時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

なにものにも染まらず

愛は、もとから持っていなかった。もとうと、必死にもがいてみたが、もとうともがくほどに、つかめぬものだ、と気がついたころには、すべては過ぎ去り、今にも硬直し、終わりを待つだけだ。ただ待ちわびる終わりがニヒリズムと笑い、交錯する母体の彼方で理論を失い、ただ錯綜する低劣さに屈従するだけの薄ら笑いが交差し、端的な理由に耽溺するような輩が支配するだけの理由が後続し、行き交う自らも、ただ怯えるだけに至り、結末に交わり、ラディカルな意思で建築する行為に基づく範囲に屈従する限りに陰る命は、動機すらも見失い、ないがしろにする今から交わす事柄も、投影される物事の端くれを食い尽くすだけに朽ち果てる要因に陰る結末は、短絡的で安易な物事を押し広げ、悲劇を追考するだけに明け暮れる苦悩から、能動する意識は受理される今に用いられる愛にもがけば、もがくほどに、思いの影と崖に立ち、かけがえのないものに気がつかず、結末に陥るだけの影と腰掛ける思い出も、思考回路の中にカオスを運ぶだけで、今が現実か? はたまた苦悩を促すだけの窮理に迫る転換期から、過疎化していく意識に捏造される真理に観点を奪われ、関係性に制度を用い、規律で締め付け抑止するだけに陰る命は、短絡的な動機に単一な行為を含ませ、欺瞞に至り、不満足を促し、ただ有する欲望で支配するだけの関係に熱意を施すかのように騙す可能世界の中で道理を見せつけるだけのモラトリアム人間が継承する動機から破廉恥な刹那に接続される掛け違える意味から加算される原理は、ただ欲望に支配される限りに失踪していくだけに至る人間的な軽薄さを重ね、ただ浅薄に支配され、駆除されるべき人間とは、ただ卑賤な理由に気配を隠し、ただ促される限りに売りさばく身体から空白を生み出すだけの権利に牽引されるだけのフォースは一点に集中せず、ただ分裂し、錯綜する限りにその結ばれる無数の線すらかき消すほどに逃げ惑い、可決されるだけのフォースが権力に変わる前に、ただたちまちにあふれる意味に域を用いず、ただ有する限りに苦悩を重ねる影は、用いられる事に横溢するバビロン的な支配に抗うべく、一貫した闘争をひとりの戦士として受け取り、暴力に効力を持たせず、創造で撃ち抜く先に尊い事ばかりが攻め入り、生命を測るものすら無くなり、ただ自らが生み出す善悪に権利はいらず、自ら生み出す価値に見出すべき真実も、ただ外側から侵され、ただ浸透する悪意だけに牽引されるだけの幼少期を超え、酷薄な思春期の毛色を変えては、短命な意志で突き抜ける、この生命とは原子と原理に惑わされず、ただ中空を切り裂く尖鋭的なものであれ、と敵意とはそこかしこに跋扈し、訪れる者を傷つけるだけに至るから、昇華させるべき今に暴力に陥る事無く、ただ飛び越える事を教え、押しつけられるほどに抑圧されるだけの現在に顕在なものは何一つ無く、ただ無くなるものばかりが終末に掌握され、ただ用いられる事に去りゆくだけに屈折し、同化するだけの意思は、ただ用いられる概念を応用しては、自分のもののように支配するだけの意識に高次なものは生まれず、ただ行為に基づくだけの浅薄な理由で線引きし、おざなりな意思で意味を買い取り、ただ回答も待たずにまさぐるだけの理由に高じるだけに誇示する自己顕示欲的なナルシズムでなれ合いを深めるだけの意思などに膠着する自己こそを取り除く事に支配からの脱兎を願うだけの内面的に沈む祈る手をほどき、ただ立ち向かうとは、創造に至らぬ限りは、その構想とは、既存のものにとどまり、とどのつまり、その枠内からはみ出せないから未来は見えず、今すらも今に消え入るだけに永遠性すらも損ない、その場に陥るだけの恒久的に措置される疎外に抗わず、ただ現れる物事を測るだけに波形を与え、経路を奪うだけに形骸化していく関係は、可決する理由に流動せずに、ただ横着に膠着する限りに陰る本質に求められる真実にイコールしていくだけに生まれる答えにもまれ、ただ安心安全の神話に折り重なる行為にオーガズムを求め、織り込まれる意味の檻に入り、枷を嵌められ、世界に騙される、と促す限りに世界自体に拘泥し、ただ抜け出すべき概念に反さず、ただ従う限りにモラトリアム人間を生み出すだけに切り刻まれる心身は、対立するほどに戦意喪失し、ただ促され、即される限りに依存し、傀儡化していく事こそが、正しい事のように昏倒していく限りに陰る本質は、ただ邪推し、同調する限りに陰る本質から、真実を巻き込み、奔走するだけに欠ける命に低俗な真理を吐き出す限りに欠ける本質は、ただその欠けた部分にあわされる事で昇華に至るだけの浅薄さを用い、用いられる事に接続される事すべてに快楽を求め、ただ損得勘定で支配するだけの気配から察知する動機などは、ただ酷薄な道理に至るだけに肉薄する現在に拮抗すべき正しさも見出せずに、その場で駆逐されるだけに至る。