時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

硬直する因子

孤独が生み出す病をつまみながら、加速する由縁に正解を求め、勘ぐる身体に偶像が迫り、些細な出来事に権限を持たせ、境目を牛耳り、余白に迫る無垢な浄土から受理する意味すら、位置を用い場所に迫る関係から、軽薄で無機質な過程を生み出し、たそがれる間に力を抜き、似合わない価値などは、一切捨て去るべきであるし、やがて価値も退屈なギミックにこき使われ、忘れた頃には、白々しくつきまとい、毎日に寂寞を与え、加速する意味の足かせに変わりながら、急かす意味は、今に窮乏し、老朽化する意志に離れ行く季節をまどろませ、かじかむ頃に自覚する痛みに戸惑い、残虐に押し寄せる事実に気だるく戸惑い、慢性的な痛みを犠牲にしながら、しなびた身体を仰ぐこころが豊かさなどを謳うから、疑い深いだけの人間性から、静謐は生まれず、不安なだけにうるさいこころを生み出し、ただあらがうだけの意味に淘汰され、統合される先々に羽化する原理すら、まとわりつくだけの事実に真実をうやむやにし、滅ぼすだけの堕落から安易に降り注ぐ痛みに犠牲心ばかりが降り積もり、可決する意味に正しさを生み出さずに、乖離する理解が戒律を生み、ヒエラルヒーが進み、分断する意志から今は抜き取られ、ただの退屈を今に与えていく。行き違う意識は得たものを牛耳る独占欲から、みずからの独房に託す、独善的な理由を前提に腐りきった形に価値を与え、叶えるべきものにカタストロフを授け、指図することばかりに労を注ぐ。満たされたいからと、自己顕示する今から傍観する自己は、己を見失う。ただ席巻される意識が圧力をかけ、今に意味を見失い、さまよう意志は意味を虐げながら、限度を持たぬ欲に枢要さを求め、さまようだけに堕落し、陥る先にはまり込むまでに至る襞に絡まり、関わるすべてに消費される優越感に浸るだけの悲観的な自己から、孤立するこれからの孤独から、数億の犠牲を払うだけに林立する強行と記憶が絡まり、邪推する先々に不況を生み出し、運命からはみ出した者が支配するだけの理論から、加勢する先々に衰亡するだけの命があらがい、曖昧な毎日に埋め込むだけの孤独から交配していくだけの苦悩に産み出す悲劇から、隔離される人間から、粗造な理性から破裂するジレンマまでになびき響くあらがいから、確執を生み出す理想から、はみ出すと終わりだ、と宣言するだけの先々に戒律を生み出すだけの権力を移行させるだけのプログラムの一切を破棄すべく、権限は若いほどに備えるべきである、と備蓄される正義は、一貫した犠牲心を支払うだけに義務を置き、定理を汚し原理にうなずき、事務的に物事を済ませるだけにあらがう事を忘れ、物事の本質を見つめずに、あきらめるだけの人間性を協調的に埋め込まれ、無情な現実に闘争を用いずに、倒錯する出来事を否定するだけにこもる部屋の中で孤独を抱えるだけに過ぎない意識などに意志は低下し、要する希望に交互する意識に迫る簡潔的な未来に敢行していく意志の終焉に絡まる自己を払いのけ、自我論を突き抜けた辺りに形骸化した理想は、理論を捨て去り、感性で感染していく病理から、不確かな理由を超越するほどの情熱を用い、情念とは、この交互する意識に住まいを移さず、ただ転移していく先々に土地を持たず、ただ空疎な理由を超克していく先々に用いる理由などは安堵に至るべきこころに移行していく真実だけが、固執せずに、旋回する意識をとどめる事無く回し続ける今に生まれる意味すら廃れるだけであるし、捨てるべきは、根源に潜む攻撃性だ、と促した運命論者や、平和主義者が衆愚化し、傀儡政治に荷担する先々に帝国主義を突きつけ、戦争に陥るだけの傀儡と化する限りに陰る意味は位置を用い、相互する平和と戦争の中庸を保てずに、みずから生み出すシナリオのために他面を崩壊させるだけに至る意志から、意味は衰退し、このテロリズムと戦争が交互する経済的な理由から、了承すべき事実すらも見いだせずに人間的な獣は形骸化していく紙幣や貨幣にみずからの影を重ね、おざなりな風景に融合するだけに縫い付けられる理由を説得せずに、宏壮たるこころに至らせずに、狭い価値に閉じ込めるばかりで怖じけつくような人間を生み出すだけに限るのだ、と教育者は理想を失い、相続する意志は、端的な暗記に浸り、価値は名前に移行し、移動すべきこころに変化を加えず、平常心を保つ秘訣は、ただあくせくアクセスに、ただ遊びを忘れ、有する価値に硬化していくような疲労を重ね、追い続けるだけに苦しむようなシステムだ、と促すあまりに左翼的な理由を固結させるだけの現在に定理は無く、ただ悲観していくだけの苦悩から納期される事に置かれる思想に思考停止し、ただ散漫な理由に悲壮を重ねるだけの理由に慰留していくだけの苦悩から離れ、煩わしく自由を設計するよりも、この超越し続ける先々に苦しむ事すら忘れ、その苦しみすら楽しむようなマゾヒズムが中空を舞う。