時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

光速


 どこにも行き着かぬように走り去る衝動は、何事にも束縛されずに、自らを加速させる思いと共に姑息な永遠性を放つだけのスタッカートや、関連性を求め、カテゴライズされるものから放たれ、過ぎゆくほどに、ほどける感情は、そこにとどまらずに、自らを加速させ、完全性や、そこで制度に付着させられる前に離れ続けるほどに、愚鈍なものを飛び越え、超越し続ける限りに陰らぬ精神は、正否を用いずに、ただ、現れるものをそのままに愛するよろこびだけを生み出し、そこで見出す意味などは、かたよりを生み出し、偏執するだけにいたる意味などは、敬神や、軽薄なものを持ち出し、意味を混濁させるだけにいたるし、あらゆる原理とは、今を膠着させるだけにいたり、恍惚感とはほど遠くに、感覚を麻痺させ、そこで沈積する意味に膿が現れ、あいまいな今を加工するだけの品位や、倫理で課せられた義務へと苦しむ今に肥満化していく実体は、何かを信じるためだけに、自らを廃棄し、はびこる悪意に反するほどに、自らを悪に転化させるだけにいたり、あらゆるイメージに加工された倫理に隠逸していく衝動は、自らを抑圧させ、さらなる苦しみを運び、短絡化していく意味は、指定されるだけの義務へと移行し、行為に比重を与え、用いられる意味の重みに自らを破壊するだけにいたり、あらゆる疎外感をふくませた未熟な思想は、真理を謳いながら、朦朧としていく意識はもつれ、そこでもたらされる苦しみを生産し、さらなる苦しみを、自らに課せ、重なり合うほどに、横暴な衝動にみちびかれ、派生する意識は、意味を否定することもできずに、用いられる意味に苦しめられることだけが、よろこびにつながるのだ、と妥当に生み出される意味は、惰性に意味をみちびき、自らを悲観させ、時間の中に閉じこもられ、空間から逃れられずに、放たれるべき意志は、形式に犯され、簡単に処理されるだけの普遍的な魔物どもに精神を食い尽くされる。あらゆる支えを喪失した君を吸収するための言葉が次々に鬱々としたものを運び続ける。想念にたまるよどみを解除すべきだ、と信仰を用い、求める神に共依存的に相似していくだけの間隔に迫る贋物の価値が次なる悲劇を用い、自らを崇めぬ限りは、祟りが起こる、と宣言するような短絡的な同意を求めるだけの信仰などは、すぐさま排除されるべきであるし、高次にいたるためには、何かを捨てるよりも、より獰猛に同意を求めるだけの契約や啓示から放たれ、逃げ惑うべきであるし、そこでとどまるほどに、自らを膠着させ、苦しめるための強迫的な行為が迫り、不安を解放するために祈りを続けるほどに、空虚な昇華は、次なる不安を探し、不安定なままに、何かを信じることでしか、自らの存在を認められずに、認識の誤りを正せずに、惰性な判断が用いる善悪に消費され続ける精神は敬神を続け、消費され続ける精神は、正義を謳いながら、自らの悪意のために、自らに罰を与え、罪を課せられ続けるほどに、自らを惨めにいじめることだけに用いられる欠如を謳うだけの信仰などは、信仰にいたらずに、自らを信用できずに、何が信仰か、と加勢するだけの意識的なまがい物を吐き散らす魔界から現れる空虚さが、今に差異を用い、自らを誤り続けることでおちいるだけの欠落にはまりこみ、自らを不実な者に仕立て上げ、自らが課せる苦しみが背負う罪を認識するための祈りを加速させ、自らを簡単に昇華にいたらせるだけの短絡的な祈りなどでは、自らを昇華させるにいたらず、創造性が足りぬから、そこで対比されるものや、大義も持たずに、陳腐な価値が示す値により、コード化される精神は、敬神へとひたり、自らを利己的な者に変換するだけの記号としての役目を果たし、大量生産的な生死から、正否を求めるだけの愚論へとひたるだけの過ちから、あいまいな精神が示す善悪により、生み出される懸隔から、権利を謳うだけの受注された力を発散するための怒りの構造から、懐疑的な日常に嫌疑を重ね、擬態化する精神は、価値観の中でゾンビと化し、感情も持たずにさまようだけにひたるような過ちこそが、誤りであることに気付かずに、そこで与えられる価値こそがすべてだ、と惰性に生み出された価値から、完治しない苦悩が加工され、そこに巻き込まれていく苦しみに疎外され、自らの孤独感に耐えかねずに、体系化され、簡単に処理されるだけの意味の中での家畜として、右往左往し、政治参加や、消化するための食事から、散漫な意識が乖離し、理解を求めるだけに管理的に生きるだけの監視