時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

甘美な結末


 担うものなどは邪魔である、とぶしつけな対応で倦怠感を拡散するようなアンニュイな情報をたきつけるような構造から離れ、みだりに迫るものなどが筋書きを決めつけ、あらゆる原理とは、ここで論証されるものだけにかかわる者だけが、確かさを着込んでは、何かを規制するだけに至るような途端に配備される愛などは、そこでそこなわれるだけの行いへと超過し、完全性を謳い、舞い込む幸運などをなじるような安易な結合から、牽制を続ける者どもの理屈から卑屈な悔悟へとさまよう意識は惨憺たるものに変わり、そこで関わるほどに、懐疑的なものが敷衍し、利己的なものに規制され、起源を失い、そこで復元されるだけの命は、成立し続けるものの生産に関わり、自らを利用することだけを目的に、何かと同一化し、同率のものである、と宣言する間に利己的な商法から、空間的な処理をほどこされるだけの空白を生み出す数多の摂理にもとづく迎合から、根源は徒に消費され、権限を失っては、自らに宿すべき力も、やすやすと飛び越えられ、途端に苦しみ凝固するだけに至るような欠乏から、決然と迫る態度は躍動を続け、宦官どもが用いる台詞がごまかすだけの理屈的な強硬手段から、吐き出される言葉に羽交い締めにされ、破壊的な今を徘徊する思いを収納するためのスペースを空けるべき今にも犠牲を生み出すだけの絶え間ないゲームからシステムが幻想を作り出し、そこであくせく働くことだけが、今にアクセスし、簡単に処理される今を楽しむための犠牲を孕んでは、ランダムに生み出される惰性な仕組みから、達成する前に崩れ去るだけの偽装をほどこし、犠牲を生み出すほどに魯鈍な仕組みは、完成品を見せつけては、確かなものは、ここにしかないのだ、と達観するような連中が示唆する連想的な屍肉をむさぼるだけの道理は、動機を失い、散漫な意識に儀式的なものを孕ませ、慢性的な病へと引き込むだけの非違の虜として利己的な正義は忠実に悪を再現して、システムの中でリロードされる系列から、精神構造すらも破壊するようなニヒリスティックな演技を続け、倒錯する正義は犠牲を生み出すために退嬰的に処理し続ける夢の中で敷衍する物事の塵や埃に囲まれ理知すらも廃棄処分にし、従順であることだけが、ここでの目的を達成できるのだ、と惰性に取り組む意味から、今が犠牲になっても、何かを担うためだけに背負い続ける義務的なものから、そこでのモジュールとして働きを加えるだけの犠牲から、欺瞞を絶えず巻き込むだけの政治的な隘路を歩くだけの思想などは、今に堕落し、システムの中でフラクタルに働くものとして物質的な批判を続けるだけで、弁証法に至らずに、抵抗するほどに昇華に至らず、反抗するほどに、自らの暴力性により、制度を破壊するためだけに絶えず巻き起こす理想などは、理性をそこなわせるための原理を生み出し、現行から、はみ出せずに惰性にみちびかれる彼らや彼女らは知れば知るほどに無知であり、知ろうとすればするほどに遠ざかり、何が大切かを知り得ずに、何かを得るために奪うことだけに与えられる栄養のためだけに、絶えず破壊衝動に基づき、恒久的に何かを破壊し続けるために何かを担うのであり、そこで似合わぬニュアンスを着込み、安易な接続から、摂動し続ける意識は、空間をさまよい、自らに区間を生み出し、はみだすほどに増していく孤独な天体は自ら提起するものにより、自らを苦しめることだけが、自らのよろこびを呼び込むのだ、と混濁する意識は敷居を用い、何かを排除するための法を生み出し、結界を生み出し、自壊するだけに至り、浸る悲観的なノイズから、能動的であればあるほどに破壊的な意思はいびつな観念に基づき、関係を破壊するための理想を生み出し、戦争へと移行し、行為を不純なものに変え、すべてをモニュメントに変えるための理想を偽装し、犠牲的であればあるほどに寂れた神を形成し、うらぶれた思いは、裏切りの下にひざまずき、自らを欺くための手法から逃げ出せずに、自らを追い込み、そこでとどまることだけが、しあわせなのだ、と高らかに歌う普遍性こそ怪しむべきであり、そこで理屈を捏ねるだけの現在に恋は幻覚を生み出し、原価を用いては、還元されるための時折に返される愛の枷を嵌め、自らをそこにとどめるための煉獄たる婚姻から、インモラルなものだ、と否定される先々に真実とはゆがんだ理想を用い、何かを率いるために絶えず犠牲を生むことだけに専念し、そこで生み出されるものを汲み取られずに、自らをゆがんだ神に捧げるための儀式へと展開していく意識は、神に転化すべく、すべてを述べるためのウソを吐き出し、徘徊する意識を縫い付けるための法で囲われる意思は、自らを拘束するための罪を利用し、理性を謳いながら、自らを誰かが生んだ神に捧げるためだけの犠牲を幸福として捉えることの克服をめざすべく、正しいとされるものが、何を得てして正しいと認識しているのかを知るべきである。