時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

創造性

孤独を育て、意識を転換する。価値観の崩落を傍観し、主体性の終わりが一斉に爆砕し、離れ合う意識が観点を失い、横溢する意味が傲慢さを悟り、有する形に求め合う意思が倦怠感を引きずりながら、孤独に苛む今が交換され、邂逅を求め、用いる言葉にみちみちる意味が緻密につながり、攪拌される現在に点在していく意識が色彩を失い、漂う意識は、自らの内で交換される事柄だけを本質として捉え、導かれるままの可憐さに連動する意識が意味をつなぎ、求め合う形式から放たれ、落胆せずに、関する合間に落とし込む愛から、過酷な理想を謳うだけに、関わる前衛的な余韻から、保守的な流れから、舗装されるだけの真実を歩き、諦観するだけのニヒリストとして、都市間や大陸間を横断する合間に固執するだけの境目から、多目的に流動する意識は、自我に空洞を求め、他者からの意識の敗残者として、苛まれる身体を今に蛇行させ、こじれる間に包容される物事と行いの論点をすり替えるだけにすり込まれる意識は、いぶかるだけの言動に固執し、こじつけられる道理から、理想は陸地を失い、そびえる意味や、論証される義務から衰え、籠城する意識が孤独に嵌まり込み、廃物と化する愛が完全性を失い、喪失感に漂い、屈折したアナロジーを打ち砕き、兌換される観点から、逃避し続ける主体は、存在自体を損ない、最たる意味を失い、残影をたずさえ、しのぐ思いがこぎ続ける自らの孤独の湖畔から、反映する意識に転じて行くモノラルにこもった音が孤独を押し上げ、暗澹に引き込まれる。

恒常的な孤独は創造性を引き出し、意識の構造を破壊し、破綻した意識が聳立し、陰湿な支配をくぐり抜け、けだるく悶える現在に遠因は無く、ただ今に生まれる意志だけが獅子として、途端に捉える意味を引き延ばし、万世になびく言葉が君を錯綜し、意味に不機嫌さを残し、加工される品位にほの暗さに本能を拡散し、攪拌される意識は、姿勢を失い、滞るだけに干渉し合う現在が、偏在していき、行き違う意識は、薄命な時を捉え、意識の濫觴から、苦悩を取り込む次元をさまよう初期宇宙の原子を取り込んだ遺伝子構造から、攪拌される現在に求め合う愛から、放たれる症状に異質なものを取り入れ、統合される答えを分解していくほどの独創性だけが、道理を打ち砕き、果敢に挑む意志だけが、力の乱用を押さえ込むだけの意志からも離れ、配備されるだけの答えに利用される貧寒さにかじかむ心身を閉じ込めずに、高揚するままに創造的な舞台へと急ぎ、異物感を抱える以前に帰り着く問題から離れ、完結する前に飛び立つ意志が意味を突き抜け、閉じこもった意思を今に解き放つ。

無駄なものばかりが汎用され、無駄なものばかりが、氾濫する現在に提出される原因が、刻々と浪費されるだけの今に緩和せずに、関わるほどに孤独は増すばかりであり、仮称される今に定理は過酷な労働を強いられ、詩的なリズムを取り戻さずに、統制されるだけの原理に理想を奪われ、利用されるだけの価値の家畜として欺瞞を孕まされ、食わされる餌は、与えられるだけの義務感にさいなまれるだけに堕落していく主体性は、正義を静謐に守ろうと勇敢に挑むことから移行していく礎としての精神の欺瞞や、犠牲心をうながすだけに奪い合う幼稚な戦争から、占領される現在は、展延される意識が、全体主義を覆い、衆愚を詩の遊具に変え、独占されるだけの過去の身体を駆除し、空席を埋めるだけの論理に膠着せずに、固執する動機が厚情を用い、モチーフとされる苦しみを繰り上げ、意識を細分化せずに、拘留される状態に麻痺し、愚鈍な意識を抱え、意味合いに膠着するだけの鈍磨で貪婪な浪費を繰り返しハッキングする量子的な観念に固執していく意味合いが、近因を捉え、形態は崩壊し、加算される原理から、偏執していく意識の孤独から、嵌め込まれる意味に陥る偶像から、誇大妄想を抱え、ただ恨むベクトルから、贋物の真理がおののき、投影される欺瞞から、接続される曖昧さに疑問を投げかけ、緩和を求め、散々な動機に無数の真理は、契合されるだけの浪費的な観念の概観に押しつける概念を泰然として捉え、対比される善悪を飛び越え、応じる答えに反し、関する合間に悠揚と揺らぐ本質だけが、真実を宇宙よりも先へ敷衍させ、不可能なものなどは無く、測られることも、測ることも無く、その場で落ち着き払い、支払う義務すら無く、淡々とうながすことから生気はあふれ、不屈なものから、強要されるだけの義務化を取り払い、導かれるままの意志で意味を紡ぎ、陰鬱な衝動性をかき消し、加工されるだけの同意から放たれ、蔓延る意識から、意味に転じるままの要理を壊し、創造性だけを育てるような仕組みこそを打ち砕く。