時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

愛した記憶


 言葉は過去を持たず、形に生い茂る先々に不動な思いが価値観を啓蒙しては、散漫な意識に降り注ぐ冷たい意味に破壊される経験を用いるだけの精神論的な拘束から、根底は、飢渇するだけの道理に数理と推移を用い、憧憬に果てる理論的な退廃から、胎盤から与えられる際限無い栄養と影響の隙間から瀰漫する不満足も不安感も遮るような憂いな日々に交錯する意識も緻密な理由にヒロイズムを折り重ね、用いられる原理に整合されるだけの当為から抜け出し、高慢な理由に理念は、用いられる価値により、空しさを倍増させ、示唆するほどに、この位置とは、意図を用い、何かに偏り、寄りかかり、ストレートに何かを愛することを忘れ、確かな意味すら粛清され、少ない意味からすなどる理由に枯渇するだけの季節から応用されるものも、おののく限りの影を折り重ね、応じる答えも、同じ意味をすなどるだけに兌換される形に、この価値とは、廃れるだけに至り、用いられる快楽に構造的な敗者として迎え入れられる無欲さに滾る永遠から、エナジーは、自らの理念から生み出すものでも無く、他者から与えられる影響や、排他的な存在から与えられる力に階級や、侵蝕する意味に遮る位置や、繰り返し執り行われる徒労から、ロジカルな労働から、投影されるものが漏洩される先々に階級的なものを用い、物事を貧寒なものに変え、観点を損ない、そこかしこでこじれる後からあいまいな意味を後続させ、意味を引きずり、同じ位置でおざなりなものを引きずり、引き取る意味すら、俯瞰で深まる暗闇に甘い罠や、あいまいな意図に破壊されるだけの関係性に、愛などは所詮、今に絡まり瀰漫する意味を不満で埋め尽くすだけに至り、失っても尚、離れる愛だけが、本質的な愛と呼び、要する過程に運命的な議論から放出される意味に先々に乖離する動機から判明する意識的な介在に果たされる義務から、組み込まれる意識に精神的な制圧から、抑圧的に迫る現時点に唱える軋轢や、愛した起源に損なう価値にないがしろにする瞬間に負担し続ける意味からギミックは生まれ、失う限りに滾る由縁に包摂されるだけの道理から理解を飛び越え、統制されるだけの帰巣から、理想論的な輪唱から、支配的な動機に抑制されるだけの現時点に道理が、何世紀分もの憂鬱を生み出し、判然と積み立てる意味から反証されるものから祭り上げられる神から、加点されるだけの正義から、犠牲心を促す神の形を借りた人間の欲望から、要する形に観点は損なわれるだけの価値にそこかしこを巻き込み、未熟なままで力を扱うから、間違いを生み出すのであり、濫觴するものに汎称される物事に統合されるだけに兌換される貨幣や紙幣的な兵士として、身体を加速させ、偶感に迫るニヒリズムにヒステリックな義務を空疎な理由に接続し、用いられる快楽の電流でしびれる脳内から、能動し続けるだけに、快楽的な餌を受け取るだけの脳内から、酩酊する原野に蔓延る隔意から独善的に迫る生命的な議題から、擬態化する今から、制限を用い、リリシズムに触れる心情から、創造的に昇華することだけが、唯一の正義と呼び、優越感に浸らずに、逸脱する先々に介するものも、空疎な理由を超越し、正論を用い、何かを攻撃する辺りから、正義とは偏りを用い、自己犠牲を促し、利己的な支配を促すだけにペイを求め、痛みを重ね、敢行される意志に反さず、用いられる意識に同行する先々に介在する意識的な犀利さから、差額を求めずに、自ら打ち出す価値に、何かを買い取ることも、買い取られることも無く、ただ現れるものに反することから、枯渇しない意識は、言い分けがましくうなる言動から、いなす先々に成し遂げる意味すら持たずに、理由に追いやられる起源に用いられる衰退化するだけの意識に悔悟をため込み、対比されるだけの値から、今に攻め入る生命的な悲劇から、起源を用い、悲観するだけの命に位置を用い、痛みに支配されるだけに、悲観する命は、居場所などを求めさまよい、最たる意味を見失い、生きていることなどに理由などを引き出し、引き合いに出されるものから統制されるだけの意味へと偏執していく意識に介在する痛みから、対象とされる意味に差異を用い、邂逅する意識も、端的な理由にそぐわぬものを用い、相互依存的に背負う価値から、荷担する意味は、単価を用い、短絡的な価値へと逃げ惑い、形あるものに追いやられるだけに具現化される犠牲的な位置から、意味を引き取り、貧寒な位置から、今が欺瞞を用い、憤懣へと至る先に切り開くべき意味も、一途なものを重ね、この晦渋な文章から引き出す意味からすべての偏りを無くすべく、記号化し、暗号化する意味から、位置など無くなり、ただ空間に迫る意味に要する価値などを破棄する間にすべての欺瞞などは無くなる。