的な機能を果たすための善良な市民という独善的な手法から、死霊どもがさまよう幼稚な歓楽街に潜む絶対的な悪意を加工するだけの正義に疑念を持たずに、まったくもって無価値なものを求めるだけの流動的で、流行に捕縛されるだけの人間だけが、人間として扱われるほどに、人間からは懸け離れ、健忘的な獣として、無知なままに空疎な世を補完するための犠牲を続けるべきだ、と言い放つような狡猾なけだものが示す論理的な抗争へと巻き込まれていく白痴として、還元されるだけの獲物として、バビロンの中での餓鬼として、或いは感情も持たぬ化け物として、馬鹿者を食い物にするような連中が指し示す意味に閉め出されることに対するよろこびを溜め込み、いっさいを破壊し立て直すためだけの純粋な破壊などは、創造性にいたらずに、破壊する快楽が用いるよろこびにひたるだけで、何も見出せずに、ただ、現れる今すらも破壊し、今を独善的に消費するだけの者どもの私腹を肥やすためのマーチがうながす呪詛的な快楽的で軽薄な騒音がうるさく響くような堕落した世界などと悲観するよりも、関することから逃げ惑い、何にも誰にも捕まえられないように駆け抜ける。

正義も潰えた夜について


 終わりに近づき、心がチクチク痛むわけでもない、あらゆる刺激を通り越しては、さびれた記憶に鎮座する面影は、単に重たいだけで、今に何ら影響を与えず、ただ、とおりすぎ、消費的な衝動だけが、世界性をかこみ、慢性的な痛みは、悲劇的なものを当て込んでは、混濁する意識は、表現を失い、多目的な理由が流動し、偏りを示す心を単一化すべきだ、と否定的な面影が今に便りを与え、攻め立てる。生じる運命は、単に消費的に迫る意味と逼迫し、貧寒なものをたずさえ、ままならぬ思いが通過するほどに、観念はゆがむのだ、と惰性な思いが、精査を下す。やさしそうな母の姿を重ねるような恋の瞬間から、余韻に入り混じる風景に転換し続ける思いに吹き付ける風のねばっこさにまじわる意識から始まる物語や、転化し続ける先に現れる永遠性や、制度に付着するための闇を生み出す過程をしりぞけ、純粋無垢な自己に行き着き、自らに比重を加え、苦しみから逃げ惑う先に現れる苦痛などは、すぐさま過ぎ去る。嘲笑されるだけの論理が寒空に協調性を求め、制度の中で膠着するわびしさに虐げられ、自らの健気さを喪失し、今に倒錯していく苦悩から伸びる意思的な緩慢さに表現は孤立し、自らの虚しさに抑圧された思いは、悲劇などを用い、自らを苦しめるためだけの苦悩にひたるような被害者意識を加速させる語源に抵抗を加え、ここに用いられた短絡的な苦悩との闘争を続けるほどに、革命とは、程遠くなり、縛られた意識は、がんじがらめになり、信じるべき自己を確立できずに、意味を従え、従順に理解することだけが、自己愛を敷衍させ、自らを愛することだけが、他者を愛するのだ、という虚しさを抱え、自らを愛するほどに、他者を愛するという意識からは、かけ離れる。すべての形式を捨てた後にだけ、透過していく意識は、形式的なものにさだめられ、強調されるほどに、補完されていく思いを昇華させるための抵抗を続けるべきことに気付かずに、均等化をめざし、平等を謳うほどに、短絡的な憎悪を加速させ、対象とされるものを恨むための他者を捏造し、自らの苦痛を昇華させるための証拠をでっち上げ、自らを納得させるために手懐けた従順な意志から、陰鬱な衝動を拡散させるためのツールを用い、自らの痛みを分散するための苦闘を高らかに歌い上げ、自らこそが、いちばん苦しんでいるのだ、と妥当に思い浮かべる理想から、理性をそこない、そこで沈積する憂鬱をむさぼるだけの貪婪な者として、あるいは、悲劇を格納するための悲観的な肥満体として、あらゆる苦痛を吸い込むことだけが、崇高な役目であり、そこでの役割だけで、約束とされるものに反し、ここでの意志を確かなものに変えるという愚鈍な行為に貧するだけの意思的なまがい物を溜め込むだけのケチな者として、いけ好かないものを強調するだけの段落に潜む悪意の根源や、悪魔的なものを捏造し、自らを利口な者に変換するだけの記号的な者としての役割だけが、自らの存在を強調するのだ、と惰性に導かれるものだけをランダムに消費するような過激な理想を企て、贋物の達成感などをうながすだけの虚偽的な者や、シンドロームに蓄積される苦悩を培養するような陰鬱な生産性だけが、消費を加速させるのだ、と謳う者や、生産的な排除を用い、何かを支配することだけが、ここで充当されるものを真実に変え、ここでの本質などは、すぐさま変換されるものへと飲み込まれ、物質的な本