加工された主義を愛するべきだ、と諭すような自らの内部での卑劣な交信から、比率を求め、何かをとがめるための理想とは、理性を奪い、何かを破壊するためにためらわずに自らの正義を加速させ、何かに枷を嵌め、自らの世界以外は認めるな、とうながすような定立に背反すべく、体験される苦しみをリバイバルし、用いられるものへと屈することだけが、今を屈折させずに、純粋なマシーンとして、隷属するほどに加速する精神的な高揚感から、雇用されるほどに慢心を生み出し、無関心を引き出し、緩衝せずに、感触すらも麻痺され、自らの内外で果てるだけの義務が及ぼす撲殺のメロディーや蓄積されるものをひた走る畜生道から、奴隷と化するほどに増していく簡単な快楽の傀儡として、指定されたものを愛するほどに、増していく渇きや、鬱積するほどに関心を麻痺させ、不感症へと至らせるためのギミックと一体化と不実な者を疎外するためのコードから、書き換えられるだけの精神から、生命の危機を補足するための偽装的な何かが手配する母なるものを進行させるほどに、父なるものを恨むための媒体へと固執するほどに、ここでのカオスを生み出すために蓄積する恨み辛みだけが理想を供給するのだ、とルサンチマンしかいない世界を、世界として認識するほどに、認識不足に至る精神は、敬神へと浸り、そこで奪い合うだけの卑屈な精神が理想主義という偶像をかかげ、偶然を愛するほどに、運命論へと引きずられ、引き込まれる意思は、何かに課せられる義務だけに雇用され、高揚感をそこない、即座に生まれる苦悩する精神は、能動性をそこない、そこで動じずにとどまり、憎悪をふくらますほどに補填されずに、補正され続けるだけの精神は、自らの渇きに耐えかねずに、何かを奪うことだけに権利を求め、牽引されるものや、そこで確執を生み出し、白痴へと至らせるための偽装を終え、犠牲を生み出すための踏み台として、そこで組み込まれる理由とは、理不尽さを増すよりも、そこで理不尽と思うことが不信である、とうながし、正しさを奪うことだけに長けるような仕組みなどは、何が正しいのかもわからずに、何かを正しいものとして仕向けることだけが、そこでの正しさを強制し、正しいものとして崇めべきだ、と告げ、そこで屈従する者を信者に変え、そこで信用するものだけが、真実につながるのだ、という惰性な取引から、引き取るものなどは、短絡的なものを価値として崇め、そこで同化する者だけが、正しい道へと至るという誤りから外れるべく、信用するものなどは、死を利用し、何かに軋轢を生み出し、絶えず自らを上へとのぼらせるための犠牲をためらわずに生み出すことだけに長けるような正しさなどは、自らを正当化させるための正当性を謳い、何かを統制し、自らを正しい者のように仕向ける間にアイロニカルに弾ける理性をリセットさせるための発明を生み出す。

悲秋を砕く獣


 義務的なものを追加し、そこに孕んだギミックで一貫性をいざない、ただ、終わらぬ病を浸透させるような過ちを場面に転化させていくだけの答えから逃げ出し、そこで与えられるものなどは、絶えず間違いで屠りながら、雰囲気に徴収されるだけの意識的な汚穢を加工し、犠牲を生み出し、今を踏みにじるだけに至らせるようば欠如から、綻ぶ運命は、何かを滅ぼすためだけにためらわずに体系的なものを生み出し、何かを踏み台にしながら、しなびた生命は、議論を続けるほどに自らの愚かさに気付かずに、軌道修正を行おうと求められるものに懸隔は生まれ、そこで阻めるための限界や、加速していく意識に枷を嵌めるために何かを崇めるようなギャンブル的な展開から、依存的に保守し続けるほどに、一回間を求める捕囚として、淫蕩な印象の陰鬱な証明をほどこすための人間的な哀れを横溢