時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

癒える

 高まるものだけが物語を作り上げ、情熱を伝え、続く限りに狭まるものが形成され、歴史に沈殿する要理に結ばれるだけの惰性な体系に契約を結ぶより、物事の本質へと迫り、狭まる価値に映し出される贋物を飛び越え、とぼしい思いに虐げられずに、世界を加速し、懐郷へと染み渡る状態に昏倒していく意識に清潔感が表れ、暗澹とした物事に世紀的な憂鬱をこぼす論理的な知恵へと相互していく関係から、訝る現状や事実関係を飛び越え、統合されるだけの道理に連綿たるものを結び、無数の意識に制圧される傲岸不遜な者どもの至福や、生後から暗鬱な整合を施され、対立する意思の疎通を目指し、惰性な権力へと倒錯していく先々に現れるゲシュタルト崩壊への道や、無数の意識に制圧され、形骸化していく意識に枢要なものなど無く、ただもたらされる動機が成層圏を飛び越え、宇宙へと熱病を伝え、統制される先々に生活感をまぶし、淫蕩な景色に行き渡るものが、物事を選定し、咎める先に支配的に取り入れるだけに蛇行する意識が高揚し、抑圧される先に見出す未来が不確かなものを超越し、延々と演繹し宿命を飛び越え、状態に加わる圧力に反し、関する間に反発する物事にかかずらわず、解析される言動に余力を残し、段階をを啜り、ガイダンスに従い、違う思いが交互し、凄絶な時にかじかみ、敢行するものに落とし込む物事が凍結しては、しどろもどろになる意識は軽快さを損ない、相似する思いが通り道を作り出し、織り成す思いが生息地を失い、喪失感にゆだねる権力や、迎合されるだけに失われるプロセスに迫るプロパガンダや、リリカルな私情に打ち出される超自然的な解離性や、整容される隙間にハミングする意識的な空間に落とし込む過程から、迫害されるだけに至る印象にこじれる意図から建設的なものが通りを塞ぎ、理解に至る前に用いられるものに陥る原理から、懸隔が生まれ、健全さは損なわれ、そこかしこに現れるものが安易なものを生み出し、打開すべき今に果敢に挑むだけの連続性から、断続する風景に記号を生み出し、昏睡する意識的な交換から、狡猾な動機にせせらぐ暗鬱さにルーツを見出し、無関心さを謳う激情から、簡単なものへと物語は偏向を伝え、追憶に迫る欺瞞から空疎なものに迫る原始的なリミットや、観点を損ない牛耳る先に目指すべき希望も見出せずに、導かれるだけに管轄下に置かれ、現象に退く縫われる身体から欺瞞を生み出し相似する関係に軽快さを生み出せずに、今を凌げず、ただ理想へと偏執していくだけに理性を損ない、安直な始末に至り、訝る現用に果てる隙間から、思考停止するだけに垂涎する意識は虐げられるままに、ままならぬ今を損ない続け、つくづくに偽装されるだけの心理的なものに陥り、横溢する瞬間に主観は定理を損ない、煽られるままにあいまいな今を欺瞞で埋め尽くし、運命的なものに囲われ、こじつけられるものに構造的なものを放ち、問題を答えで覆うだけに画期的な発見を行わずに、創造性すら無く、答えの伴侶として、互いの権力闘争へと陥る先に見つけ出す檻に入れ込まれ、移動し続ける思念は、心象に侵蝕し、神経的な高揚から、肯定し続ける先に見出す未来から俯瞰は空白を生み出し、迫害される真理は、不変を謳い、恒常的なものに変革されては、革命に汚される真実は、現前に長けるもので互いを加工し、口裏をあわすだけに打算されるもののモニュメントに囲われ、コアを失い、相続する意志から、無神経なものに構成されるものが混沌へと至らせ、隠微な面へと移送される真実から、思想は奪われ、ただ思い煩うだけに兌換されるものへと生き急ぎ、観点を損ない、相似する仮面をかぶり、自らのペルソナにもたらされるものが物事の本質に変わり、加工される義務に感性を損ない、生じる運命に定期的な傲慢さを促すだけに支払う差額や、アンニュイなものを相続するだけに退嬰的なものに囲われ、定める意味に見出すべき世界を損ない、成否にゆだねる問題から、用いられる不満から、貧寒に至り、足りないものを儀式的なもので濁す性愛から、安直な犠牲心から、神話的な安心感へと相互する意識的な通過儀礼を超え、苦痛をしのいだ後に迫る爽やかさに差異すら無く、定める意識に高揚していくものが思いを伝い、続く限りに生み出す影を飛び越え、咎めるものすら無く、問題に至らせる悲劇を飛び越え、卑下するだけに至らせる世界に苦痛を授けるよりも、正解に導くだけに体系的なものに取り込まれ、咎められる精神を傍観し続ける先に指定されるものに卑屈になるよりも、今に見つける自由にすらも超越し、ただ映し出されるものなどは、今に消え去り、期待感を孕むよりも、このイメージだけが永遠性すらも超越し、今に浴びる痛みすらも、過ぎ去れば至るままを堪能したにすぎず、迫る痛みも今に消え去り、癒えるものである。