源などは、すぐさま切り替えられるだけにいたるのだ、と短観に潜む価値を悲壮するだけのニヒリストとして、背くための破壊からはびこる悪意を熱望する正義の矛盾を攪拌するような悲劇的でアイロニカルなアイドルとして枢要さを謳いながら、もたらされる意味にはびこる欠如に補完すべきものを捏造し、緩衝すべきものを持たずに、ただ、衝突を繰り返すことが、時代を飛び越えるのだ、と言い放つ間にも、完全性を用い、そこで善政を敷くほどに、自らのルールにしばられ、そこで敷かれたレールなどは、悪へと移行し続けるだけにいたるのだ、ともたらされた権力がカタルシスを求め、自らの死をも超越する間に、偽装されるだけの真実は、今に干渉し、自らの正しさだけをまき散らすプロパガンダに必死し、世界的ながん細胞へと偏執するだけの革命的な理想とは、ここで行いを正せずに、ただ、自らが正義として崇めるものだけが、正しいものだ、という認識のズレから、自らを疎外させ、自らの苦しみを昇華させるためだけの闘争を続け、つたない意思は、愛がなんたるかを知らずに、ここで構築されるものの巧緻なたくらみに疎外され続けることで、短絡的な暴力性は、制度を打ち砕くための短絡的な破壊活動へと移行し、自らの正しさを保つために、自らを騙すような矛盾から、暴力は加速し、破壊することだけを重点に置き、自らを置き換えるための理由を捏造し続け、自らを快楽へといざない、自らを操作するための傀儡を自らの中で作り上げるほどに、補完される苦しみは、自らを消費するための快楽へといざなうための理由を探し、自らを破壊するために、世界を破壊するのだ、というペシミズムに移行し、自らを正すための統合をめざすほどに、暴力性は錯綜するのだ、とうながすよりも、性質的な暴力性は、抑圧できずに、本能がむさぼり続ける破壊への快楽は解体できずに、そこで破壊することだけが、自らを正すのだ、という過ちには気付くはずも無いのが、性質的な暴力性であり、そこであてがわれる制度などは、その者を抑圧するほどに、次なる破壊をもたらし、自らとの訣別を用い、純粋な理想のために破壊し続ける自らの快楽のために破壊し続ける者を止める手立てなどは存在しない。

抵抗力


 神が人を作り上げたのではなく、人が神をでっち上げ、あらゆる意味を疎外させるだけの意味へと偏執した途端に、信じることとは終焉にむかい、退廃的なものへと変貌をとげた。措置された今に配されるだけの意味に結合されるだけの短絡的な言葉が強欲に迫るだけの資本的なジレンマから、独裁的な緩慢さが、今に苦しみを吐き出し、破壊的な苦悩をまき散らすだけの機械的な論理から、論証される限りに、この命は、陰ることだけに転化していき、確実性を失い、ただ、記号の中をさまよい、自らを愚鈍なものに成長させ、物質的な猶予から、誇大妄想を吐き散らすだけの科学的な伴侶や、疎外感をかかえるだけのデカダンスの化け物が生み出す価値から、画期的なものすら終わらすだけに始められることごとくががんじがらめになり、担うべき意味も、着せられたものだけをじょうずに着飾り、汚穢を生み出し、終わるだけに始められたことが反復し、今に苦悩を生み出すのだ、とペシミストの嗚咽がなびきながら、感覚を損なうためだけにためらいを生み出す体系から、携帯する意味が不悉さをかかえ、差異を生み出し、互いを傷つけるだけの動機を率いる王国では、裸の者しか居らず、舌足らずの者が騙る原理から、理想は、理性を失い、利子ばかりを支払うような言動から、乖離すべく、すべての理由とは、いっさいに鈍感さを孕ませ、何かを騙すためだけに蓄積されたノイズをかき鳴らしながら、ディストーションにゆらぐ空間的な破裂を繰り返すだけのナーバスな宇宙は、誰かの悲しみのために、自らの命をこすりながら、交互する命は、動機を求めるばかりで、意味を求めるだけの愛に転換していく苦悩は、空虚さをかかえ、自らのニヒリズムに飲み込まれ、意識は混濁し、混淆すべき瞬間や、主体性を求めるために演じることに明け暮れることで交換される意味から、今は幼稚なたくらみを繰り返し、自らを錯乱させ、過去を削除できずに、ただ、過去からうながされるものだけが、今を形成し、あたかも意味を生み出しているかのように示すようなものが延々と反復したおかげで、誰もが苦しみことに重点を置くような枢要さを持ち出すことに否定できずに、ここでなしとげたものも、過去から借りてきたものだけをあたかも重用なように扱うほどに、保持する意味から距離は生まれ、そこで阻まれるものが貶しながら、倦怠感をかかえ、重たい朝をかかえながら、暗澹