時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

情緒


 こんな時代とは、どんな時代だろうか? 自ら生み出す苦しみが満たす困難に寄りかかるだけに明け暮れ、自らの意志に従わずに、誰かの意思により、堕落し、或いは、ほどこされる教育により、根幹を腐らせ、得る者と追う者が競争し続ける限りに終わらない汚濁を生み出す構想から、倦怠感を吐き出すだけの嫌悪感をまき散らす独裁的な主観が生み出す苦悩から満ちあふれる全体主義的な衆愚が攪拌する半径に表されるけだるい数字に基づき、呪い続けるだけに生み出されるテクノロジーに抵抗できずに、迎合するだけに、支配下に置かれ、安易なものに支配される事を、よろこびである、と履き違えるだけに、掻き乱される精神は、満たされないから、と誘致され、乖離し、遊離し、形骸化していくだけの剣呑な遅延を巻き込み、汝にあふれる同情と愛に導かれる、と騙るだけの傀儡が支配する意味にもとづく宗教が定理に導く限りに、贋物の神があふれ、ふれあうほどに、穢れるという事に気が付かずに、のうのうと破壊的な言葉を受理するだけの空疎な連中が天誅へと結びつけるだけの社会主義的な監視システムを生み出したネットワークの巣へと撃ちこむ文字のミサイルを用い、物事を破壊に至らせるだけの選民主義的な独裁的な機関へと与える影響が及ぼすジェノサイドや、条項に浸るだけの空理に浸るだけの理想主義的な怨恨が生み出すルサンチマンから、傀儡と化するだけに演技を続ける普遍性の犬や、不潔な空間に現れる自ら好んでなる物乞いや、空間的に依存するだけの権力主義的な男根的な思想から、壊疽していく身体は、懐古にたたずむ聖なる女性像を持ち上げ過ぎ、自らの未熟さを見えずに、男尊女卑に至るだけに、狭い価値に現れる空疎な世界にたたずむものが、すべて男性的な悪臭を放ち、女性的な醜悪なものに支配される気配は、従属すべき位置に、意味を持ち込み、尻込みするか?尻に敷かれるかに、寄りかかるだけの意味に意思を突き刺すほどに、魯鈍な価値に偏り、均衡を保てずに、緩衝すべき愛も、もたれかかり、もたげるだけに、掛かり合うものがカタストロフへと至り、浸る意味に十全たるものを用いずに、正攻法のものも、いずかは、省かれ、過信するだけに浸る意味にノイズをまき散らし、自らのノスタルジアに屈従し、空間的な剥離から、隔離される言動に持ち込まれる意味と意味との間に生まれる空白や、懸隔が用いるうやむやな心情に疎外感を託すだけのイデオロギーが、空白を埋めるだけの快楽へとひた走り、自らの背徳を埋めるだけのエゴへと迎合していくだけの行為に紐解くべき愛に退くだけの空疎なものを集めるだけのあいまいな現在に抵抗を加え、希望を用いるよりも、自らの力に位置を用いず、存在に迫害されても尚、この意思から受け取る力だけが、意味をくみ取り、いびつなものを超え、陰気な気配におののかず、価値観に屠られずに、抱擁される先に現れるぬくもりだけに気持ちは昇華し、蕭然と現れる豊かなものが、雑音をかき消し、掲揚されるものを崇拝せず、自らの意味に帰宅し、意志だけで飛び越える事に現れる力だけが、自らを突き進め、作り上げられるもの反し、破壊的に至るだけの衝動を超え、能動的に創るものだけが、物事や、物語を超え、形あるものに現れる汚穢や、終わりを飛び越え、痕跡も残さずに、瞬時に駆け巡る意志が、偶像を打ち破り、自らに帰り着く間に現れる空白を埋めるだけの退嬰的な演技や、体系的な欺瞞を吐き出し、愚意に至るだけに浸る可能世界に提供される余白を埋めるだけの博愛や、井蛙な者が示すだけの使命感に支配されるだけの幼稚な隔世に閉じこもるだけに体制にこびへつらうだけの権力者に跪くだけに敬譲する自らが偏り続け、偏執し続ける他者を介した意志は、自らの意味を失い、その場で屈従するほどに、補填される意味は、査定され、他者を介した目で自らを乖離させ、時間から飛び出し、蓄積される行為にもとづく嘔吐から、応益を求めるだけの堕落から、解析される道理に導かれる加減から、緩衝する先に作用する愛に清いものが無くなり、内外に省かれるだけの動機に蔓延る悪意に捻転していく怠惰な意識が藻屑を化し、懐疑的な日常に、軽々しいものを従え、虐げる動機に排斥されるだけの由縁を追い続けるだけの退廃していく互いに、解消される痛みが、幾重にもつながり、誰かの痛みに同調し、そこに同情を用いることに、止まらぬ血が、血の池に変わり、そこで溺れるだけの怯えるだけの観念が、沈み込み、そこから抜け出せずに、もがき続ける行動が、永遠に続く事を傍観するだけの贋物の自分を掲揚するだけの道理に捕獲されるだけの自分を離人的に傍観し続ける事を傍観する他者を介した自己が、被害妄想へと至り、訝る現在を疎外感で埋め尽くすだけの利己的な自己が枯渇し続ける。