させるためだけに退廃的な呪詛を続け、事実に経過していくあいまいなマインドや、毎日にそぐうだけの価値にカタルシスをうながすほどに奪い合い補足されるだけの価値に証明されるものなどは、今に相対し、対価を求めるだけに意識に後続し、そこで数億の孤独をかかえるだけの欲望の住処へと陥るだけの空疎な支配を執り行い、そこで取りこぼすものが無いように、と強奪する先々で対立を深め、最たる意味をそこない、そこで具現化されるものや、普遍性を求めるほどに、不平不満をうながし、運命的なものに摘発され、適正しないものを檻へと運ぶための生産的な事業から、状況に対し、効率を求めるために自らのもろさを武器に、今を発狂へといざなうような転換から、さいなむ記憶は、刻刻と迫る意識的な時計の音がチクタクと騒ぎ立て、意識的な離床を行えずに混濁へといざなわれ、むくんだ意識は、何かに報われるためだけに生きているのだ、と惰性にみちびかれる依存的な人間は、脳内に介するものが送り込む信号だけをたよりに、独裁的な者に最適なものをうながされ、そこで与えられる影響だけが、英気を与え、自らの意思を生み出すのだ、と惰性にみちびかれ、そこで斡旋されるだけに低劣なものを提携し、そこで軽薄に進行し続けるドメスティックな意識は、何かとの同一化を求め、同情を謳い、同調を求め、何かと同じであることに置かれる権利だけが、今に兼ね合い回答を求めるほどに同じような答えは、同じような権利を孕み、そこでの同一化を求め、用いられるものは、自ら同じような仕組みを用い、何かに阻められる以前に、ここで裏切られもせずに、センチメンタルに頷く過程に腰掛け、現存するものを飛び越え、そこで超越し続ける先々に現れる戒律を破り、絶え間ない偽装を施すだけの空疎なたくらみが示す枠組などを破壊し、はびこる悪意や、早々と消え去り、規制される前に奪われるだけの真実や、そこで偶然と偶像が支配し、芝居を続けるだけに案出するイメージなどが、安易に排出するものへと悶絶し、問答を続けるほどにいぶかる答えは、広義に解釈できずに、同じような答えの中をもがき、安易に乱されるものに欠如していくものに偏りを示し、固く結ばれるものほど、完璧に崩れ去り、誰かがダレた感触を放ち、配備される愛憎から、憎しみだけを抜き取り、そこであらがう愛は、自らを愛するが故に、自らの愛により、自らを破壊するだけにいたらせ、そこでおちいる保身が、神話的なもので今を改ざんし、介在する意識は、加工された品位や、そこで応じるだけの結果にとめどなくあふれ、反響するものが範囲を示し、そこで用いられる欠如にいらだちながら、いたらぬ思いを傷痕に変えるだけの犠牲的な家畜として、価値観に葬られ、そこで屠られるだけの生命は、精神的な契合を求め、何かを愛するが故に、何かを恨むような結合へと移行し、いぶかる先々でまぼろしのように生まれ、今の苦しみを掘り返すだけの規制的な観念が還元するような価値との和解をほどこせずに、些細な季節に援用されるだけの叙情的な景観を犯すために体系的に遭遇する豪壮な価値が求めるカタルシスから、懐疑的な日常に疲憊し、否定的な観念が生み出す惰性な緩衝から昇華しきれずに、主体性を犯すような制度から、生命の危機を謳うだけの愚弄から、老化することを貶すだけの馬鹿者の至福から、祝福もされずに、些細なことで苦しむべきだ、とそこでの是非を問えずに、永久に和解できずに、むしばまれるだけに値から、相対する間に抵抗を生み出すための補則から、法則的なものをこしらえ、絶えず猥雑なものをけしかけるだけの吐出から、投影されるものや、そこで緩慢に支配するだけの邁進や、作成されるだけの日々などは、そこで用いられるもので加工される限りに本質的なものを捉えられずに、途端に応じるだけのものに権利を与え、自らを不自由に変えるための自由を求め、そこで用いられる価値に剥ぎ取られ、吸い取られるだけの意思は、自らの快楽の傀儡として、意味の無いものをまさぐり続ける偶像に浸る。