とした路上で、何かを叫ぶほどに、そこでの空虚さは増していくのだ、と惰性に導かれるような信仰を元手に、自らを苦しませるための元金をかき集め、飽きたらずに、何かを求めるだけの競争は、強制的に何かと同化し、統合を求め、正常さを用いることへの異常さに気付かずに、自らこそが正義だ、と高らかに謳う者ほど、残酷な者は居らず、そこで処理されるだけのペシミストどもは、自らの過ちに気付かずに、自らを苦しめる自らを乗り越えられずに、そこでおちいるだけの闇を形成し、何かに責任転嫁することで、苦しみから逃げ惑うよりも、苦しみに投下し続ける先に現れる虚空との対峙を終え、そこでの苦しみなどは、継続されずに、ただ、迫る苦しみから逃げることで現れる苦しみを延々と偽装し続けるためだけに、苦しむことを演じることで、次の苦しみから解放されるような感覚におちいるほどに、苦しみに応じ、自らの苦しみに屈従することだけが、ここでの正義を保つ秘訣なのだ、と惰性に導かれる痛みは、今にかかえる痛みよりも、次に迫る痛みに自らを転化させることだけが、今の不安から逃げるための仕方の無い転化である、と次々に苦しみをかかえるほどに、保持し続ける苦しみの重さに耐えかねずに、自らに屈し、復讐を強請るだけの暗鬱とした症状は、表情すらも凍らせ、カタトニーにいたり、浸る今から観念をねじ曲げるような反発を生まぬ限りは、そこで凍結し、凝固し、身動きもとられずに、織り込まれ続ける苦しみに襞でもがき続けるほどに、次に迫る襞につつまれ、苦しみから逃れられなくなるよりも、そこから生まれ出るためだけに反抗し続ける先に現れるどうでもよいような間隔に迫る還元されるだけの虚構を打ち倒すような徒労を続け、退廃的な呪詛をうながすだけの感情的な汚穢にもとづく迎合的な言葉のまやかしを消し去るために、対面する自己との訣別を告げ、そこで捨て続ける先に置かれる現状などは、すぐさま消え去り、そこでの苦しみなどは、瞬時に幻影に変わり、そこで関わるものすべては、誰も恨まずに、そこで用いられる懶惰な者に排除されるだけの自己に苦しみを運ぶのは、自分であり、そこで用いられる言葉に騙されずに、そこで邪魔されてもなお、自らを立て直すためだけに、現れるすべてに反発し続け、そこでの反抗だけが、先々に抵抗を生み出し、波及され続ける苦しみを押し流すような影響を生み出すのは、自らだけであるし、そこでの苦しみを繰り返すほどに、強固になる不安は、そこでの苦しみだけを強調し、自らを苦しめるためだけに繰り返し苦しむことを強要し、そこで有する価値などで、いっさいを加工し、そこで圧迫され抑圧された自己を解放させるために求められる自由だけが、本質的な自由であり、それだけが理由を超えて、希望へと変化するような昇華を生み出し、死をも乗り越え、そこで強固な意志を用いることだけが権力と呼び、用いられる権力などは、そこでの力に抵抗を加えず、与えられた影響により左右し、作用を施すだけの権力などは、力とは呼べず、そこに現れる影響に反することだけが、力であり、あらゆる反発こそが、そこでの苦しみを乗り越え、自らに英気を与え、次々に現れる苦しみを乗り越えるための準備をし、あらゆる苦しみを乗り越える強度を保つことだけが、力と呼び、何事にも左右されずに、自分であることの強度だけが、自らに力を授ける。

プリミティブ


 乗り越えるべき夜を折りたたむシンドロームや、信号機に重なる一瞬のため息が交差する渋滞しているだけの人々の幼稚な理念を排出しているだけの車中で永遠性をたしなむような恋どもの嗚咽や、引き裂かれた感情を充填するだけのペシミズムが運び込む浸るだけのペインや、陰鬱な衝動を巻き込むだけの不安などを昇華させるべく、理性などを保つほどに、本能とは、凡庸なものをちらつかせ、近付くものを傷つけることだけに専念するような思春期の終わりが溜め込む汚穢や、横溢していく瞬間にドラマがあふれるのだ、とメロウな深夜に入り込む背徳や、死を映像化するだけの静謐さを超えるべく、理想とは、理性を保つための記号にすぎない、と惰性に導かれる主観にあふれる敗残していくだけの記憶は、抵抗することをおぼえずに、現れるものに変換されることで、モニュメントと化すほどに、補填される苦しみは、憎しみを敷衍させ、不吉な予感をたずさえた不安から、俯瞰とは危害を加えられ、汚れたものを整序するためのためらいを生み出し、対価を求めるだけの自然的な回路をショートさせるだけの不安定さを生み出し、等差を生み出し、平等を謳う獣どもにリンクする過程から、締結していく思いは、軽快さを