時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

帰巣する言葉

君は、何も知り得ない、知り得たとしてもだ、それは、ただ無意味なものにすぎない。ただ踊らされる、とは快楽を生み、その快楽を満たすだけに踊ることを強要され、自ら楽しみ踊ることを忘れる。暗示される結末は、些細な分裂を施し、分岐点を自ら消し去り、形式に反し、関する由縁にほどけていく言葉を屠りながら、互いに想定される憎悪を構築させ、幻想的な関連に兼ね合い、ただ生きることを舐め尽くしながら、観点を奪う闘争線へと移行し、ことごとくを戦争的な物陰に隠し、加算される原理に軽薄な闘争をまき散らし、軽薄な現時点に幻術を施し、論理的な送配を繰り返し、杜撰な管理で訪れる支配的なモノクロームから鬱積する荒野に眠り行く記録から、法悦を繰り返し、行き過ぎる果てに混沌としていく理論から、早熟なデカダンスを掲げる思春期の結末や、演出を施すだけに罪を被るだけに購入される意味は、浅薄な理由を携え、ただ思想を促すだけに巨悪を閉じ、転換される理由に複製される原理を密接にしながら、背反していく意識は、ただ悪意を閉じ込めたウィークエンドに込められた解放により、交換される快楽を偽善的に消費し、昇華され、美化される由縁は、普遍的なものを製造し尽くし、作られたもので満足するように仕向けるだけに既得権を放出し、公衆を操作し、そこに行いや、善悪や規律を作り出し、ただ従うか、反するかの差異の中で関係は、摩耗し尽くし、ただ闘争し続ける限りに荷担される義務的な効力から、暴力的なものが生み出され、打算されるものといえば、買い尽くされるだけに至らせる生産的な何かであるし、答えは結末を屠るだけに存在し、存在とは葬られるだけにいたわりを失い、ただ浪費されるだけに定めを置き、横暴な支配から、昏倒していく意識に欠けて行く要因を偽善的な何かで支配的に包み込み、囲われる動機は、依然として主観と一貫した主体性を衰退され、ただ消費的に結ばれるだけにハッピーエンドを謳うような結末から、欠乏していく論理は、浪費的な何かに寡占されるだけに増える独占欲が儀式的に横行し、応じぬ者を排除し、廃絶へと追いやるだけに形有るものの結末は、結合されるだけに一生涯に不安を授け、何もかもに怯えるほどに身動きを封じ、風化していく意識と革命は、ただ粗暴なものに支配され、扇動されるだけに戦争的に偏る合否から、観点を奪われ、陥穽にはまり、復元される物事にあふれる差異から、惨憺たる安易さをたぐり寄せ、曖昧ま毎日にマインドは凍り付き、ただ殺し合うだけの独善的な何かに正義は移行し、悪を固執するだけに至るだけの距離を与えるだけに結ばれる数字的な何かは、一貫した理由を独白しながら、こじれる後先に宛先も書かずに、ただ抱えるだけの身体を邪魔に思い、応じるだけの答えから抜け出し、愚鈍でよこしまな支配を繰り返す経路から、軽薄な論証を施すだけに裂ける大地や、懇切しては、幼気な者の命を奪うだけの悪魔的な者からの葛藤から、感染していく悪意から、簡易な憔悴を繰り返すだけの人間的な訪れから、少しずつずれていくことにより、この経路は軽薄な論証から抜けだし、ことごとくを己の価値すら葬ることにあふれる意味から、ふれあうよりも、ただ融合し、混淆するほどに呼応し、応じるほどに補填されず、ただ負担と化することに応じて、横溢していく主義は実像を飛び越え、実存を超越し、越権に至ることに置かれる主義などは、ただ思想すらも持たず、ただ訪れることにずれていくことに反し、ただ関するほどに調和することも無く、ただ鬱積していく本質は、一切の帰路を奪い去り、定めを葬る先に閉じる由縁は、言葉も持たなければ、タナトスを牛耳り、死へと移行していくだけの老いを超越し、淵源に潜む限界に補足されるだけの行為に従事するよりも、要理に十全とした意味を誇らしげに超克させるよりも、この要因にひしめく原因を途絶えさせるだけの因果から抜け出し、死とは調和にいたり、生とは不自然なままをまかり通らせるだけに浅はかなものであるし、些細な出来事を簡素に組み替え、繰り返すだけにいたらせる義務から、生じる由縁は、変化を求めず、ただ変遷を経るだけに景観を喪失し、感覚にそびえる位置から、怯えるだけの恐怖と怯懦をそこかしこに流出し、一切を無気力に統治させることに置かれるだけにねじ伏せることに置かれる義務感から生じて行く簡易なプロセスは、今にも使命を牛耳り、統合をねだるだけに統括されるだけの精神とは、ただ今に堅持するだけにこき使われるだけに終えることを兌換していくだけのシステム的な貨幣に独占されるだけのシステムの中でこじれるだけに意図を失い、ただ投影されることに帰路を結ぶだけにシステム自体は融点を失い、ただ損なうだけの機械的な仕掛けに、自ら嵌まり込み、インタラクティブに至らず、互いにたまり込む痛みに自壊するだけにいたらせるようなシステムの中で快感のままに破壊し尽くされる回路の中で消費されるだけの痛みに阻まれ、平静を保てずに、ただ漂うだけに妥当な位置だけを見出そう、と見出す場所に囚われ、永遠を即座に損なっていくだけの考えに緩和すべき物事も、ただ用いられる意味に破壊し尽くされる。