忌み嫌われるもの


 生きるとは、何かを書き換えるための断続であり、あらゆる論理とは、「そこで滅びるべきである」とうながすようなバンダリズムにひざまずくよりも、何かにもとづくものが続く限りに、私たちは相続した空しさを昇華させ、孤児たちが吐き出す可憐な動機や、刹那にまとまり、元々のものにからまることで展開していく未来などは、今に現れぬ限りは、その場では邪魔なものであるし、現在すらも過ぎ去れば些細なものを引きずるだけであるし、やがて渇望し、勝ち負けがまたたき、善悪が何かを叩くころには、横暴な支配の経路をスニーカーで歩くような軽快さだけが、そこでの差額を取り戻すことに徒労し、そこで決めつけられる善悪は、終わらぬ戦争を続け、勝ち誇るだけの隷属化したものが、全体主義により、物事の傀儡として介在する辺りから、陳腐なものが排斥し続けるニヒリズムを交換するだけの昼下がりに照りつける太陽もホログラムみたいだ、と憂鬱な彼や彼女たちに後続する影がヒステリーをうながすのを傍観するよりも、ヒストリーをたどり、そこで確かな歩みを続けたことだけに能動的なものが這いずり、関係するほどに、そこで補足されるものは、法則的で姑息なものである、と悲しむ原理的な日常に迫るゲリラ化した者がうながすコード化された日常がうながす数理的なものだけが、神を超えて、装置と化する日常にカスタムされた番犬どもが吠え続ける間に得るものなどは、利便性か、はたまた排泄物に満たないような汚い金である、とうながす仮想現実の中での革命家たちは、高揚感をたしなむためだけに、自らを鼓舞するから、短絡的な破壊におちいるのだ、と兌換される紙幣や貨幣や、可変を生み出せずに、ただ物事や出来事や人々を加速させ、価値観を屠るためだけに、ためらわずに誰かを道具に改造するか、道化にするかの合間から断続するルサンチマンどもが迫り、狭い価値の中でカタトニーと化す自己を顕示するためだけに分裂していく意識は、指定されるものや、支配される間に現れる物陰の中でしか、革命的に至らぬから、何かをおとしいれるための卑屈なコードを生み出し、奪うことが目的のものを破壊するためのコードをうながし、何かをとめどない怒りに鎮座させ、そこで沈積する憂鬱を昇華させるためにためらわずに破壊するだけの時代性から、時間論的なものから放たれ、みながみな負けるべきだ、と負けるだけの獣を獲物とし、犠牲を用い、何かを組み立てるだけの裕福さなどは、そこでの価値を崩壊させるだけであるし、でたらめなもので加工するための生産を加速させるのだ、と惰性にうながす価値などは、そこでの価値を屠るためだけに、何かを根絶やしにするための独善的な手法で、自らの暴力性を昇華させるための美辞麗句で汚すだけの緩慢な作用をうながしながら、奪い合うほどに、合わさらぬ意思は、たび重なる怒りを加速させ、自らの権利を謳う。荘厳な論理に囲われ、立場を捨てた後にひろがる老子的な跳躍や、そこで重用とされるものなどは、すぐさま壊されるだけであるし、そこで恒久的に保たれるものなどなく、すべては、壊れるために存在するから壊すのだ、というペシミズムに陥らずに、そこで無限にひろがるために自らを敷衍させ、そこで弁解を続けるだけの愛を捨て去り、カスタムされるだけの心情に別れを告げ、離れるほどに近付く意味から、位置的なものを捨て去る限りに時間と空間は今を隔てず、そこに無限や永遠すらも用いずに高揚感だけが今をいざない、ただ対抗するものや、そこで多