失い、自らを恨むことで、何かを機能させるような発信を続け、自らを損得で埋めるだけの世界からの脱兎を目論まずに、現れるものに傷つくことだけが、正しいものへと変化していくのだ、と惰性に生み出される意味をかぶりながら、自分こそは、綺麗なままで居ようと思うほどに、異様なものとして排除され、疎外感に苛まれるのだ、と性差を用い、そこで差異を生み出すほどに、見出すべきものは、継続された善悪に支配され、行き違う場面は、誰かを恨むための緩慢な作用を用い、モチーフとされる正義をかかげ、犠牲を謳うだけの幼稚な支配から、宗教的な神よりも、自らを神格化させ、真の悪へと昇華するための自らを定めるような幼稚な犠牲から、支配は加速し、そこでもたらされる苦しみを用い、誰かを騙すための犠牲だけが加工され、そこに現れる品性などは、性質を破壊し、本質的なものを翻弄し、何かをひるがえすためにためらわずに破壊を続けるような愛へと厭わずに侵攻していく定理にもとづく迎合を続けながら、偏りを生み出すだけの兵器的な信仰だけが、本質的な愛へといざなうのだ、と謳うような仮説を踏みにじりながら、憎むことでしか生み出せぬような弱者の思想から、思考停止におちいるだけにいたるような意味に応じるだけの大衆的な安堵などは、あいまいな執務を追うだけで、値するものを正しくに認識することもできずに、価値を見出すのだ、と達成感に酔い痴れながら、信条を用い、何かを騙すための思想を生み出すようなデカダンスが価値を用い、何かに対し、あらゆる原理を捕食するための記号を生み出し、緩慢に作用する幼稚なたくらみから、大義を見出せずに、惰性に導かれる先々で対価を謳いながら、まぼろしを愛し、まぼろしと契約を結び、永遠の愛を誓うほどに、違いを見出せずに、そこでみすぼらしいものを強調するだけの愛へと偏執していくほどに、自らとの懸隔は広がり、背徳を謳う自由と、そこで従事することで生み出される資本的な快楽から、傀儡として生きるためのツールとして、フラクタルな人間を生産し、何が正しくて、何が悪いのかを調教されたマゾヒストどもの楽園で、同族嫌悪におちいり、後続する者を蹴落とすための規律を生み出し、あらゆる論理から編み出された欺瞞を崇拝しながら、しどろもどろな意識の汚濁の中で、簡易に示される愛が、自らを閉め出し、そこで反芻し、反復し続ける意味の中で顛末を綻ばせるだけの統合から、等位を用い、何かを示すための名称に騙され続けるほどに、自らがうながす意味の中で喪失感をたずさえ、延々と引きずるペシミズムの中でかかげられた価値だけが、自らの美徳や、自らが用いる価値などを強調することでしか、自らを正しく認識できないような軽薄さを従え、自らを抑圧し、時代や社会を恨みながら、堅持する意味に誇示するだけの今から離れられずに、放たれるべき意味から、今に移行していくほどに補填される苦痛をルーツとし、ルールで拘束しながら、理念を喪失し、大義を見出せずに、純粋な破壊のためだけに、ためらわずに愚行にいたるような今に犠牲をもたらすだけの対比を繰り返すだけの退廃的なモジュールとして共通の意味を吐き出すだけの管轄こそを破壊し、そこで介するほどに、自らとは、自らの手により破壊され、果敢に挑むことすら忘れ、そこでうながされるものを、うながされるままに愛してるふりを続け、不利益や、不利なものに振り回され、そこで理性すらもそこなわせるような快楽を加速させるだけの理想などは、捨て去るべきである。

悲愁を乾かす晴天


 迎合されるだけの言葉が今に攻め入る。生命の起源を狂わせた威厳が今にも割って入り込み、背徳を謳うものを排除する闘争から、統合をめざすほどに、平等や均等とはほど遠くなり、担う意味を背負い続けるほどに、倦怠感は増していく。あらゆる論理から疎外され、孤立してもなお、そこで響くものだけが、本質を捉え、自らに帰り着き、戒律などを施すだけの愚弄を繰り返すだけの悲劇から逃れ、倒錯するほどに増していく自らがもたらすものだけがシンプルに真理の深層に浸透し、均等なものほど、そこでもたらされる差異や懸隔から放たれる欺瞞により不満足をもたらし、何かを破壊するための疑問を用い、闘争へとおちいり、自分こそが正しい、とうながすだけの理由だけが、希望へと変化し、底の無い悪意から、あいまいな毎日にもたらされる屈辱から、仮想するほどに、用いられる過程に苦しめられ、支えを求めるほどに、自らをゆがませるような欠如から、配される愛の配下になり、求める愛から求められるだけの元手や、横暴に迫るだけの愛が幼稚に互いを傷つけるだけにいたらせるような幼い希望は、自らを破壊するためだけの純粋な愛を利用し、もたらされる死から逃れるための正当を謳い、求められるだけの愛は、自らの健気さにより、誰かを傷つけることで得られる快楽に浸り、貧相な愛は、自らの本質を知らずに、真実をまさぐりながら、与えられた答えに左右され、用いられる苦しみを跛行しながら、錆びられた記憶が裏切りをほのめかし、奔走し続ける意識は、自分の孤独に帰り着かずに、ただ、うるさいだけの喧噪へと理解を求めるほどに、自らを見失い、何かと同化し、統合された正常さを謳うほどに、行為は、元々の純粋さをそこない、そこでさまよい続ける貧寒な現在に理解を得ようと目論むだけの狡猾な者に奪われるだけの意識は、自らの意志を虐げ、自らを破壊するためだけの純粋な理想から、理性はそこなわれ、そこでもたらされる事実だけが、正しいものを語るのだ、と現実主義的な者が示す差異などは、本質を捉えられずに、用いられる答えだけに帰巣するほどに、自らの行き場を無くし、求めるだけの居場所を求めさまよい続けるほどに、存在の軽さに耐えかねずに、誰かを破壊するための理想を用い、誇大妄想をかかえた未熟で幼稚なルサンチマンに変化し、偽装されるだけの真実は、要理を謳いながら、身近な者の意思を奪いながら、操作し続けるよろこびから、右に習え、と同調し、協調性を謳うほどに、用いられる真実は、事実との懸隔を広げ、感覚を奪うだけにいたり、いたらぬ思いは、いぶかるほどに、自らを裏切り、過去の面影に浸り、自らの苦しみを敷衍させることだけに加速するニヒリズムは、さらなる破壊を高らかに歌い上げ、自らの世界の終わりに保たれる均衡や、周辺をも破壊するために、自らの世界と全体的な世界との統合をめざし、純粋な破壊へといたらせるだけのルサンチマンを加速させ、悔悟をため込まずに、ただ、純粋な理想のためにもたらされるだけの破壊だけが、自らを浄化させ、緩慢に作用するだけの苦しみから解放されるのだ、と思い違いを生みながら、快楽は加速させ、解放を謳うほどに、即される間から、あいまいな愛はマインドを奪い、毎日を退屈に変換するだけの記号として、自らを定める幼稚な理想では成熟にはいたらぬのだ、と否定的に攻め入るだけの精神分析的な開祖どもは、自らの集落を守るためだけに、自らの正当性を謳うだけであるし、組織とは、その場での権力を保つためだけに、自らを正当化させることに必死なだけで、誰のためでも無いでたらめな理想から、出来合のものを真実に変えるための理想から、理性は喪失感をかかえ、自らの不実を隠すための体系的な正しさを利用し、理想的な死へを追いやるだけの正当性から、現実性とはそこなわれ、幻覚をもたらし、変革を謳うほどに、自らを破壊するだけの純粋な理想を駆け巡るペシミズムに追いやられるだけの精神は、敬神へといたり、自らを信じずに、何かに信じることを強制し、同調し、同情へといたることだけが愛だ、と語ることで、カタルシスにいたるようで、実際はカタトニーにいたり、自らが硬化し、愚鈍な者として崇めるだけの定型の神から、分散した不安から、憤懣を解除するためのコードを用い、何かを解放にいたらせ、自由などを謳うだけの短絡的な隘路を歩ませるだけの日々に迫る退屈へといざなうための退屈を捏造し、体系化していくほどに、内部での権力は暴走し、暴政を生み出し、制御不能におちいり、よいものをめざすほどに、わるいものを捏造し、偽装され続ける真実を保つための虚偽を続け、そこで形骸化するだけの意思が熱望するものなどは、所詮、誰のためでもなく、自らのためでもなく、そこで求められるものへと偏るだけの理想を生み出し、理性を制するための法で囲むほどに、猜疑心は増し、互いを監視することで得られる安心のための制度がもたらす不安だけが加速する。

縦横無尽


 君はみじめだ、といって嘆いて沈み込む静寂に捉えるべき永遠すらも、制度をくわえられ、今に書き換えられては、自分から羽化できずに、そなえられたものを崇めることだけが、正しいことのように示される間から閉め出され、惰性に導かれる言葉の中で探すべき愛すらも、利己的なものに変わり、理想を供給するだけの過剰な意味にとがめられ、めざすべきものすらもそこない、さまよい続ける意志は左右され続け、そこで信じたものすらそこなわれるためだけの誓いをもとめ、綴る意識は、貪婪なものを呼び覚まし、鈍感な者が姑息に示す間柄から、乾いた季節との一体化をもとめ、とめどない痛みを加速させるほどに、自らに枷を嵌め、自らの世界性を持たずに、包括されるだけの世界にっ崩壊させられた意識を手懐けるために、何かを懐かしむことだけが、ここでの成果を扇ぎ、自らの意思を保てずに、用いられるものだけが、物事や物語を加速させ、課せられたものに表現を攪拌され、そこで課せられた正義は、犠牲を孕んだ懶惰なものであり、物事に漂着する者が、やがて侵略を重ね、君自体を破壊するような結末に迫る贋物の悦楽から、晩成に混ざり合い溶け合う帰路は、有する形だけを用い、物事から乖離させ、理解を得る以前に、ここで行いを強調するだけの境地に惨めさを加工するだけの品位から、履歴を抹消するための運命論者どもの平衡した意識を保つべく、そなえられた規律にむすばれる記録だけを延々と見せつけられるような日々に迎合されるだけの軽薄な言葉が流動し、情緒すらも破壊するような言動の先に現れる破壊的な顛末から、転換されるものだけが、神のように崇められている。緩慢な現在に愚劣な行いが恋を凝固させ、退廃的なジェラシーが延々と呪詛を続けるような対価から、宦官どもが謳う道理がむさぼり続ける時代との結合を強請るだけの世界などは、退化するだけにいたり、自らにむすばれるべき愛すらもむさぼるような幼稚な愛の配下にいたらせるべく、支配的に有するだけの形だけの愛を緩慢に処理し続けるような機械的な行為にもとづくエゴや、そこで固執するだけにいたるような徒な消費から、幽遠にひろがる疲憊した精神が敬神を続け、募る意識は、契約の下で支払われるものだけが、意味を斡旋し、愛故に苦しむことで規制されるだけの日々から抜け出し、流浪し続ける先々でひろがり続けるものに配される愛などは、ただ、物質的なものを崇めることで、自己愛を加工し、あらゆる論理から抜け出せずに、惰性に示唆されるものだけが、思案を繰り広げ、自らの意志に確かなものを生み出したかのように示すような惰性な達成感を加工し、今に苦しみを敷衍させるだけにいたる。有史以来ひきいられた卑近な者が示す尺度から愛は狂い、空間的に認識されるための愛は、物質を用いられ、現実的なものにひれ伏し、愛しているかのように示されるものだけが、自らを愛しているのだ、という勘違いから、完治しない苦悩は生まれ、そこで加工された規律に律するほどに、定められた意味などは、本質的な正解を用いずに、ただもたらされる意味だけが、答えを運ぶのだ、というあいまいな示唆からマインドは捏造され、偽装され続ける間に理想とは、何かを駆逐し、朽ち果てさせるためだけにためらわずに、誰かの答えに割って入り込み、背徳を用い、求められる意味に結合されるだけのものを忘却へといざないペシミズムへと陥らせ、自らの未熟さに気付かずに、自らを正すことをしないで、自らを正しい者であるという認識から、存在のあやふやさや、そこで軽々しくもたらされるだけの正解だけを迎合するような品位の欠片もないのに、品格をねじ込ませるようなふしだらな者がフラクタルにまじわり、はじまりなどを用い、そこで強調されるものだけが、そこで汚れなく産み落とされ、自らを正す、などとうながす間に論証されるものなどは、そこで本質的な愛を持たずに、ただ、自らの貧相さに気付かずに、求めるだけの愛だけが、今に愛を運び、自らを正すのだ、という誤りから、過ちは偽装され、そこで犠牲を謳うだけの空疎な悲しみに契約させるための神を捏造し、そこで膨張し続ける悲しみに染みいる無限性の孤独が用いる猛毒により、意識はもうろうとしていき、そこで売買されるだけの愛だけが、自らの悲しみを埋めるのだ、とうながすだけの普遍的な浄化を謳うような贋物の価値から、似たものを愛するほどに、同族嫌悪におちいり、応じる答えに寄り添う結末だけが、自らを統合させ、より正しい者へと変化していくなどとうながすような奴隷的な言葉に隷属するための契約をうながすような短絡的な世界を恨むだけのルサンチマンに変化し、自らを破壊してもなお、誰かを破壊するためのまぼろしを追いかける。

嘘の祝福


