時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

限界を持たぬ愛


 爽やかな混沌が乱立し、風景を掻き乱し、成立する風景が、倦怠感を抱え、掛け違え、履き違え断続していく義務から、空疎な理由を吐き出し分断し、苛む思いが、最古の意味をたずさえ、現実に加工されるだけの陰湿な商法や、包蔵し続ける優しさがよどまぬように歯止めも無く送り込む思いが応じる答えに配備される間に迫るものが、問題を加工し、受理する答えにこじれる意味合いが帰結し、記号化する余韻や、うやむやにされる過程に潜む原理に仮想する理由が不時着し、自らの不具合を伝え、つたない動機を苛み、介する間に利己的なものを報じ、論理的なパスワードを保持する合間に議論は、憤懣をため込み、広義の意味をすなどり、理論上で這いつくばる語源から、関与する状態から、理性はしがらみをたずさえ、淡泊な挿入を受け入れ、安易な愛は、懐疑的な状況に蝕まれ、無情な要因に枯渇し、朦朧としていく意識は、あいまいな終わりに転じ、汚穢を謳い、ペシミズムに浸り、安易な時代錯誤から転嫁していく愛国心が、労働へと従事する謙虚さや、禁断の意味を法則に巻き込み、混じる間に怜悧なものが転用する意志が、昇華を用いずに、野心のみで整合する隙間に受理する理由も、補足されるだけの原理にノスタルジックなものを与え、対立するだけにネガティブな意味が迫り、君を奴隷へと変えるのだ、と妥当な位置に叫ばれる自由などは、その奴隷制を理由に隷属するものを自由化へと巻き込む革命から、暴力的なものを内蔵し、内面的な怯懦を用い、物事への驕りや、横行する意識的なネガティブキャンペーンや、プロパガンダに支配され、あたかも普遍的な隷従こそが、しあわせなのです、と謳う宗教的な保身から、リリカルなものが削がれ、藝術的なものが犬儒的なものに見下され死に損なう意識は、そこかしこでの生きる屍として、途端に挫折を抱え、悪化する様態にジレンマが迫り、時代的な猶予に縫い付けられる基礎から、解除を謳う道理に浸る履歴から、執念や、重要な意味を損ない、生じる理論へと配備される像を崇拝し、淫蕩な意志から、陰鬱な衝動を祈る事によりごまかす間に御託は生まれ、解放を謳うほどに、魯鈍なものに倒錯され、錯綜していく意識は、性差を謳い、用いられる苦悩に動作し、勝者を生み出すほどに恒常性を損ない、その場でデカダンに陥り、理想を損ない、襲いかかる希望に脳髄まで啜られ、考える事すら不潔である、と教え込まれた教育が持ち出す連帯感の空疎なものから、奪い合うだけの価値観を大切にと相似するものから、等位は与えられ、概念は階級的な相違と安易な平等を操作するだけの闘争へと倒錯する理念が交差し、後退する意識は、自己から退化し、対価を求め、対立する自己へと権威的なものや、嫉妬を繰り返すだけの世界から放たれ、自らの意思だけで整合する善悪も空疎なものであるし、やがて勝つも負けるも、積み上げれば、同じ価値を見上げるだけに見下し、見下げるほどに、見上げるだけの理由を生み出し、今に斡旋されるだけに制圧される井蛙なものの見方だけが、世界を制圧し、制覇を謳うほどに偶像崇拝を繰り返すだけの空虚な嫉妬が生命を互換する間にジレンマに嵌まり込む独裁的な主体が生み出す全体主義的な衆愚へと変える恐怖政治的な去勢から、視界を奪い、進退を加速させ、退く事もできないほどに保持する理由すら仏教的に捨てる以前に、自らをスチールに変え、衰退化しない思いが気持ちや記憶を乗り越え、擬態化する威信にひもじいものを用いる以前に高揚するだけの観念に関係は、渇望を繰り返し、軋轢を生み出し、運命からはみ出し、蔓延る間に時代錯誤を生み出し、適齢期や、提要なものを収斂させる周辺から、終わりを謳う汚穢や、横転する意識に帝王学を与え、提要とされるものに帰巣していくシーンから、挽回していく辺りにしがみつく思念が、受理していく希望から、帰納していく思いが、恒常的なものに反し、逸脱するからこそ、新たなものを謳い、自由を捕食し、あらゆる安易な闘争へと倒錯していくよりも、自らに帰り着き、安易な闘争から、交錯する以前に、自らに帰り着き、あらゆる意味を昇華させ、生じる運命に保持する理由すら逸脱すべく備わるものであるし、存在のあいまいさや、存在の薄さなどは、誰かを対象にして、自らを卑下するように仕向けられたものに過ぎず、自らを誇張し、孤独であろうが、我が儘につなげる辺りに告げる意味すら不潔なものであり、不健康なものである、と差別化を図るよりも、こじれる辺りに配備される間に憤懣をため込み、限界を生み出すよりも、懊悩を打ち砕き、唾棄する間に排斥し続ける思いが昇華を求め、藝術的な進歩を遂げる。