時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

永続的な思い

応じる答えが勇躍し、数々の思いの軋轢に反し、かかずらう動機から、隠語を用い、モチーフとされる詐欺まがいの言葉たちがだんだんと迫る余韻に掻き乱すだけの贋物の価値を用い、妄想的な観念が、限定される思いに統合していくだけの事を等位に変え、いとわしく結ばれるだけの関係に不当な意味が混じり、慢性的なペインに変えるだけに忍ばせる動機が融解し、感動的な出会いへと、ないがしろされた思いに私利私欲なものにひた走り、構造的なものを偶像崇拝すべき贋物の神として設置する限りに、指定された義務に硬直し、錯誤する意識は、エラーを繰り返し、メルトダウンに至り、未熟で誰をも傷つけるようなものをばらまく辺りから、俯瞰は、感覚的なものに傲然とした既得権を用い、求められる事に配られる紙幣たる汚物や、貨幣たる独善的なカルマや、仮想世界を屈辱で染め上げるだけに、他面に現れる愚行から、台詞じみた様子を浮かべるだけの空虚な差異から、惨憺たるものを抱え、言葉に融合されるだけの行為に現存するだけの理想をあいまいなものに重ね、応じる物事も、この場で行動を抑止され、動揺を繰り返し、おどろおどろしい思惟を抱え、関する間に暗鬱なもの成立させ、用いられるものに支配され、信条に投函された誰かの愛が糜爛に変わり、緩衝するほどに、互いの依存心だけが、異常な性愛へと変貌し、異常な世界に移住するだけに、陰湿なものを抱えるルサンチマンへと偏執し、統監されるほどに管轄として中央集権的な自己から、ジオラマ的な世界に滲む征服欲たる独裁者的な主観が、物陰で戦き、成熟しない感性は、加工された義務に事務的な催しを敢行し続ける限りに姿勢を失い、失意を抱え、センチメンタルな様相に固結していくだけに中腹でこじれる安易なプロセスに欺瞞が重なり、かさばる思いは、悪用されるだけの思想を用い、思考停止に至り、カタトニーに変わり、閉鎖的な思いのプロットが仰仰しいものに虐げられ、即座に物語にペシミズムが横行し、雇用されただけの、物語の終焉を謳い出し、自らに苦痛を与える事に置かれる事に弁証法的な討論から、統合されぬように高尚に至るべく、意味合いに近接するだけの答えに惑わされずに、どこまで自分を昇華できるような創造性へと転換していく動機から、思いは、どこにも従属せずに、専横されずに、専有せずに、強制されずに、どこまで自らを高次に至らせるかに加える動機が偏執しないように、入り組む思いに組み込まれる思いがフリーズしても、優雅に待つような寛容さこそが、この姑息な思いに反し、敢行する意志だけが、意味を飛び越え、被る先に歪んだ征服欲で絡め取るだけの愛を奴隷化指せる以前に、そのままに備わる確かな愛だけが、あいまいな意味を飛び越え、投じられる言葉に支配されずに、陰鬱な衝動に間違いを改めるべく、緩慢なものを超越し、延々と続ける先に見違えるような意味を見つけるべき目を育てるべく、即座に転換されるものなどを、そのまま信じるような事はせずに、洗浄される事を目的に、用いられる事に思考を奪われる以前に逃げ惑う思いが、生じる由縁に確かなものを移行させ、長じる由縁につながる物事などは、今に重なり、瀰漫するほどに邪魔なものになり、担うべきは、何も無く、似つかぬものにこそ、そこで懐かしむ事無く、ことごとくから放たれ、逃げ惑う先に迷いは無くなり、間違いを改めるよりも、この要理に求められる事に導かれるような事などは、魯鈍なものに成り代わるだけで、今に代償を用い、最たるものを破壊するだけに至らせるような道理などが打ち出す道筋などは、ミステリーを用い、物事を計算的に包括し、研鑽し続ける今に至る原理に緩衝せずに、ただ咎めるだけに対象として対抗するだけに、退廃し、退行する意思は、異物感を抱え、感触を損ない、ただ触れるほどに傷つくだけに至り、気づくころには、拘泥するだけに至る意識にいつしかの思いも、屍に変わり、退嬰的なものを体系的なものに接続し、あらゆる懇意をむさぼるだけに、無知なままの君が描き出す粛清から、集団的離脱症状が複雑化した幼稚な理想にギミックを与え、理想とは、環境的なものを高圧的に支配し、信用を謳いながら、疑う事が、いちばんの病を生みのだ、と謳う限りに運命とは、咎めるだけの永久に基づき、その場で朽ち果てるだけの過去だけが、顔も持たず、その場で構築されるものを無表情なままで傍観するだけに至るような強迫観念から、観点は齟齬をきたし、機械的な道理が、あいまいなマインドが毎日に蓄積させる動機が、自らにジレンマを生み出し、その場でしぼみ凝り固まるだけに至るような意味合いから、近未来とは謳われるだけに終わり、今に奪われるだけの空疎な理由に注ぎ込まれるだけの欺瞞を生み出し、犠牲的な観念が環境的な重みを用い、人間的なものの終わりを告げずに、その場で朽ち果てる事こそが、美しいのだ、などと嘯く限りに負荷がかかり、人間そのものに駆逐され、朽ちる事を傍観するだけの乖離的な自己が自らを他者として傍観する事に置かれた諦観こそを乗り越え、人間から超越する。