時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

儚い鼓動

疑問を用いる事を愚問だ、と促す世論が征服欲を掻き立て、不安を煽るだけに明け暮れる事から、レイシズムが膨張し、否定的な観念を継続させる。要する観点に消費していくエレジーが収斂され、センセーショナルな意志を用いずに、死へと乱立していくだけの動機が倦怠感を誘い、演じるだけに収納される心身が指針をもたらせ、蔓延る意味に敢行されるべき意志が、愛を持って永遠性へと対峙していく限りに、演じる、という愚行は、一切へとかき消されていき、行き違う意志も、陰鬱な焦土でもがくだけの短絡的な出会いから、革命的なオーガズムを求めるだけに唾棄される瞬間にひれ伏し、敷衍する面影も、悲恋を携え、呪詛を促すだけに、定期的な傍観を繰り返し、反復する孤独が複製され、生じる不安に寝込む限りに下される空虚感に、寂寞から這い出る今に寛容な時代性などを突きつけるだけに、社会的なものを積み上げ、突きつけられる不安に震えるだけに至らされる悲劇に多目的なものが迫り、物陰に腰掛ける軽薄な論理を遂行するだけに低劣な思いがくみ上げられ、感触も無く、苦悩に妨げられる要理に観念は、形骸化した思いを積み上げ、与えられる罪に生じる由縁が、複雑化した精神に卑劣な偶像を授ける辺りから、不安感は膨張し、一切に用いられる絆などに媒介する意味が意志をすなどり、配する愛が、証拠も無く心残りや、言葉の残り滓などをすなどり、蕭然と消え入る本質に哀訴を繰り出し、繰り返し狂気に至るだけの境域に痕跡ばかりを残し、堆積するだけの憂鬱に支配されるだけに至らせるだけの悲劇に偏る偏在から、固執するだけにカタルシスを迎えず、ただカタストロフに至るだけに籠城された精神は、契合を求め、短絡的な背信を下し、食い込む物事に決別を下すだけに、偏執する思いは、高揚せずに、ただ自身の沼へと引きずられ、底から抜け出せぬようにさせるだけに嗄声を促し、本心では、ヘルプを叫ぶころには、混同する意識は、食い込む深淵に飲まれるだけの自己を傍観するだけに終える。

空間的な不安とは、猥雑な座標に突き刺さる矛盾した痛みであり、這いつくばり、熱情する本質に動機は短絡的な応用を繰り出すだけに、自らの矛盾に妨げられ、最たる意味を喪失し、その場で屈従し、従事するほどに充実感を損ない、愚鈍な意志は、些細な動機に拘泥し、かかずらうだけに至り、関係性に逸脱するだけに、堕落した観念は、継続する物事に、物語を綴る意志は、関係性に一貫した不安を流動させるだけに使命を置き、確かな意味を損ない、その場で駆逐されるだけに兌換される価値から、這い出ずに、這い上がる事を知らずに、ただ用いられる不安感を引きずる事が、あたかも自分の役目のように思える事に重きを置く事で、価値は倒錯し、価値転換にすら至らず、ただ償いを晴らすだけに配備される愛に憎悪を用い、昏倒していくだけに生じる事柄に排斥される事柄が、ことごとくに正気を損なわせ、そこかしこで思われるだけの悪意を利用し、領土を奪い合うだけの観念が、国土を謳い、高々と歌い上げられる浅薄な意味が吐き出され、代償を求め、生じる事柄に止めどなく悪意を展開させ、介する間に理解を用いずに、離散する風景に転じる意味から、君は捕縛され、その場で身動きも取られずに、統治されるだけに至る地をさまようだけに最たる意味を喪失するのだ、と促すジレンマこそを飛び越える事が、意志の役目であり、役割とは、自らを飛び越える事にあり、超越とは、その場しのぎのもので終わらず、横溢する意志が、意味を飛び越え、淘汰されずに、通り抜ける間に改善される思いが、高揚感を携え、互いに呼応するものが、確かな愛を連動させ、君に対して一途なものだけが、本質を見出し、荘厳な答えへと移行し、移動し続ける精神は、軽薄なものを打ち倒し、喪失感に漂うだけに意志を超越し、遠因に果てる疎外感に膨らむだけの孤独に行方をくらますよりも、その孤独の内に育てるものこそが、君の意味を見出し、軽薄な存在を超克し、ことごとくに君が居るという観念を育てるよりも、惰性なプロセスを孕み、帰り道を歩くたびに返り血を浴びるような世界を越えて、堅実に生きるとは、現実に繰り出されるだけの空虚な闘争に倒錯せずに、その場で流動し、その場で応じる答えを持たぬ事に締結せぬ意志が、流涎して誰かをみすぼらしく羨む限りのやましさが、躍動するほどに、不安とは、不満足を用い、嫉妬心へと至り、物事に対してルサンチマンを用い、構造的なものに対する悪意だけが、増長していくだけに陰る意志などに用いられるフォースは無く、ただ俯瞰に迫る空間的な痛みから、解除されよう、ともくろむだけに黒黒とした精神は、軽薄なものを生み出し、堕落するだけに至らせるだけの本心から、配備される愛憎などが、多目的に流動するだけに、隷属するだけに至る精神などは、分裂的に至らぬから、その場で重ねる痛みが、たったひとつの身体で膠着し、その場で朽ち果てるまで駆逐される身体を傍観するだけに終える。

ここで語る「終える」ばかりが、現実味を損なわせ、固執するだけに終える収斂から、時速に反し、かかずらう瞬間にラストシーンを用い、有する観点に多目的な流動性を孕ませずに、聖地を偽装し、ただ勇敢に挑む事すら忘れ、解放ばかりを求め、場面に理解を用いずに、もたらされる悲劇に用いられる事ばかりにフォーカスしていく限りに、見るべき意味も今に危難を含ませ、確かな事すら見えなくするだけに焦点は合わずに、すべては、水の泡になる。