時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

古びた記憶とカフカの本棚

ヘルダーリンの孤独な塔で、固執した未来に主体を突きつけ、永遠とは、絶えず痛みを噛み締め、ただひたすら啓けるものを受け入れるものだ、ねと、ギンズバーグは、詩を壊し、死を乗り越える事を教え、ランボーは、答えに粘着するアニミズムで、神すら君すら飛び越える事を教え、ああ、私の価値すら家畜なのだ、とボードレールが酩酊する彼方でドメスティックに零落する。アルコールで沈没した船や、サイバーパンクな未来が待ち受ける被害者意識の被写体が悲しみにひしゃげ、からまる月夜に歌い上げる静謐な歌姫も、年老いるのが怖いの、と声色ふるわせ、魔窟に帰るのだ、と畏怖を木霊させる論理も、凡庸な休日に磔にされ、いしずえを失い、些細な痛みに苦しむ。 「真理と結ばれる苦しみよ。誰も待つ者が居ない鈍磨で愚鈍な夜よ。言葉もつれづれとなびくだけで、孤独がしみいる死と隣り合わせの徒労よ。静寂はどこまでも続き、実感を失い、ただよう意識に擁立していく定理すら、邪魔になるだけに満たない命につきまとい、絶え間ない時間は、いびつに固まりながら、加工されるだけの今が、ただ空間で絶命している」 質感を失った夜が濃淡な理論に絡まり、仮想現実と数学者の頭の中で根絶していくだけに共産主義的な傀儡が闊歩する過去の中で、静謐なガス室に運ばれる動物や、物体のような気持ちで人混みの中で乖離していく途端に、リズムが引き裂かれ、単一な道理に導かれる動物的な本能から、凡庸な形が母乳をこぼし、それを飲み干す宇宙も保身にあえぎ、他者を介し、論理に介するだけの離間に苦しみを屠りながら、この長いだけの命とは、どこにコアがあり、やがて渇望するだけの時代で兵器化する言葉を乱雑に折りたたむだけの義務感に酔いしれ、他者と姦通し、その繰り返しにもがくだけの行為に快楽を感じるだけの傀儡と化するだけに、現実はゲノムを葬り、畜生道を歩くだけに至らせるだけの世界に腐敗していくだけに理想が労働を運び、描かれた真実も実験室で実感を失い、裁かれる時に置かれるだけの関係に執務を叫ぶだけに隷従していくだけに果てない私欲は弥勒の手の中で踊るだけの偶像と相互するだけの身体と物体との儚さにとどまる心因は、逍遙するだけに孤独をかじるだけの腹ごしらえで、欠乏していくだけに浪費される主体は、素っ気ない実情にこじれるだけの意図をたどり、この冷光に照らされる典麗な時に交互し、後光に照らされ、抵抗し続けるだけに代価も求めず、ただ与えらるだけの日々を悲観せずに、この長じる由縁を押し広げ、限界を持たずに、ただコアを探す崇高な旅路へと理想は供給されるだけの言葉の破壊的な実像に酔いしれ、擁護されずに、駆逐されるだけの身体からあらがい、排される愛に理想は競合するだけに資本的な行為に走り、知らず知らずに愛を破棄するだけに、破壊的な安逸が続けられ、生産されるだけの価値は、価値観を求めるだけに、効率良い奴隷を作り上げる事を家族間にも持ち込み慢心を生み出し、はみ出すものを疎外する限りに生まれる疎外感に震えるだけの者どもがルサンチマンに変わり、弱者同士が慰め合うような懇意に至り、漂う悪意だけに支配されるだけのサイバネティクスに交換される脳内のインプラントや、ナノテクノロジーが支配するミニマルな洗脳と戦争の間に捕食されるネットワークから破壊神がうごめく創造的な荘厳さに卑劣さを生み出すだけの価値に反し、この老いぼれるだけの身体を除外し、精神は一貫した永遠を貫き、この生涯や存在などは、ただ障害に変わるだけに至り、この失速せずに走り抜けるだけに身体がばらばらになる喜びや、よりどころを持たずに乖離していく精神の歪んだ構造とコギトに反する永劫とエゴイズムと統合を拒否する整合と端くれと悶絶とアウトローと路上の臭いといたずらな痛みに懐疑的な闘争を持ち込む戦争的な論理から、照合されない痛みに距離感を嬲るようなサディズムから、淫蕩な景色に形式を求めるだけに幽遠にはびこる道理から、理想を離別させるだけに融合を繰り返し、愚生を歩き、複製されるだけの真理に暗澹とした終焉に引きこもりながら、隠遁していく精神は輪唱していく真理を爆砕し、高揚する感覚にライオンの口の中で瞑想しては、明浄な時に開ける意志が敢行し続ける抵抗から、昏倒していく意識の過程に君の軽やかな香りがロマンを運び、詩的な意志を含ませ、先々が縫合され、新たな道が生まれる頃には、孤独の毒素は抜け、ただ孤独を愛し、華やかに運び出しはき出す言葉が、正しさを用いず、ただはき出されるがままを楽しむ事を知り、ビックビートにゆられながら、三半規管をいじめ、柑橘系の雨が降る故郷に潜りこんだ感情をさそいだす君が接続詞に変わり、詩に新たな作用を引き起こす。普遍的な家族というモデルケースが作られ、従うべく、それこそが、あたかも幸せの如くふるまう朧気な泡沫に迫る鈍痛にこころが赤々と近づく。堡塁で囲われた精神の経路を見つける君は、まだ恐れを用い、何事をも受け入れるだけに膠着するのか?