時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

位を持たずに叫ぶ歌

物事を深く洞察する。静寂も呼吸し、問題を解き明かす脳内が閃きでうごめき、弛む事無く瞬時に長ける思いが荒ぶる意識を旋回させ、答えを持たぬ朝に帰着し、刹那にとどろく意思が朦朧としながら、もだえる意識は、その場でのさばるだけの値に反し、関するままに消え去る意味を咎め、配される愛に緩徐な意味を伝え、滞らずに寂れずに描く真実に堅実な意思を伝え、淡々と領域に報じる意味が包囲する季節を捉え、咎めずに至る原理に注がれる意味すら、徒骨に終わり、応じる答えが、献じる意味すら不安定に至り、関わるほどにかかずらう意識は、延々と備蓄する本質に至るまでに浸透する無秩序な観念から、倦怠感をあらわにし、淵源に果てる思いが似通うだけに互いを緩衝させ、転転と急ぐ思いが汎用され、季節感を封鎖し、氾濫していく意識が期月をむさぼり、短絡的な動機に至るまでの道理に統合され、倒錯する真実にみだりに描く物事が、今を拘束させ、交錯する意思は、頓挫するままに時代的なものに覆われ、事実を喪失し、損なうだけの影として、関連する状態に利己的なものを与え、ことごとくに頓挫するだけの時代性に組み込まれるだけに果敢に挑む事を忘れ、わずらわしく同調するだけに明けくれ、組織的なものに囚われ、隷属するだけに浮揚する事実が苦しみを携え、空虚さを謳い、逸する事に至らずに、耽る今が恬淡に浪費していく思念を謀殺し、専横を極める周囲が、洗脳を繰り返し、理想を供給しているかのように仕向けるほどに静まる意識は、陰鬱なものを抱え込む。

性質と夜に反し、かすがいでつなぎ止められたこころと身体がバラバラになる手前に流るる血が、淵源にとろけ、熱情を繰り返す字余りな余韻がジェンダーの終わりを告げ、償いを謳う花火が反映されるだけの事柄に祝福を謳い、道理を結ぶだけの浅薄な倫理観が、かすむ夜の要因を拘束し、言葉も無くふさぎ込む静寂に堅実な意味すら牢固たる意思を喪失し、与えられる答えを栄養として受け取る意味に危難を用い、ことごとくに負債を抱えさせるだけに居たる憂鬱に支配されずに、探す意味とは、底が無いものであるし、探したとしても、途端に夜の深さに消え去る俯瞰が、空間的な憂鬱を引き延ばし、今に実体を持たずに倒錯するだけに用いられる物事の等差が、おのおのの苦しみに動作を与えず、混乱と膠着を用い、枯渇する精神が正式な事情を喪失し、相互交換されるべき愛も、交流を忘れ、行程を失い、行間に凝り固まり、懈怠するだけの懐胎されるべき問題も、通り道を失い、統合を強請るだけのこころがふさぎ込むだけに風化する意識が陰鬱な衝動にアンチテーゼを重ね、あいまいにつながれた意思がことごとくに偏りを示し、安易な憂鬱に支配されるだけに芝居じみた事を謳い、うねる意識は、安易に互いを飲み込み、用いられる愛すらも飲み込み、愛した意味すらも飲み込み、要する形に接続されるだけの観念や、概念に関わるほどにほどけぬ意思が、施されるままの意味に閉じこもり、陶然たる様相で容易なプロセスや、プログラミングに関わり、重なる意味に閉じこもり、投影される物事のモニュメントとして生きた化石として、あるいは世界的な異物として域を這いずり、介する間に夜はほどけ、封建的に描かれる事実が、この事実を膠着させ、格子を作り、小さな空間に閉じ込める間に愛惜をため込み、哀切に封鎖される思いがいぶかるほどに魯鈍に描かれる事実が、採否を下す間に、こじれるだけに蛇行する意味が今を閑散とさせ、ちりばめられる意志が燦然と輝き、力に反し、大きな流れに飲み込まれず、自らちろちろ流す涙が、あらゆるものの潮流として始まりと交わり、自ら源泉として流す間から、間柄は深まり、物事との仲立を終え、供給する愛に価値や、需要と供給すら無くなり、そこに生活などを賭けずに、徒労に終えるだけの関係に経過するだけの理由すら与えずに、ただ続く限りに動作する思いが、投下させる意味すら不安定な様相を携え、捉える意味すら得るものに対する苦しみを与えるだけに満たず、満ち足りないからといって、互いを咎めるだけに打開する理由も問う是非に途絶えるだけの意識が印象にとろけ、捏造される本質が、貧寒な理由を伝え、つたない思いを機械的に促し、運動的な動機が答礼を繰り返し、理想を恐々とさせるだけに一切の帰結は、こしらえるだけの安易さに偏りを示し、偶感を訪ねる意識が、一切の要理を突きぬけ、追憶に馳せる思いが、ことごとくの試練や、ジレンマを飛び越え、桃源郷へとなびき、老子的な世界観で世界すらも超越し、正解すらもあてがわれるだけの無意味さに撞着するだけに至らせる悲劇を持ち込むだけに終える。