時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

深夜の傷口

空間に依存しては、瞬く間に乖離する。ふさぎこんだ命は、帰る意味すら破棄し、佇む今を超越し、静謐に寄り添いながら、長らくに迫る言葉を頼りに、既読される運命を即座に翻しては、自らに飛躍し、何事をも恐れぬように、突き抜ける合間に、確かな意味をこぼしていく。姿を変えて迫る闇が瀰漫し、物事の満足を謳い、万物を服従させよう、と自由を使い、誰彼構わず支配する。黙読される秘密から、乖離していくシステムのトラウマから、リベラリズムが謳う原理的な終幕から、終末論を飛沫させるペシミストなどが裏通りを支配し、背景に生じる由縁に織り込まれ、巨大な襞と化する現時点から、即座に俯瞰に深まる不当な意味合いから、転転と恬淡な理想を孕んでいくだけに、行く末は観点を奪い、損なうだけにたぎる永遠に姑息な理由を染みいらせては、短絡的な疎外を繰り返すだけに受理していく物事に臆する事無く、悲劇的な今に敵を作り出すのは、己のこころであるのだ、と妥当な意味合いを滅ぼすだけに必死な輩が支配する無記名な世界などにただれていくだけの惰性な関係性に形骸化するだけに外観にほころぶ理由が散じ、生じる要因が迫るころには、この余韻は、次々と迫るだけに狭い価値に瀰漫する意味を曖昧に差し込んでは、定理を逆撫で、管理下に置くだけに一過性の事実を史実に組み込み、短絡的な耽溺に至らせるだけに蝕む清逸から、幽遠に注ぐ恋心や、空間的な服従を真理に結び、無数の意識が浮薄な理由を相続するだけに陰る命は、ただ捉える意味すら蝕まれ、用いる是非に進行する占有するだけの意思が、譫妄を携え、ただ咎めるだけにぼけていく関係に陥穽を授け、ただ罠を与え続けるだけに、曖昧な心情は、統合されるだけの答えをむさぼり、供給される猜疑心に定期的な恐怖を促すだけに至るだけの関連に道理を用い、誰かを支配するだけの動機を持ち込み、ただ倫理観をリンチするだけに至るような一過性の一般論から、浪費していくシステム的な改ざんから、敗残していくだけに滅び行く静謐に捉えるべき映像も、ただ用いられる事柄に欠けて行くだけのニュアンスに正義を用い、犠牲心をあおり、曖昧なマインドに整合していく言葉が固執していくだけに至らせるような正義に因子を用い、投影される理由に即座に反し、ただ臆する事無く、この何事にも、何ものにも染まらぬ事だけに真実すらもいらず、ただいぶかるだけに用いられる定義に批判を繰り返し、圧縮される過去に枯渇するだけに衰亡していく関係に理想は生じる由縁に逃避を繰り返し、寡占されるだけに加工される現在に悲惨な理由すら雲散霧消し、残りものも卑屈に終えるだけに受理していく理由に幼気なものなど失われ、生活に囚われるだけに因果に固執し、この命は、生きようとする事に重点を置かず、生きる事に追われ、ただ屈するだけに終えるだけの弔いを今に築くよりも、今に気づき、何が必要であり、何を創るべきかを御身に授けるような強さを今に送り込み、貧寒な時代に慈愛を重ねるよりも、奏でる今に浪費していく印象を引き取り、引き返す今に引きこもるような要因に隠遁していく今にも、閉じる因子に深まる原因は、こじれるだけの意図に備わる意味合いに不潔な動機を転じて行けば、行く末に希望すらも誹謗中傷が備わり、画期的な閃きを失い、クリエイティブを喪失し、ただ損なうだけに陰る命は、意味合いを失い、ただ鬱積するほどに愛を履き違え、ただ破棄されるだけの関係に殴打を重ね、横溢していく思念は、ただ象徴的な関連に卑俗なものを持ち込み、ただ捉えるべき確かな愛も、密かに耐える事だけに観点を置き、応じる答えに羨望を繰り返し、明かす意味すら、君の痛みを疎外するだけに損なうだけに陰る本質に途絶えぬ痛みを放り込み、君を意味の中で屠るだけに終える行為に明け暮れる今から即座に繁栄していくネガティブな本質から、醜状をまき散らし、蓄積される痛みにノイズが迫り、ノスタルジックな心象に逃避していくだけに途端は織り込まれるだけの悲劇を次元に呈し、原子から輪唱していく自らの神話で破壊していく世界に世界をまとわせる途端に、ほとんどは邪魔になり、成り代わる今に沿い続ける関係に行為は引き取るだけに陰る本質から、生じる由縁にこじれていく意図から途端は、葬られるだけに厭う原理に確執をため込み、受理していく苦悩が能動しては、背反し続ける限りに陰らぬ本質は、何事にも麻痺せず、君が逸する限りに駆け抜ける自己から相互依存していく精神的な縁から、淵源に潜む母体から乖離し、理解に回帰し、演じる事に消費するエナジーに卑俗な淵源に規則を生み出すだけに規律に改ざんしていくシステム的な何かは、ないがしろにされるだけに火消しに追われ、ただ横暴な思念に相続していく観念が、短絡的な快楽を追われ、ただ汚穢をまとう清純からまどろみ、ただ慢性的な痛みに乖離していく生涯から、正道などは生まれず、ただ用いられる物事に摩耗され、ただ慢性的な痛みを抱え、飛躍すべき今に用いられる善悪に左右され、ただ最たる意味を知らず、自己から抜け出せずに、ただ用いられる人間に人間たるものを着込まされ、ただ着替える事すら恐くなるまでに従う本質は、元から備わるマゾヒズムに支配され、ただクリックされるような人間に陥り、そこに位置を用い差別化していくだけに指定される人間などに、人間は支配されたがる。