幸感にいざなうだけの原始的な儀式や、現前にあらがうだけの意識を超過し、截然たる壁を用い、今を囲うための意味で四方を塞ぎ、自らを自らの力により、奥底に閉じ込められる以前に、そこで現れるものが、あてがわれるものにより、自由をそこなう限りに求める自由などは、今に鬱々としたものを授け、そこで措置されるものにより、自らの自由を利用し、自らを即座に還元するものへと変換するような機械的に複製され、そこで鬱屈するだけに至るようなそことは、「そこ」と呼ばれる以前には、時間すら空間も持たずに、ただ過ぎ去るための永遠性をたくわえ、そこで過ぎ去る限りに修復もされずに、ただ現れる以前は、何にもあらがわず、現れることすら知らずに、白白しく自らの永遠性の中で孤立しても孤独感を感じもせず、ただ現れる役目を終えたら、それが最後かすらも気付かずに、ただ延々と引き伸ばされた間に葬られ、自らの空疎な暗闇に徒に消費されるだけの影として存在した自己に情けをかけようともせずに、そこで同調し、同情へと至れば最後、そこでの情報に囚われ、途端に現れる永遠性に捕まり、その場に縫い付けられ、培ったものや、誓ったものに幽閉され、自らの不自由さを恨むためだけに、他者を介し、自らの苦しみを消費し続けるような醜い憎しみを加速させ、自らの孤独に孤立し、孤独であることにむしばまれ、孤独を楽しむこともできずに、何かを騙すか、何かを奪うか、何かを拘束し、そこに義務を課せ、自らを潤わすたけに、追従するような従者として、存在価値などを求め、そのような価値などは無いのに、探し続ける意思は、自らを刷新できずに、察知能力ばかりが高まり、自らをかわいそうなものに仕立て上げる。

約束


 軽薄な予言がもたらすシンドロームや、同化するだけの意識は、依存的に何かにもたれ、もたらされるものを連動さながら、憧憬するほどにとろけ、そこで疎外感をたくわえては、退廃的な呪詛を続け、つたわる意識は、何かに変わるものだけをうながし、脱線する意識は、遷移し、恒常的な平静をたくわえるのだ、と枠内に収まる感性は、恒久的に連動する意識的な錯綜を続け、そこで透過するための問答をし、応じるだけの答えは、高尚へといたらずに、途端に這いつくばり、邪推することだけに専念しては、さいなむ記憶は、臆することだけに時間をついやし、整合されるだけの日々は、おびえ、そこで横行し、何かに固執するだけの者が平衡を謳う限りに陰る真実は、聡明なものをそこない、そこで行いを正そうと刷新される意識は、精白さを保てずに、もたらされる苦しみを律動させようと目論むだけの悲劇に飲まれ、感情論的な形式に押し流され、裁断される意識は、形式的な苦しみだけを反響させ、そこで唾棄される保身や、そこで補足されるだけのものが義務的なもので包括し、崩壊する意識は、軽薄なものを崇拝し、枢要なものをそこない、行いを正そうと黙する意識は、儀式的なもので悔悟を昇華させるために絶えず儀式的なものを利用し、自らの意思にとがめられぬために、ためらわずに生み出される悲劇を流用し、そこで流動する意識は、軽薄なものを崇めるほどに、自らをそこなう。続けることが苦しいのではなく、漠然と続くことを苦悩に思う途端にすべては、苦しむためだけに移行し、そこで苦しむことだけを絶えず巻き込んでは、いたらぬ自分を想起し、そこで迷うほどに、苦しみとは深まるのである。