時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

冬の欠如


 ごうごうと不本意に震える冬の景色に形式が角張って迫り、複製されるだけの価値が、勝手気ままに生きる事を許さずに、答えを用い、ふれあうほどに、互いを毛嫌いしていくだけに至るような形跡を踏みにじり、にじむ時間から、捉える過去や、肥大する痛みや、悲観する彼彼女たちの疎外感や、膨らむ不安のルーツや、出現していく現在に抵抗を加え、くたびれた思いが加速し、死をも越える高揚感を捕らえ、淘汰されるだけの感情や、過剰に迫るだけの思いが蛇行し、ジョイントしていく感情から、途絶えるだけの軌跡や、形成されるほどに、魯鈍な者が示す価値に対置される均等さや、対等を謳い、平等を示すほどに、病的な思想は、思考停止に陥らされ、些細な動機にハッキングを繰り返し、空席を埋めるだけのリンクや、区域に用いられる排除法や、同化するほどに、誰もが、誰かのことを羨み、誰も何も変わらぬはずなのに、誰かの行動を監視し、嫉妬心だけを倍増させ、誰かが何かを行うことすらも嫌である、と宣言するようなデカダンななれ合いから、内面に浸るだけの空疎な対話から、猥雑なものが示すだけの権利から、硬直していく思いが、こわばったままに得る真理などは、真実がなんたるかも知らずに、かばい合い、からまり合うほどに愚鈍なものに陥り、不当なものを掲げ、重なる痛みに跳躍できずに、出来合のものを信じるほどに、死を越えられずに、与えられる痛みから、意味は膠着状態を生み出し、何かを美化し、今を踏み台にするだけに至り、訝る先に傲慢なものを生み出し、不満を用い、今を奪うだけに至らせるような嫌疑から、健全な者すら居なくなった後に迫るシームレスな対話から、大義を用い、持たされる義務に反し、覆す先々で対立を深め、権力を持つという薄気味悪い笑顔だけが、健全な笑顔だ、とオプティミストは語るだろうし、妥当な意味を用い、安易に迫るものを結合するほどに、途端に欠如を生み出し、取るに足らないものを信心し、互いをとがめるだけの理想は、自由主義的に配置されるだけの根源が、個人崇拝を浸透させ、自らだけが、唯一の『正義で有り』、犠牲的に執り行うだけの悪との対立を終え、大抵の異物感をクラックさせるための超人なのだ、と顕示するものが肥大し、独善的なものに陥り、今や、意味をとがめるほどに、デカダンな者に成り得、内外に迫る悪意が共通語を放ち、魯鈍な者ほど、おののかずに、実体も無いものに吸収され、自らを喪失させられ、自らが生んだアイデンティティーも、誰かがむしばみ、その者すらも操作するだけの至るような大衆のコードから、コギトは死に、貪婪な者が恫喝を続け、同感すべきだ、と迫るだけのジンクスから、人工的な楽園で忿怒を重ね、激動の時代などを歩いているなどと勘違いを生み出すだけに、今に踏み台にされ、意味の無いものを追い続けるだけの流行的な動物になり、担うべき意味も、スローガンなどを抱え、退屈なものを処理し続けるだけの事務的な要素を含み、複製されるだけの真実に引接され、隠逸していくだけに至るような窮屈な場所こそが、帰る場所なのだ、と告げるだけに、追憶に比するだけの環境を憎悪し、汚点を残さぬように、傷つかぬように狭い価値にとどまるだけの欺瞞から、排斥される今の痛みに卑劣なものが迫り、正義を謳い、性善説を掲げても尚、影を潜ませる意味から、今を羨み、恨むべきだ、と猜疑心は語り、疑心暗鬼しては、生み出される想像から、齟齬をきたす意識は、来る意味に恍惚を与えずに、与えられる影響に反し、相反する者になり、担うべき意味も毒され、途端に過ちを生み出し、早まる意識は、誰をも置いていき、行き違い意味は、運命をとがめ、そこに阻害するものを与え、交錯する真実も、経過するほどに、景観を保つだけの法にかこわれ、虚像を生み出し、誰もが、何かを保つためだけに戦争し、正誤を判断するほどに、善悪から、改ざんされ続けるだけの意図が、意味を操作し、誰もが、自らだけが正しいもののように示す間に改ざんされるだけの苦しみを慈しむほどに、同情をそこかしこにばらまき、万世を謳い、大義を忘れ、ちぐはぐな意思は、浪費を繰り返し、今に逸脱し、意味を見失い、互換性を謳い、姿勢をゆがめ、勇断に至らずに、安易に信心するほどに、今にむさぼられ、何も残らぬままに、吐き捨てられ、姿態に迫る偶感が、希死念慮に迫られ、攻撃的な死に追いやられ、狡猾に迫る意味から、意思を奪われ、そこで憂鬱に支配されるだけの悪趣味な結合から、決意も損ない、ただ、其処で仮死化するだけの幽閉から、優美さを損ない、かじかむ冬のアナクロニズムに支配される。