 まがい物の街を超えて、暗澹とした支配を重ねるだけの流動的な制限を加えるだけの正義から、犠牲的なものを孕ませるだけの宗教的な偶像がぐるぐると回り、古びたものを今でも大事そうに抱え込んでいるほどに、混濁していく意識は、偏りを示し、懈怠するだけの現在に浸るほどに悲観を続け、観点をそこない、そこかしこに憎悪を生み出すだけに色あせる瞬間から取り除かれるほどに、ここで補足されるものなどが、協調性などを謳い、たむろする今にリンクする意味が資源などを持ち出し、何かを疎外させるための闘争から、倒錯し続ける今に浸るだけの意味がプラトニックに混ざり合い、出現し続けるものがけたたましく叫びだし、軽薄なものを打ち立て、位置的なもので加工し、枯渇するだけにいたる精神は、制限を持たされる限りに、持ち出される意味から背反できずに、その場で孤立し続けるだけにいたり、継続する意識は、何かに充填されているようで、何かに奪われるためだけに、ためらわずに操作されるだけの軽々しい主体をかかげながら、関係を迫られ、狭い価値に閉じ込められ、混同する意識と同化していく主体は、自らを喪失し、自らの過ちに気付かずに、仮想する罪の中で、自らを処刑するような映像を延々とながめる傍観者として、自分から乖離し、理解を得ようと目論むほどに、黒々したものを主体に抱え込ませ、システムへと混淆され、自らの行方すら失い、さまよい続ける意識は、集約される意味に約束を交わし、契約の中で働きを加えるだけの短絡的な同一化から、いっさいは同調することだけに占領され、横暴な者が繰り返し繰り出す意味に支配され、そこで芝居を続けることだけが、自らを正解へといざなうのだ、と妥当に求められる位置的な魔物を生み出す。姿形を奪うだけの悪魔どもが徘徊し、相対する先々で対立を加えるだけの退廃的な受理から、重用なものなどをそこない、そこで簡単に処理されるだけの無作為の者として、醜状を加算させるだけの生産的な者が示す不一致から、いっさいはデータの中で強調されるものだけを伴侶として出迎え、加算され続けるだけの意味に朦朧としながら、邪推している今にさかのぼるだけの過去に慟哭しながら、しなびた意識が改ざんする正解により奪われる精神は、敬神を続け、自らを恨むためだけに神を捏造する。はじまりは、まじわることもなく、ここではじまる意味すら知らずに、何かを創るために高揚していた。あらゆる阻害を生み出した論理から、利己的に補充されるだけの生命が仮想するものへと偏執し続けるたびに、死への恐怖を利用し、何かを排除するための起源を生み出し、あらゆる神は、ひとつの意味からはじまったはずなのに、自らを排除するためにひとつの神は多様化し、統制されずに、自らの満足を得るための戦争をはじめ、はびこる悪意に罪をかぶせ、犠牲を謳い続け、終わらぬ意味に省かれた者がルサンチマンをかかえ、憎悪を暴走させ、短絡的な破壊へと一貫した破壊だけの正義を強調し、自らこそが、正義であり、神の代弁者であり、神をも超える者である、と思い違いを生み出し、自らを崇めることでしか、神を超えられずにいるから、そこでの神に利用され、自らを率いるべき自己を生み出せずに、何かを恨むことでしか、何かを超えられずに、自らを抑圧させ、自己に同調し、何かに同情し、同じ涙を流す者だけを信用すべきなどとうながすような軽薄さを用い、誰かを騙すことだけに専念する。信じるべき自分も持たずに、用いられる原理は、あたかも正しいことのように、正しいようなものを示唆し、誰かの言葉をあたかも自分の言葉のように語り出すような正義などは、今まで継続されたものの中でしか、その正義の役目を果たせずに、善悪を捏造するだけのルサンチマンどもが閉塞感に耐えかねずに、織り成した今に刺し違えるだけの偽善的な猶予を授けるためだけのためらいが生んだ悲劇を加工しただけに満たないような汚い正義の中で孕む犠牲こそが、清く正しいもののように崇められた途端に、誰かの苦しみは加工され、自らの品位を保つためだけに、ためらわずに悪を捏造することだけに専念するような捻転を繰り返し、自らが生み出す偏りにより、カタトニーにおちいり、自らが苦しむことで、よりよいものが生まれるなどと惰性に苦しみを生み出すような機械的なアンサンブルが続き、デカダンスを加速させ、自らのアイロニーにより畜殺などを叫ぶような破壊的なペシミストどもが追加した意味などで偽装されるだけの今に平衡するものなどを謳うだけの保守的な理想から、理性をも駆逐するような破壊的な整合を謳うだけの馬鹿どもの至福のためだけに、加工された法の中で畜生に成り下がるよりも、用いられるものすべてを超越するために調整する者どもを蹴散らす。肥だめから生まれたような論理が、私腹を肥やすために誰かを責め立て、自らを利口な者として崇めさせるための目覚めなどを謳い、贋物の覚醒が芝居を続け、あたかも超越に浸るためだけの理想へと帰巣し続けるほどに、自らを超え出られずに、自らの中をさまよい、偏りを生み出し、そこから抜け出せなくさせるための斡旋を続けるだけの洗脳をかけられ、自らを無いものように示すことだけが、そこで存在しているかのように示されることからも閉め出され、自らを破壊するために充当する暗示をかけられ、自らを喪失する。