時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

意思と共闘するもの


 何かの定めを誇張するような論理的な鎧を着込み、居心地の悪い瞬間や、各地に訪れる質感を確かめる季節の折り返し地点に即座に交わる瞬間的な感動に同化するだけの慟哭を促す衝動的な悲しみに敷衍する普遍的な証拠から、観点は転換期を迎え、即座に訂正を執り行い、疑問をかき消し、掲揚されるだけの物事を取り外し、利己的な解体から、浸食していく苦悩に増していく不安に取り残される感情にがんじがらめになりながら、担う思いは、確かなものを馳せ、従属するほどに補填される安心などは、強制的に与えられたものであるし、そこに伝わるものなどは、魯鈍なものに立ち替わり、あらゆる論理に措置されるだけに裂ける現在に、剣呑なものを生み出し、巻き込まれる痛みは、何かを守ろうとするほどに、保持する苦しみに倍増していく痛みを反響させ、今におとずれる考えは、恒久的に意思を失い、即座に転換される狭量な意思へと、或いは、偏向を生み出し、すべてを破壊するだけの純然たる思春期の憂鬱を即座にはめ込み、破綻する精神は、境目を失い、何もかもを専有し、有する形にアイロニカルな焦土を作り上げ、欺瞞を用い、忿怒を繰り返し、侮蔑し続ける先に現れる苦しみは、邪推を続け、偏り続け、何かを恨むことだけが、答えを乗り越え、今に現れる苦しみを発散させるためにためらわずに攻撃に至るような空疎な悲劇を繰り返し、跨ぐ思いは、凌ぐ偶像に対立を深めるだけの戒律を強制的に孕ませ、偶像崇拝を深め、俯瞰に攻め入る他者からの交通から、悲劇的な総和から、散漫な意識に観点は削がれ、苛むだけに至り、いたわることすら損ない、そこに浪費され、牢記するものなどに拘束され、過去にとどまり、アンニュイなものを織り成し、おろかなままであることだけが、その場で行為を膠着させ、貪婪なままにむさぼるだけの猟奇的な反応から、反転を繰り返し、空間的に背反し続ける先に現れる抵抗から、定立するものへと攻撃を繰り返し、与える影響に反し、今におとずれる攻撃性に腐敗し続ける先にあてがわれる不安を餌に、恒久的に苦しむだけに至るような散漫な意識に気質は折り曲げられ、連綿たる死を誇張するだけの不安定な立証から、認識するものに覆われ、応じるほどに、そこに現れる不安に膠着するだけに至ることからの解放だけを目指すのが、革命のあり方ではあるが、用いられる革命とは、所詮、そこで定立されるものへとゆがみ、形を変え、超えるべき権力も、自らが権力を持ち、何かを指導するころには、自らの意志のためだけに、何かを犠牲にすることを問わずに、統治されるだけの心身に凝固し続ける昨日に閉じこもるだけに至るような内面的な姿勢は、自らの不安を隠すためだけに、革新的なものを謳い、自らを進行させるべく、暴力的な統合へと至り、退廃的なロマンを重ね、自らの過信ばかりに攻め入られ、生命的な危機を補完し続ける先々で対立を深め、共闘には至らずに、傲慢なものへと成り下がり、各地に偽装を繰り返し、自らを統治すべき自らの精神という共和国に爆撃を繰り返し、空疎な戦争から、専横される繊細な精神は、大義を見失い、ただ破壊するほどに、純粋な暴力性は増していき、邁進する意思は、何かにたむろするほどに、不安は弱まり、何かに荷担し、快楽的に補完される苦しみを疎外させるためだけに、ためらわずに何かを犠牲にしては、自らの苦しみを妨げるためだけに、ためらわずに闘争を続ける先々で退廃していく意識は、苛む記憶に散漫な意識を引きずり、悲観するだけに至るような痛みから、乖離していくだけの精神を傍観し、膨脹する意思は、不正を繰り返し、憤懣に至るほどに、自らの怒りは膨脹し、刹那的に発散される怒りのためだけに、すべてを破壊的に追いやるだけに浸る現在に攪拌される半径に注がれる短絡的な統合から、即座に変換される物事に序列を織り成し、自らを奉るためだけの独りよがりな闘争は続けられ、互いをとがめるために、あらゆるダメージを与えるためだけにためらわずに否定するだけの悲観的な序列から、コード化され、衝突を繰り返す意思は、緩慢な道理に導かれ、自らを正すためだけに独裁的に何もかもを裁く。犠牲的に処理される人民は、国家というものに嵌め込まれ、破壊されるだけに至るのであるし、やがて滑落するだけの意識は、兌換される物として扱われ、買い取られる精神は、軽薄にものや、正常さを謳うだけのものへと怠惰に変化し、快活な動機を失い、魯鈍なものに変わり、何かを案じるほどに、曖昧な不安に飲まれ、自らの苦悩に妨げられ、狭い世界に閉じこもり、謳われる価値に閉じこもる。