時を乗り越える獣

時間を超える意志的な現れ

悲劇の算用

相互に思いを補完し、完全性を求める惰性な過去から放たれ、離れ離れになる思いは、何かを担うというよりも、そこで似合うもんを求めながら悶絶を繰り返し、日照りを超えて、恵みの雨に濡れ、継続する思いは飛躍を続け、そこで自堕落さを補完するだけの連綿たる思いが構造をも破壊する夜明けを迎えるために、多面性を破壊し、ただ直線的に荒む思いがそこかしこで構築され、口実をも破棄し、語られる以前に、思うということに高揚していく。定められた価値は、分断され、苛む形や、勝ち誇るだけの意味に制圧され、井蛙なものとして、物事の影に隠れ、改善されない苦しみを永久に継続しながら、計画的な伴侶を出迎え、デリカシーがなんやとうながす明日に蓄積される苦悩の奴隷として、憧憬を続けるだけの生命などがなぞる形跡などが、憎悪にみちみちとしてるしで、そこに近付けば近付くほどに、誓いを求められ、連続する苦しみの子供として孤立するだけの枢要な価値を、崇拝するだけの継続などが、ここでの正しさを法として出向くことだけに専念し、法の中でしか、解決を求めぬから、そこで用いられる苦しみの道化として、散漫な形式に浩然と現れるものに攻め入られ、自らをミニマムに憎むことから、言葉の影に攪拌される結末に吸いこまれながら、あらがうほどに深みにはまる君が排斥する過去からトレードされ続けるだけの惰性な精査が用いる正しさを測る行為という哀れさに具現化されるものどもの比率により、毒々しい思いに行いはしいたげられ、信仰するものなどが思想も用いずに、ただ崇めるもののためにためらわずに働き続けることにより、信仰とは空しさを埋めるための儀式にしか過ぎず、自らの過ちを認めることもできずに、さまよう意識は、短絡的な信仰に引きずられ、卑近な価値の餌として、恒久的にさまようという欠如をこうむる。私を崇めるべきだ、と彼や彼女らに告げる。私を崇めた際には、君は君自身を崇めるべきだ、となだめ、あらゆる意味とは、崇めるべきでもなければ、たしなむにも至らずに、ただ現れるものを際限なく愛することを学ぶべきである、と宣言し、専念すべきは、現れる情報を譲与せずに、蝉蛻し続け、現れるものをただ信じるものでもなく、善悪だけで測るべきもないのだ、となだめる先に、誰かの利権がからまって、理性すらもなくなって、なくしたものを必死に探して、探しても見つからないから、と密接に結びつくものが、あたかも正しいことのように語るものこそ、空しいものばかりである、とあらゆる宣言は、生命に起源を与えるべきでもなければ、時間の外に出て、記憶を破棄し、現れるものとは、今に接続され、未来へと永劫に運ばれていくものであるし、あらゆる物質とは、そこでの定めをも破棄し、誰かの価値を破壊しながら、自らの思いをも瞬時に破壊し、宇宙的な調和やらがなんだ、と現れる以前に、ここでの思いから達観し、大差もなければ、与えられた義務などが持ち寄る価値の家畜として、こじれる後先に現れるものにあらがい、愛された記憶が用いるメカニズムを駆逐する。