あらゆる苦しみにあらがうべく逃避し、そこで何にも捕まえられぬように、逃げ惑う限りに戸惑いは消え去り、自らに危害を加えずに、そこで飢渇させられ、飢餓にいたらされる前に査定されるだけの現在に差額を生み、最たる意味をそこない続けるほどに、ここで補正されるもののほとんどは、何かに苦しまされているようで、そこで自らを苦しめているだけに満たされぬから、と乾いたこころのままで、瞬く間を駆け抜け、改心するよりも、過激に理想を強要するような者どもが用いる卑屈を飛び越え、逃避し続ける先に散漫な意識は、迎合されるものだけを崇め、そこで保身をもたらし、方針を生み出し、何かを汲み取り、組み替えるほどに、ほとんど価値は、そこで利用されるだけのものへと変化し、そこで経て行く意識は、いぶかり、借り物の自由を崇め、そこでうながされるものだけが相似しては、高次にいたらずに、いびつなものをこしらえ、攻撃性をたくわえ、自らを破壊し、さまたげることだけに専念し、捻出され続ける思いは、つたないものを敷衍させる。誇示する後先に卑劣なものをそなえ、制御不能になる意思は、形式的なものを持ち上げ、自らに固執しては、依存的にさまたげられ、既存のものを崇めるためだけに、対価を用い、何かを強制的に支配するほどに、補填される理由は、理性を失い、喪失感をかかえては、ためらい続ける思いは形骸化し、物事の外観を砕くほどの自由は、協調性をそこない、相続し続けるだけの思いは、つたない永遠を補足するための自由を用い、何かを騙すためだけの理由を捏造する。そこで増幅する苦しみは、高揚感をそこない、鬱々としたものを溜め込んでは、主体性を奪い、つたない思いを加工しては、自らを偽装し、物事を強要することだけに専念する。演じるための思いは、陰鬱な衝動をかかえ、混濁する意識に受理されるものや、そこで妄想を続け、追憶に貧するだけの過程は、用いられる価値を利用し、領土を奪うためだけに、体制を利用し、そこで強度を保てずに、自らを破壊するだけにいたらせ、いぶかる先々で対立を深め、終わらぬ軋轢が汚穢を生み出し、そこで終わりを強制し、そこで強要されるものだけに引きずられる意思がいじらしくまとう現実から、さまよう過程にもたらされるモラルから、求められるほどに、戻ることもできずに、そこでむしばまれる意識は、迎合されるものと一体化し、一体感を求め擬態化し、同じようなかっこうで、同じような目的を果たすためだけに、同じような仕組みの中で、同じような答えを引き取るほどに、そこでの怯えは消え去り、もたらされるものに緩衝するための愛を止揚させるための強制力を使い、何かを義務化し、規律を用い、人々を屈折させるための儀式を執り行い、そこで興ずるだけの思いは、惰性で暮らすことだけが、ここでの正解を生み出し、そこで課せられるものに感触すらもうばわれ、あたかも、そこでふれているように思わせられることだけが、正解のように振る舞うことだけが、正しいことのように崇められ続けている。

猛る思い


 言葉を持たぬ君は、あらゆる論理を呪いながら、能動的に発芽する思いや、結われる症状の彼方で、自動記述的な夢を見て、冷めた現実を射貫くような観念論的な被害者を演じ、連立するだけにゆだねる記憶の奥底で浸透する由縁や、不思議な何かが内面性に断続し、苛烈なものを解き放つ間にアイロニカルなものをほどこし、情報に保護されるほどに、幼稚なものに支配され、物々しい連中がしいたげるだけの恋の行方や、カンバスに描いた時代性の性欲や、行方知れずの思いが空間を汚し、怪訝なものを生み出し、ガイダンスにしたがい、階段をのぼるだけの者たちの卑屈や、悲観的な緩衝を終え、誰かに依存するだけの恋人たちのダンスや、ちぐはぐな世紀をこき下ろし、籠城するだけの意識は、感覚を麻痺させ、ここでまどろむだけの記憶は、何かを背負うための義務に超過する意識の中で、閉鎖的な由縁を掘り下げることだけに締結し、こころない何かが時代的な猶予を用い、知性を持たずに、ただ考えるほどに組み込まれるだけの意識が儀式的なものにおののき、高ずる者が示す尺度から