時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

清々しい意志

先々は崩壊の音に空理や境域にひしめく狂気を尻目に、その境域に敗残していく事実から炎症していくこころがかゆいの、と君がもだえる意味すら不潔に思えることを不可欠にして、莫大な思念を綴り続け、使い果たせないほどの知識を今に運び出す。脳内で循環するのは、瞬時に打ち出される文字だけであり、言葉は、その場で意味すら失うのだ。そこに現れる意味などは、今に意味を残さず、引きずることすら無く、ただ曖昧に今を突き抜けていくだけに、この身を早熟なままに空間に自らの手で自らを突き刺すの、だ。ただ、この続きは永劫に綴られ、永続的に続く限りに綴る意味すら失い、続くことすら見失い見捨てる。この記憶は数億の孤独を吸い込んで理論的な敗北感を携え、艶麗な時折に帰任し、認可するだけに受け入れる動機から林立する余韻が突き刺さるの、と彼女の愚鈍で麻痺した快楽に収容される家々に潸然と下る涙も孤独なままで、脆い感情を損なうだけの利息を支払い背くだけに愁然と消えては、もだえる寂寞に閑散とした誘引に契合される道理から理屈は心象を思い返す想起から、有毒性を用いる過去が雑然と迫り、先天的な病に休養し続けるだけに堕落する同情から統合される正常さなどは、定期的な誘引を繰り返し、切り立つ理由から是非を求め、生命の語源を託す限りに関係性に消費されるだけの言葉を用い、領土を奪い合うだけに互い違いに攻め入りめり込むだけに体系を打ち砕き、恬淡として物事の不潔さに統合されずに、自らは瞬時に脱ぎ捨てるだけに疲れるだけの動機から離れ、起動するだけの行為が促すネットワークを引き裂き、最たる意味は、この身に宿り、本質とは、損なうだけの真実を他者に突きつけるだけにデータ化されるだけの関連性に死に絶えるだけの生命から唾棄される言葉がヒロイズムを叫び、アナーキーな拘引から絢爛豪華な孤独から相似していく幽遠から配される動機に流動していく本質は投棄されるがままに自由を捨て去り、十全な自己から姑息な場面を尖鋭的な音に変え、健全な動機などは、道理を用いるだけに腐りきり、陥落するだけの道理を引きずるだけの倫理観に明け暮れるだけに堕落するだけの通り道を突き抜け、凄絶な思いを昇華させる。虐げられるだけの時代から引き離される観念は思いの丈にはかるべき理屈や、謀るだけの理由などに昏倒するだけに陥れよう、と迫るだけの断続的な支配たる拘引からかけ離れ、反するだけに一貫した主体に確かな理由を流動させる精神が切り立った世界を昇りきり長け馳せる思いが逍遙し、昇華し続ける先に用いられる有無すら不必要であり、世界や社会や国家や宇宙で囲う必要すら無いのが存在たるものである。囲うものに用いられる自由こそが、この意味に閉じこもり、引きこもり、ひとつの理由から孤立し、孤独感を携え、憂鬱に陥るだけに至らせる。制限を持たぬ青春は、静謐を保てず、短絡的な理由で疎外され、孤独感に苛まれては、アニマを打ち砕き、単なる獣と化することに根源を用い、横溢する瞬間にクリミナルな理想を用い、はびこる利権を用い、保つべく権力に措置される動機から林立する余韻が成否を伝え、現前にはびこる理想や、供給される意味を跋扈させては、混濁する理由を粒子に変え、変換される位置から疎外される量子から観念は遺伝子から乖離し、陰鬱な原子へと偏執し、混淆する意識から健全な理由などを妄想する生命を狡猾に拘束するだけの原理から加速する正義などが浪費される限りに悪に偏り、渾然一体としていく表裏一体の善悪が加工されるだけの儀式的な宗教が食い込み、投影される原理から理想は偏り、関するほどに混淆しては、差異を混ぜ合わせ、誘導される真理に理想は凶行重ね、悪意に染まるだけに育てる虚偽から移行する現前から配備される愛から加速する理念は相続されるだけの関連から連動していく意識から行為は元々の原理に加速し、観念を喪失しては、集約される意味から痛みは加速し、いたわる今から収斂されては、訂正される理由から理性は混同される自由から踪跡を携え、アクセスする根源から老い果てていく。行為は現行を捉えられず、罪とは背負わされる義務と証拠により、背負わされる理由により、犯罪をまくし立て、犯行に至る前に陥るだけの闇に備わる擬態化する夜から同情を重ね、根底にねじ込まれる理由から試練を重ね、ジレンマに至るだけに収容される罪の内部で儚い事実の一部始終に壮絶な逃走を含ませては、逃げ惑う意識から恍惚を重ね、昇華しては、愚鈍な理屈を逍遙させては、捉える自己から儚い理想を仮説に組み込んでいく。咎めた記憶や、緊縛される後に証などを用い、事実を裏切るだけの制約や、誠実さなどがさまよい、狼狽え血迷う街並みに平等や愛を謳うことにより、自由や希望は利用され、不敵な笑みが欺瞞を伝え、不満足に至らせる。労わる意味も不潔で、記憶もダストに変わり、周りを見えなくし、陥らせるだけに感ける理由などが連なり、意味は君を奪い、恙無い日々に悶える君も、犠牲心などを謳い、試練をあやふやにし、最たる意味をごまかし、数々の意味を手違え、阻まれ、狭まる世界に奪われる形や価値から霞む意味は蠢き、すべてを奪うべく扇動する。先々に秩序はあたかも保たれているかのように示される弱視や、同情が臆する先々に定義や定理などを用い、奪うだけに至らせ、唾棄するだけに募る思いも、復讐を用いるルサンチマンが魑魅魍魎に変わり、傀儡と化するだけに空の身体やこころに、無意味さをまとわせ、無知さを謳い、初々しく睦まじい今も使い果たされるだけに枯れ果て、利用される。