時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

魂の味


憎しみの多くに現れるニヒリズムに改ざんされる無神経な物質として、途端に現れ、背景に処刑されるようなセンテンスや、ニュアンスが軋轢を加え、空疎な自分を突き破り、他者から預かり、今に関する意味へと悲観し、関するほどに、補填される苦しみが染み入り、今にみすぼらしいものを形成し、乖離する意味や、内陸を引き剥がし、繁栄する余韻が、自堕落なものを押し流し、俗悪なものを形成し、形容されるだけの、作られた自己が持ち出す欺瞞や、不満足を謳い、頑是として、受け入れぬ先に悲観するだけの今に完結的なものを謳い、表現を誤り、惰性なものをもたらし、対価を求め、堅実な意味を損ない、そこかしこに、モラルを用い、憂鬱を誘引し、不実なものに至らせ、いぶかる先に過信するものが、悲嘆に暮れ、空腹をもたらし、際限ない苦しみへと移行し、緩慢なものをもたらし、満たない精神や、行く先々に戒律を生み出し、破壊的な妄想が用いる、観念論的な虐殺や、枢要なものを喪失し、史実を操作し、交錯する意味や、今に頓挫し、蓄積する痛みがいびつなものに変わり、関わるほどに、慢性的な痛みや、機械的な論難や、籠城し続ける先に現れる、恒久的な孤独や、独創的なものを損ない、行いに真理を持たせ、あらゆる制限を生み、たゆたう現在に、黒々としたものを持ち込み、疑問を有し、豊かなものは、作られたものだけであるなど、とうながすことに現れる猜疑心が、他者を恨み、介する間にルサンチマンを持ち、ただ、愛するがゆえに、何かを憎んでしまうような、自らの内側に現れる正義などは、今に制限を持たせ、誠実さを謳い、不満を用い、理由をねじ曲げ、あたかも、自分だけが、不憫であり、自分だけが、同情されるに値する、などとうながすようなペシミストを製造し、何かを憎むことだけを生産し、採算を合わせるために、口裏を合わせ、猥雑なものにもたげる意思が、厳寒な時に妨げを用い、優越感を孕ませ、何かを見下すことで、優位に立つような陥落や、段落に迫る等差から、差別化は加速し、孕むべき確かなニュアンスも、誰かにねじ曲げられ、毎日に甲斐甲斐しいものを生み出し、当該するもの以外は、幻想であり、そこに存在するものを認識しない限りには、そこには、何も存在しないことを知らずに、ただ現れるものを、そのままに愛さず、その場その場で、背反を繰り返し、惰性なものを抱え、簡単に処理し、簡単に操作され、些細なことで意味に偏見を与え、変化に至らず、今に妨げを与え、怠慢なものを担い、今に差別化されたものを侮蔑し、見下すことで、自らを優位に立たせ、自らの優越感から、自らを満足に至らせるような、ルサンチマンなやり方に干渉するだけに、怠惰なものに変わり、用いられる疑念が、欺瞞を引き出し、悲観するだけに至らせ、空疎な理由を引き取り、矛盾し、神経質なままで今にとがめられ、誰かが生み出すジレンマが、今に背き、敗残し続ける先に、枢要なものが生まれ、自らの空疎さを打ち砕き、たたずむ意思に取引される痛みを飛び越え、自らの正しさに帰り着くまでの、長い旅から喜悦に至り、今に浸る苦しみとは、今に引き伸ばされる苦しみを、自ら繰り返す先に、散漫なものを吐き出し、破壊的な浄土や、受理する先に帰任する意思は、機関的なものに染まり、備わるものに染まり、自らの聡明さを失い、正しく物事を見ることすら出来ない。異物を抱え込んだままで、互いの理想を強調し、今をとがめるだけに至らせるような退嬰的な意思から、遺愛へと重なる十全とした痛みや、位置的な痛みに現れる期日を用い、焦燥感へと誘うだけの空想的な痛みに監視され、邪推するだけに至らせるような臆病な精神が、カタルシスを求め、互いをとがめるだけの恐怖に打ち克ち、信頼関係を結ぶまでの日々を伝い、ただ、正しくあろうとするほどに歪むような物事が、今に閉鎖的なものを生み出し、義務感を誘い、ただ空白を埋めるだけに至らせるような厭世観をなびかせ、内心に現れる暗鬱なものが産出するものへと緩衝し続ける先に、互いをとがめるような痛みを昇華に至らせるような出来事に応じる今から悲惨なものは消え去り、悲観するだけに至らせるような痛みを今に引き出すだけに陰る本質から、怠慢なものを生み出すエゴを捨て去り、均一なものを生み出し、苛む記憶や、蔑む先に生まれるジレンマや、時代的な猶予を謳い、用いるカタストロフにより、何もかもを、破壊へと追いやり、退嬰的なものにみちびき、専横するものに占領されるだけの意識が、高慢なものへと変化し、今におののき、欺瞞を生み出すだけの主事として生きるような企みから、枠組みは生まれ、今に欺瞞を用い、定める位置から、見出す意味も、君の汚さにより、内面的な汚れは軽減されずに、権限を用い、限界を利用し、領土を奪い合うだけに、運命的なものに倒錯する。