読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

自らの永遠性


 寂寞に絡め取られる明日や、蓄積される苦悩を取り払うだけの前衛的な商法に導かれ、プロセスを損ない、陰る本質から、輝く礎を用い、短絡的な要素を取り込むようなコズミックな手法から、接続される先々で、足りないものを補足するだけの過激な毎日に惜別していくだけの影を背負い込み、宇宙に幌を貼り、汎用されるだけの原始的な理由に拘束されるだけの幼稚な主義を即座に飛び越え、怯えるだけの価値や、おぼえも無い日々を徘徊するだけの冷めた午後を歩き、通過する痛みに耐え、退廃的な余韻に潜む空疎な面影を枷に変えるだけの世界から用いられる呪詛に耳を塞ぎ、夜に浸透するジェラシーや、因果応報が突きぬけ、万世に即座に繁栄する言葉が、今に欺瞞を持ちこみ、些細な倒錯から、等差は生み出され、意味に磔にされた神は、問い質すほどに、答えを鵜呑みにし、何かに騙されるだけに至り、徒に消費する本質から改善されない痛みを連動させながら、思春期から穢れていく身体を解き放つ魔法を用い、何かに下される戸惑いや、隠逸していく瞬間に段々と犯され、怠慢な思いを基礎に、不規則な思いが、何かを諦める事だけに還元される思いが、加減を用い、過激な理由を補足しながら、法則的な疑問から、犠牲心を謳い、持ち上げられる意味に倒錯しては、対立し続ける先で待ち受ける悲しみばかりに耽るのが、老いるという事なのか、と、答えは綺麗なままではあらず、所詮、何かを用い、自らの重みに耐えかねずにふさぎ込むだけに至るような毎日との離別を経験し、形成されるものなどは、今に体制を用い、理由にこき使われるわけであるし、独善的なものを率い、何かを変化させ、軽薄なものに映じていく事だけを、影響などと促すほどに、位置づけられる意味などに、緻密なものも無ければ、今に与えられるものは、苦しみを培養し、あらゆる論理に否定的である事だけが、反する事だ、と勘違いを起こし、感覚に麻痺を与え、何かに支配される事が、唯一のしあわせであるのだ、と妥当な位置から引き出す意味とは、君に欺瞞を授け、何かを騙す事だけに修練していくわけであるし、些細な動機が生み出す定期的な論理は、今を破壊するか、拘束し、やがて、発散されない痛みを抱え、完全性を求めるだけの惰性な位置から、卑近なものへと陥るだけの陰りから、貧寒なものを引き出し、何かを誤りに導く事だけが、正解へと至る事である、と告げる。計算的な軽薄さを収斂させ、苦みを帯びた終末を舞い込ませ、今に背負い込む義務から、犠牲的な精神に背反する意識的な汚穢を溜め込むだけの隊列から離れ、配属するだけの理由とは、今を抱合し、相対する愛へと平衡すべく、統合を促し、理由を即座に快感へと導くほどに、法則的な関わりから離れられぬ意思は、今に背反できずに、永続的な苦しみに勤続していく。浮遊する意思は、表現を喪失し、今に備わる痛みを倍増させ、原生に備わる確かなしあわせなどは、自由を基礎にした、無機質なものであるし、やがて、互いをとがめるだけの価値を謳うだけの理想とは、対立を加速させ、関係をこじらせるだけに至るし、体系を用い、携帯する理由で判断するだけの価値からの脱兎を行えずに、退廃的なモジュールを作り出し、生産的な毒性から、生命的な根源を焦がす要理から、理性に拘束され、利息を支払うだけの疑問から抜け出せずに、収奪するだけの意識的な国家から、恒星から受け取った源から、導かれる宇宙への経路から、回路を壊すガンマ光線との倒錯から、投影される理由に用いられる等差から、血を賭けた争いから、あいまいなマインドに迫る洗脳的な敵愾心が生み出す主義が専横する先々で、闘争を生み出し、鬱積する物事から、滞積する理由へと至るだけの形状から汲み取り、ゆがんだ価値に後続していく意識的な域に吐き出される猜疑心から、国賊と謳われるだけの境界線から、混濁する意識は、明晰な判断を失い、狙うべき的を作り、誰かを責める事で、自らの苦しみを昇華させるだけの良俗なものなどは、退廃すべきであるし、互いをとがめる理想を用い、誰かを批判的にとがめるだけの基礎から、帰巣すべき意味などは無くなり、そこに無知な者が引きつけるだけの幼稚な撹乱から、攪拌される背景は、何かを恨み、羨む事でしか、死を超えられずに、答えは、引き連れる意味に悲観し、虐げられるほどに、従える意味は、緻密な意味を損ない、そこかしこに慟哭を用い、統制されるだけの意味に屈辱を重ね、熟知しているように思える事も、答えを用いるほどに、そこで魯鈍なものを重ね、抱える意味が枷になり、世界を狭めるだけに至り、いたわる事も知らずに、答えに籠もり、ここに居場所など無く、ただ、抱える意味が用いる場所で等差を用い、倒錯していくだけに至るような世界などは、世界に収まるだけの世界であるし、そこに現れる事すべてが、物事を織り成すように見えるようで、ほとんどは、自分が作り上げる事だけが、世界を、世界として認識し、そこに現れるものだけがすべてでは無く、そこで合致するものも、知り得ぬものに巻き込まれ、今に吐き出される瞬間との惜別を迎え、光年を旅し、互いを理解するまでに至るようなプロセスこそが、理解に近付くために、理解をも超越し、今に与えられる不安すら超克し、ここに現れるすべてに抗う事により、反撥し合っても、そこで愛した形跡だけが、唯一の奇跡であるし、ここに現れるものだけが、君を形成する意味であるし、そこで苦しんだとしても、そこに現れるすべてが、君の苦しみ共に、進むであろうが、あるまいが、今に現れるものが、今を形成する以前に、自分が思うことを超えるような自己からの離別を加え、くたばるだけであっても、この身体がバラバラになろうが、精神的な終わりや、汚穢を溜め込んだ午前から吐き出すようなため息も、創造的に昇華されるべく、そこかしこに美麗な衝動を与え、そこに現れる焦土も、いつしか花咲く時を待つようなときめきと共にきらめく余韻に誘致し、君が生きてる事だけが、すべてであるし、その先が短かかろうが、長かろうが、その先に待ち受けるものが、何であろうが、生きてる事に価値すら無く、用いられる善悪で加工される訳にもいかずに、ここに現るものとの対立を深め、互いをとがめたとしても、今を超える事だけに変わりは無い。