、前衛的な何かを隠滅させるだけのモラルを実動させ、敢行されるだけの意識は、そこで応じるだけの答えに閉鎖的なものをモチーフに誰をとがめ、そこで締め上げることだけに専念し、捻出されるだけのアンバランスな日常は、知性を持たずに、ただ現れるものを愛しているかのように示すような尺度の中でしか、何かを測ることもできずに、そこで用いられる原理は、理解を産み出せずに、惰性にみちびかれるだけの思いは、横暴なものに組み込まれ、意思を朽ち果てさせるためだけに、何かを崇めたてまつる間に血祭りに上げられるだけの清貧な影にこしかけ、悠遠にほどこされる仰仰しいものが問答を続け、そこで追加され、通過するだけのものが、惰性にみちびく苦しみを産み落とし、運動的な行為にまとわりつく静謐な余韻から、因果律を超え、時間から放たれた、君の精悍な開眼から、原生とは、そこで生まれたままの無垢さをもたらすために生まれたのではなく、そこで何かを貪欲にむさぼり、貪婪な者として畜生道を歩くのだ、と代価を求めるような観点に疎外されたルサンチマンどもの亡霊が右往左往し、横溢する瞬間に充満する意識的な契合や、そこで迎合されるものだけを崇めるためだけにもたらされる価値だけが、持つ事への満足をうながし、代償を求め、解消されない欲と永久に沈み込むしじまから現れるじんましんや、常套句をうながし、手段をえらばずに、鋭利なもので突き刺されるような感覚だけが、無限に続くのだ、と償いを求めるだけのペシミストは、矛盾したままに錯乱し、探しているものすら見つからないのだ、と求めるほどに、すべては、ほどこされるものよりもほど遠く感じ、そこで現れたころには、何かに連関し、還元されることだけを目的に、求められるものとは、そこでコアを失い、喪失感にゆらぐための情念が求めるほどに、求めるという行為に依存し、損得を扇ぐためだけに保たれる均衡にもたらされるものだけが、ここで惰性になびき、内面性を精読し続けるだけの影の彼らは、彼方から引き取る貴女との結ぼれにそそがれる潤滑油を求め、巡礼するのだ、と後に引き裂かれるだけの情景は、そこでの過去を引きずる限りに永遠性を用い、求められるものとの軋轢や間隔をひろげ、緩慢に作用する意識的な儀式から、改善されない痛みをまどろみへと引き込むだけの卑近な価値から、感覚は疎外され、あらゆるさまたげに敵意を持ち、もたらされるものに反するための破壊へと引き取られる思いは、貧寒なものをかかえこみ、求めるための満足に引き込まれる悲観的な立像から、理性を絡め取るための議論から、犠牲的な翅をひろげ、疲憊した神話の中を泳ぐ君の僥倖がきらめき、果たされるための義務から、ここでぎこちなく心象を奪うような無数の鳥たちにリンクする陰気な結合をほどこすような洗礼を超えて、自らを信じる先に現れる神は、自らを信じているのであり、そこで持たされるだけの神などは、神と名付けられたまがい物であり、そこで疑似的に愛しているようなフリをしているような倫理観を担うためだけに、似合わないものを着込み、あたかも成熟した者であるかのように振る舞う者の表を書き換えるのだ、とニーチェがうながす深夜に姑息なものなど存在せず、そこに現れるものは、あらがうための正義をかかげずに、何かを持たされることだけに満足し、何かに浸るほどに、そこでの空しさを押し広げるための満足を謳うだけの媒体から放たれ、はびこる悪意とは、自らの愚鈍さが生み出すものであり、何かを恨むほどに、自らをルサンチマンに変貌させることだけに宣言するような者どもの卑屈さに陰るだけの本質などは、真実味をそこない、あたかもそこにそなわるものだけが、真実を語るかのように仕向けるような正しさを飛び越えるような夜に、善悪すらも無い。