時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

盛大な意志

重力に逆らい、真理を見抜いては、短絡的な浄土に晴らす記憶が天をも超え、中空に伸ばす頭も、軽々として、寒空に超克していく行いも、蝉蛻し続ける身体の火照る感じが流動し、刹那にとどろく意志もそぞろな雲に変わり、逸する気持ちは、象徴的なものに還元されず、ただ用いるだけに惜別していく過程に照り返す意志だけが、長じる由縁に引き延ばされ、ただ刹那に結ばれては、壮大な永遠性に協調される存在すら、愚鈍でままならぬ思いに生じる事実に介する間に理解すらも捨て去り、ただ投影されるだけに生み出される間に理解も含まず、ただ揺らぐだけに陥る隙間に瀰漫する睡魔に包まれ、優雅な浮遊感に画期的な記憶に引き延ばされる間に叙情的な譲歩が迫り、一途に物体にぶつかっていく観念から、即座に概念の外観をはがす間に愛憎すら消え去り、ただ報われるよりも、何も思わず、何もものも言わない先に制する理由すら、ただ臆するほどに権力を用い、綴る意識は、ファシズムを用い、利用するだけに至る今から乖離していく意識に、数々のジレンマをほとばしらせ、配される間に結ばれる意識は、ただ接続されるだけの疎ましさを書き込んでは、ぶっ飛ぶ要素を持たずに、蓄積される苦悩を飼い慣らす畜群として生きるだけに敢行する意識は、漂うことを知らず、ことごとくに生じる由縁にハーモニーも持たずに、用いられる事柄に刈り取られるだけに、惰性なシステムへと移行していくだけに秩序を保とうと、用いられる言葉に利用され、生じる由縁に限界を用い、言葉に仮想的な渇望を用い、介する間に理想すらも用いずに、ただ与えられるもので満足するような自分を引き延ばすだけに苦悩は増していき、与えられるほどに渇するだけに至る。

沿う情緒は、旋律を携え、整合される永遠に情調を授け、感覚を瀰漫させ、短絡的な不満足や不安感に支配されずに、ただ引き延ばされる中空に引き出す記憶すら、ただ過去の幻影を追従するだけの愚かさに行いをなすりつけ、耽溺するだけに至らせる記憶の中で発芽する思いも、横暴な思想に支配され、ただ渇望するだけに恨むべきなのだ、と堅持する理由に誇示する状態に固執し、この場に染みいるほどに深層心理を破壊できずに、その場で膠着するだけに存在はデカダンな理由を抱え、麻痺しては、愚鈍な己を場面に引きずり、配される状態に孤立するだけに離れ行く思いに行き過ぎた思いを加速させ、根底に飢渇するだけにさえずる思いを昇華させ、生じる由縁に貧寒な理由をコードに変え、観点を奪うだけに浪費していく思いは、行いから超脱し、超越していく先々に用いられる概念にあがなうよりも、その用いられる価値観に知性も持たずに、ただ浅薄なものだけが謳う成功などに流されるよりも、私は、私として生み出す言葉だけをこぼし、裂ける大地にこぼす切望する愛から、かみしめる間に見せつけるだけの愛に蓄積される幸福よりも、論理を打ち砕くほどの意味を抱え、重ねる理由に反して、この昇華し続ける矢先に証拠も残さず長じる由縁に姑息な事柄すら超越する先に何ら関係せぬ間に接合されるだけの屈従を終え、屈する間に合間な将来は、証拠すらもいらず、ただ認識されずに、諭す間に論証を引き延ばし、こじれる間に時系列すらも破壊し続ける先に空間的な憂鬱は消え去り、ただ些細な意味に重用される事柄などの一切は、ただ従わせるだけに至る情報に満たず、ただ陥る問いの中で、正しさを利用し、君を従わせるだけに至る事に気がつかずに、ただ従える意識は、ただ意思を奪うだけの闘争へと倒錯し、等差を用い、盗用し続けるだけの答えをシステム化し、資質を奪い、性質を利用し、了承させるべく、不安感をあおり、安心安全の神話を促す者にこそ、不信感を用いるべきである。

ただ案じる不安とは、損なうだけの同調に陥るだけの神話を受け入れ、ただ傾向していくだけに透徹できぬ思いは、愚鈍な象徴を抱え、重ねる思いは、些細な事柄に統合され、統合化を謳い、ただ正常に嵌め込まれるだけに至らせる事に応じぬものを疎外し、ただ蝕むだけの記憶に結ばれる無数の記憶に重用すべき意味すら、初心さを忘れ、発芽する儚さに備わるもろさなどを知らず、ただ止めどなくあふれる欲に支配される今にも、追い求めるだけに追い越せない理由に至るだけに閉じる永遠から、積年は、念じるだけに捻出される悲劇に加速し、加工されるだけの品位に囲われ、応じるほどにほどけず補填し続ける痛みを打ち出すだけに悲劇は加速し、緩衝すべき互いの愛にすら譲歩せずに、引き出される憎悪に支配され、よりよい価値などは、ただ与えられるものに納められ、其処からの解放を目指さず、ただ立場を用い、その場で膠着するだけに裏切りを重ね、ただ誰かを陥れる事だけが、正解のように謳われる事に加工される意味などに位置を与えるから、この加工されるだけの世界の添加物としてしか生きられぬの、だ。