時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

詩的な幸福


 日常に伸びる意識が買いかぶる事実から離れ、間奏に迫るジレンマや、時間的な猶予に跳ねる心情に印象は、憧憬に馳せるだけの偶像的な支配や、支払いを迫る義務から、空疎な理由を解き放つだけに、回線が混濁し、入れ込まれた理念などに計測される距離や、虚偽を放つ口から、ニヒリズムを旋回する意識的な傲慢や、不穏なものを拡散し、攪拌される半径に陥れるだけに、虐げられる革命的な互恵から、平等を謳うほどに、豊穣なものに懐き、身の丈に合うものなどを謳う普遍性などに正解すらも無く、そこに清潔なものを用い、物事へと抑圧させられるだけに至る痛みから瀰漫する不満足や、俯瞰に迫る滞積する意味合いに均等なものなど無くなり、心境に枷を嵌め、求められる義務感から、殺伐とした主体に措置される欺瞞から、犠牲的な思念に支配的な煉獄や、不当な儀式に追従されるだけに定めや、最たる意味にぶつかり、物騒な理念を振りかざし、暴力的な思想へと移行していくだけに滞積する理由とは、用いられる理由に占領され、有する意思を損ない、そこかしこで改善を求められ、求められる理由にふさぎ込み、負担を重ね、懐疑的な日常や、途端にあふれるトラウマや、関係性に求められる位置から逸脱できずに、清貧な時間へと錯覚していく思いが、応じる今に帰巣し、排斥される理念に現れる過去にあいまいなものを用い、物事を邂逅へと誘うだけの理由に生じるだけの今などは、意味を損ない、そこかしこで相似するだけに意味に関与する物事だけを、正しいものとして認識する。大抵の事物に現れる不潔なものから倒錯し、搾取されるだけの精神性に謳われる正しさなどを打ち倒し、自らに反し、介する間に有する答えなどに蔓延る悪意に転じるだけの正義が促す神が示す自制心や、独善的な犠牲心へと勝ち誇るだけの答えに拘泥し、行為そのものに示される意味から閉め出され、苛む意識に毎日は羨望を用い、物事に硬質な理屈を重ね、行動を妨げ、さえずる記憶に誘われ、移行していくだけの行為は、高じる理由に恋する意識を損ない、怯えるだけに至り、今にかじかみ、震えるだけに退嬰的な意味におののき、横溢する恐怖感に簡易に錯綜させる意識的な交錯から、王位継承し続けるだけにつたない独裁から、追憶に貧するだけの過去からの痛みから、意味合いに喜悦を求め、季節感へと封鎖され、風葉が歌う悦楽の波形から、契合されるだけに警醒されるだけの兌換から、代償を求め、円環をめぐる旅路から、体制へと放たれる意識的な静謐に沈み込み、行動性を奪うだけの泰然とした意識に迫る生命の起源や、旺然と滾る光彩が艶やかに示す今に見せしめとして生贄を促すだけのデカダンな日々に独占されるだけの意識などに磔にされるだけのシーンから離別し、輪唱する神話や、緩衝する隙間に配される愛から、理論を超越し、浸る意味合いに越権行為を迫り、狭い価値から、回転していく走馬燈から欺瞞や、泣き言が放たれ、配備される間に空虚を用い、物事をセンチメンタルに染め、創造性を損なわせ、そこかしこで配膳されるだけの餌をむさぼり、無感情に攻め入る成形されるだけの今に課せられた答えを背負う義務などが迫り、悽愴な今に迫る欺瞞を機械的に生産するだけに計算的に支配するだけに採算を合わせるだけの欺瞞から、不満は加速し、不和が迫り、大きな不安感が加速し、緩衝する先々で対立する差異から、苛む意味に同化していくだけの同調を促す協調性などは、同じものに収まりたくないのに、同じものを促すほどに気楽に流され占領される意識下が促す満足とは、ただ洗脳される事により、静穏に至るかのように示される普遍性や、制度が嘯く飽食から示される意味に閉め出され、自分で考えるという事がいちばんの哀れであると謳う市場から、印象は金で買い取られ、混濁する意識の根幹が腐り、何かを崇敬し、枢要なものを見失い、信じるべき自分などと促す個人的な優越から、憂鬱は加速し、何を信じるべきなのかを見失い、ないがしろにする意識的な互換から、悔悟をため込み、退廃的なものを用い、物事に専横され、感触を失い、ただ触れるものに促す憎悪から、加速するルサンチマンが促すいらだちから、意味合いは、帰巣すべき愛の巣を失い、誰彼かまわずなりふり構わずに養分を吸い取り、我が身を滅ぼそうと迫るタナトスと対峙できずに、ただ追従する意味へと滅びを謳い、自らのペシミズムに沈んでいく。