時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

揺蕩う朝

意識は革命的な原理を携え、従事せずに、十全たる自らをたどり、意味から離れ、断続的なジレンマを流し込んでは、和む先々に名前すら捨て、最たる今に突き放す面影から、カオスと過去とが咎める今に収斂されては、截然たる現前に加工されることに権限や、還元されるだけの意味を用い、止めどなく配される意味から欺瞞を携え、超然としていくだけに移行していく今に深まる全容に交換される意識から過去は孤立し、現存する意志すらも虐げられ、用いる理由に支配されるだけに感冒を促し、咳き込む今から欺瞞があふれ、エクソダスすべき人類も同じ意味に同調するだけに利己的な支配を配下にし、蝉蛻する意識は浸透するままにさえずる記憶に臆することに置かれるだけの不満足がため息をまき散らし、痴態をを演ずるだけに排斥される意味に進行する印象が頭痛を運び、昏倒する意識が憂鬱に染まるだけに最たる意味も奪われるだけの観念に関係を移行させ、憤懣をため込むだけに旅路をかき乱すほどの痛みに補填される今に去りゆき、現行に課せる意味すら不満をため込むだけにためらう位置から意味は奪われるだけに主体や主観を奪われ、猥雑な意志に支配され、死は我を飲む込むだけの自由を多量に運ぶだけのエンドルフィンをまき散らかし、麻痺する愚鈍な身体が快楽に犯されることに置かれる意味すら快楽的な趣味趣向から偏執していく性質が、心象を濾過する攻撃的な現前に利用されるだけの過去から焦がれる意味に憤懣をため込み、呼吸をたどるだけに堆積するギミックから、利用される論理から理論武装するだけに相続する論証との差異を促すだけの答えから、論議は加工されるだけの答えを謳い、それを論破するだけの権力的な技能から受動するだけの意志が依存的な関係性に陥るだけの加工品の愛から、交換される愛は変容し、分裂的な焦土で踊るだけの議論上の道化と化することに置かれる君すらも傀儡と化するだけの苦痛や苦悩を促すだけの蠕動する機械へと配信されるイデオロギーや位階を放つ秩序の差別的な意味から移送される本質は、錯覚や幻想を運び込み、何も見えなく聞こえなくすることに昏倒し、根幹を腐らせ、鬱積する事実が腐りきり、管だらけになりながら、剣呑な自決を繰り返すことに置かれる自我が促す自己とは、この身に置き換えるだけに混在する存在に蝉蛻すべき意志を用いず、求めるだけの欲望から、欲心を促すだけの動詞へと移行することに能動していくだけの本質は真実を朧気にし、専念すべき勉学から、利用されるだけの勉強へと交互する意識に譫妄を抱えさせては、幻想的な利口さに結ばれる根源が促す浅薄な答えばかりが大量生産されるだけに本質は濁されるだけに至らせる境域に狂気を用い、模倣すべき事実すら本質を見失い、ただ思想的に偏るか、偏執するだけに批判的に陥る自己否定を執り行わずに、いいわけがましく嫉視を繰り返すだけに至るケミカルな意味からクリミナルな空間から、簡素な自由から搬送される嘘と利用と自由との関係に根源は凍てつくから焦げ付くかし、届く頃には、凍えさせるか、燃やし尽くすかに陥り、頒布される頃には、反駁せずに、そのまま鵜呑みにし、用いる知は、肩書きや名前として利用されるだけに社会的な嘘に交換されるだけの権力に交換され、加工されるだけの品位が学歴に利用されるだけに器用なものこそばかげた理屈を放ち、利用されるだけに至らされることに気がついたとしても、その利用されていることを利用するような器用さでもって、自らを倒錯させ、騙すことに置かれる自分すら超越するような狡猾な者こそが、世界を支配し、社会を作り上げるように捏造する先々に最たる意味も小さくまとまるから、このような世界と定理と社会と定義を引き裂き、自由気ままに乱反射する太陽と事象を交換し、高揚する意識が自己犠牲的な釈明を続けるから、そんなものは、自傷的に至る依存的な麻痺なのだ、と愚鈍な政府などは、愚行に陥るだけあり、従うぐらいならば、この身体はバラバラになるまで、超現実主義的な提起と敵意でもって、この世界などは、宇宙のサイクロンに放り投げ、確たる意志でもって昏倒するままに前衛的な意志で示唆する先々に抵抗するだけの予感と予言と公権や私権や解釈すらも超越するような貧寒さでもって、用いる全容に標記されるものすら要らず、至らぬからこそ、この命は姑息なままで孤独な者でも超えることを知り、超えることすらも超えることに置かれることにすら置かれず、ただ過去はここを示すだけの分裂を性懲りも無く漠然と反復させ、永遠を現時点と現在に課せるだけの枷をはめるだけに枠内に陥るだけの形に権限を移すような未来などに打倒すべく反抗的な意志とは暴力を用いず、マントラを唱えるように綴る意識に宇宙たる観念の外延を走る概念すら要らず、概観に至るだけの関係に貧するだけの価値に至らせるものに与えられる有無にすら不潔だ、と伝え、この私は、意志を用いずに浮遊するような者です、と者とされることに用いられる関連すら神と結ばれず、ただ引き裂かれ、焼き尽くされるほどに創造性は創るためだけに、この脳内を光速でうごめくのです。意志とは水であり火でもあり、有る事に置かれる有するだけの義務から離れ、ただ浸透する水と、燃えさかるほどに動かす火と共に超克し続ける愛しい思惟を反復させる限りに運動的な永遠が現れるエントロピーが相互し、物事に熱量を伝え続けることにより、旋回する意志は展開される限りの意味を今に吐き出し続ける崇高さを数秒で飛び越えるの、だ。