時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

反映


 補填される思いが査定を繰り返し、何かを測る価値を用い、加点されるものだけを信じ込み、高尚に至らずに、滞積し続ける今に対比されるものから、物々しいものを運び出し、配備される間に正常さを求めたり、清純なものから、あらがう隙間に感染していく痛みが瀰漫し、不満足を謳い不遇に至るだけに裂ける現時点からあふれる痛みが瀰漫し、破壊的なものを受理し、通り抜けていく形態から、体系的に分離する値から、卑劣なものを抱え込み、混同していく域から、陰鬱な衝動をため込み、統治されるだけの原理から、減速していく思いが中庸を求め、用いられることごとくに迫る答えから、退嬰的なものが迫り、聖地を求め、初々しく思う先々で定理を打ち砕き、銀河で形成されるものが問責を繰り返し、同じ答えに徴用されるだけの答えをすり込み、その場で追従し続ける阿諛者が制限を謳い、整合される隙間に現実的なものから投影し続ける余韻に要理は迎合されるものだけを頼りに、互いを咎め、泰然として物事を受け入れ、永遠性を保ち、用いられることに迫る事実から引き延ばされるだけの現実に統計されるものが、本質を騙し、用いられるものに攻め入り、制限を用い、すべてを奪うだけに至り、いたわるべき理由も、訝るだけの現状に束縛され、騒然としていく意識は、自らの声がうるさく、外からの声が聞こえずに、機関的なものに捕まり、つたない思いは、凄然としていき行き交う意味が域にとどまり、現実に縫い付けられ淘汰されるだけに至り、回答を持たずに、退行していく意識は、その場で永遠に引き延ばされ、悲観するだけに至る体系的な継体から、迎合されるだけの王位を受け取り、体制へとこびへつらう奴隷を生み出すだけに、隷属するだけの幸福論から、統合される意識は、精神性を栄進させずに、些細な出来事に絡まり、関わるほどに乖離していく状態から、散漫な思いが解決策をも用いずに、求められる物事に抗い、あいまいなままに瀰漫し、諦念し続けることを捻出していくだけの精神に世紀的な終わりから、おざなりなものが制限を生み、訂正される現在に典型的な痛みを吐き出し、破壊的な意志の徘徊から、退廃的なモノグラムが生み出すアナグラムから、体制的なものに反し、かかずらう意識に宣伝すべきセンテンスから、邪推し続けるジャスティスや、ジャミングし続ける意思が、自らの正しさに瓦解し、乖離していく由縁にシステム的なものや、思想的なものを剥ぎ取り、自らの意思だけで政治的なものを飛び越え、物事に攻め入る圧力に革命的な意思だけが、疎外されることを受け入れ、マルクシズムに浸る現用から、覚醒をめざし、あざとい意識を遮り、苛む思いが瀰漫し、用いられる不満足に乖離し、開眼し続ける先に負担すらも遮り、最たる意味を掴み、伝わる思いが文言を飛び越え、とこしえへと乖離し、懐疑的な思いが細分化し、最たる意味を伝い、分離する先々で最たる意味を伝い、体制的なものから離れ、自らの力だけに位置を持たずに、用いられるすべてに反し、加工されるだけの品位が生み出す倫理的な拘束から、周囲に拘泥していくだけの戦列から放たれ、配備される間に証拠も残さずに、行為に基づき、用いられるものに不安を重ねるだけの思春期の経路から、軽々しい死から生は、正当な意味を求め、善悪を行為に巻き取り、高次へと至らずに、浅薄な意思は、迫害される今から、沛然と促される意味に加工されるだけの品位に加工され、行為に倫理を用い、理由を道徳で尊くさせるだけに滔滔とまくし立てる意味に奉るだけの意味に意思を引きずり、悲観するだけの理由に邁進するようなつくづくに迫る意味などは、位置を用い、地位に酔いしれ、用いられる価値を超えられずに、ただ求めるだけの意味に意思を引きずり、悲観するだけに明け暮れるデカダンな思いが応じる答えのゾディアックを伝い、きらめく星々の意味から、意思は、迫害され続ける不安すらも超越し、徴候に迫る誇大妄想や、広大な意思に普遍性を促し、負担を軽減させるべく、下げられる税率よりも、用いられるすべてに反し、関する内に迫る物事が打ち出す軋轢に背反し、配合されるだけの背景に反し、かかずらうだけの意思に用いられるだけの端的なアナーキズムから離れ、自ら反することに、思想すら関係無く、主義主張すら超越し、ただ反することだけに重きを置き、趣きすら、与えられたものに過ぎない、と前衛的に叫ぶ間に背反し続ける思いは、端的な愛へと帰り着き、帰る場所すら求めずに、この周囲すべてを愛し続け、形骸化するだけのプラトニックなものに疎外されずに、壮大な意志を用い、物事に関わる権限に反し、簡易な権威に疎外されることを、嬉々として受け入れる。