読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

呼応


 誰にでも抱かれる身体の軽さに、複製されるだけの真理が、唾液と混ざり、退嬰的なものを生み出し、今に疎外感を生み出し、束縛を続け、伝わる真理は、軽薄な進路を与え、性的な夜に自虐的な簡素さを与え、普遍性に入り交じる君の吐息と、意味との隙間に陥るだけの夜の不和から、愛惜をたどり、憎しみの住処へと隙間を与えるニーチェの考えから、公共的なものへと児戯を重ね、悪態を重ね、陰鬱な衝動へ、とたたきつけられる現在に、用いられる罪の形跡を踏みにじるだけに、俯瞰は正義に濡れ、純朴な硬質さを捉え、憎しみを崩壊させるような言動を用い、あらゆる意味は、愛を用いる限りに、そこに、演技を用いずに、成熟するまで、近接する未来を愛し続け、戸惑う先々で、昇華する物事が、物語を加速させ、私たちの足かせを外すの、と刹那的な感応から、懐疑的な思いが、進路を隔て、意味を爆砕する限りに、本質は、今に澱み、征服欲を掲げ、課せられたものへと立体的な境地を生み出し、加減も分からずに、傷つける先に生まれる意味の調律をほどこす今に与えられる永遠性に反響する思いが、深夜の交差から、交錯するまでに至るような交わりの先に生まれる淵源に注がれるエレジーや、貧寒な帰巣をほどこすだけの立証される意味に反し、ただ、互いがぶつかり合う神秘に入り交じるエゴすら、互いが交わる事により、昇華され、消費されるだけの身体はやがて、惰性な意味を捨て去り、些細な言動に支配されるだけの浪費を終え、腐敗するだけのシンドロームへと至らせるような演技的な日常に犠牲心を支払うよりも、今に果たす意味だけが、今の境目を打ち砕く。空疎な犠牲心に空輸されるものを拾い集める餓鬼どもの終末論に汚され、苛まれる記憶から、万世に宿痾を用い、その病を治すための生贄として、犠牲的に支払われた代償に解消されるものは、不安だけであり、実質的な病は取り除かれずに、ただ、ロジカルに遂行する先に、生命の語源は失われ、悟性を用いずに、ただ、貪婪な意識は、本能のままに、獣の意志を掲げ、衰亡する現在に、血肉を、と叫ぶ間に、緩慢な意思は、蔓延る悪意に専横され、譫妄へと至り、求める意思の強さに今をねじ曲げられ、怠惰な記憶を加速させるだけに購う意味へと逆算される神経に疎外され、最愛のものを失ってでも、貫く意志の純粋さに、重厚な愛は、ちぐはぐな論理を、惰性なままに愛する事に複製される真理のようなものを咎めるだけに、あらがう意思は、短絡的な動機に苦悩を捧げ、そこに境目を与え、陥る隙間に、井蛙な意思が迫り、寛容に受け取るべき今に破産していくだけに終えるような真偽にもとづく審理から、理想は、恐喝されるだけに至り、強迫的な迫害から、浮揚する意味に閉じられる形跡を踏みにじり、自らの欲と真理が吐瀉するものを浴び、美醜に屠られる進化する先へと、風に揺れ、模写される自己を傍観する先へと引き延ばし、諦観へと至らせる呼吸と深化、シンドロームと遭難者、完璧な夜に失われる君と意味との境目、公共的なものを操縦する早熟な神は、権限をモチーフに猜疑心を逆撫で、関連する痛みへと、ちぐはぐになる意志は、ナショナリズムを用い、理想を供給する狂気へとさかのぼり、暴徒化する今に悲観するだけの人々の対立を生み出し、規制されるだけの真実に陥るだけの真理は、差異化を施さずに、どこかに乖離し、理解を生み出さずに、ただ、開示されるものを贋物の愛で覆い、横溢する瞬間に現れる受難へと倒錯し、等位を用い、具現化される詐欺的な悪魔を角膜に閉じ込め、対比されるだけの可能世界に止まる限りに、過激な思想は、今に暴力的な倒錯を生み、等差を用い、差額を支払うだけの論理は、陋巷なものに支配され、倫理観を受動的に措置するだけに硬化し、恒常的な不安を背負うだけに満ち足りない精神は、軽薄なものを信仰する。誰かの憎しみをまさぐるだけの意味に猿ぐつわを咥えさせ、構える論理を打ち砕くようなミサイルを撃ちこむパンクスたちの群れに昇華される論理的な競合から、途端に、生起するものは失われ、途端に過去に利用されるだけの誰かのカオスを背負い込み、生じる恐怖へと利己的な消費を終える資本的な誘発から、窮乏するだけの論理の外へと運ばれ、蓄積される苦悩へとカスタムされる恐怖に利用されるだけの人々が、逃げ惑う先にぶつかり、何が正しいのかすらも見失うだけに陰る本質は、今にも、意味を圧縮し、意味に従うべきなのだと、促す限りに、運命の外から出られずに、今に落胆し、意味にかすむだけに至るような性的なナショナリズムを傍観するだけの性悪説にアクセスするだけの過激な理想は、朗誦されるものを、そのまま受け取り、意味を見失い、今に境目を生み出し、隷属するだけに至り、続々と迫る痛みに加工され、意志を失わせるだけに至るような答えへと搬送される先に本質などは、失われる。