時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

流動する真実

怠惰な無限が軋轢を重ね、酔いしれる時代から、ジレンマが幸福論などを謳いだし、途端に織り込まれる情念が、演出を加え、延々と関係性を奪うだけに唾棄する事柄が、昏倒していき、印象にこぼれる思いが歯止めも無く、導出していく答えに昏倒しては、回帰していく思いに収斂される意味から、いじけるだけの化膿した本質から腐り、草臥れた表現を重ねる要因から、看守的な役割を果たすだけの偽善的な思いが、己の独房に放つ言葉が、無機質に君を覆い、痕跡も残さず果たされるだけの影響に退嬰的なものを抱え、鋭意すら無く、ただ端的な哀れみに触れるだけに、敷衍していく思いが炎症になり、担う意味も、ただ痛むだけに至るような要因から、余韻は、激しい動悸を抱え、朦朧とする意識に徒労を重ね、かかずらうだけに至る観点から、加勢される意味も、関係性に囚われ、途端に奪われるだけの観点は、感性を損ない、生じる由縁に蝕まれ、無効になる意識は、隠微な結末に採用されるだけに転換される物事に汎称とされる事柄だけを信じ込まされ堕落するだけに至るようなフラクタルな関係から、掻き乱される事に置かれる終焉から、主体性は、最古のものをまさぐり、葬る先に愛憎を重ね、思う事にあふれるアドレナリンから、利幅が小さいと追い求める経済的な形骸化から、感染していく美辞麗句に蔓延る悪意に転換される理由か観点を奪い、関連するほどに連動する意識は存在自体の磁軸をなじり、内面的な自治区を怯懦なものに変え、もじる間に行方不明になる意識がエクソダスする先に、差異は無くなり、内面的な抑圧から制圧された意思は、ただ従うだけに物事の軋轢に収まり、あいまいなままに、マニュアル的に生きるだけの動物として、指定されるものに差異化され、最たる意味を損ない、生じる由縁に相貌は攪拌され、物まねと、隠遁を繰り返すだけに認証すべき意味合いも、今に気配を残さず、ただ攪乱されるだけの意識は、度重なる暴挙のレジスタンスとして、性根が腐る限りに空間的な差異に科学的反響と、伴侶として愛すべき意味合いに、気配を託し、朦朧とする意識の彼方で浄福される関係から、性愛的な催しに倦怠感を隠し、権利を謳うだけに惨めな様相を蓄え、端的な浪費から、関連する情理に蔓延る悪意から、悪魔的なものを抱え、感染していく迎合から、俗物的な反映から、犯跡をたどるだけの罪深い哀れみを重ねるだけの情事に寂れた雰囲気が、憤懣をため込み、互いに思う原理が歪み、原因は倒錯するだけに至り、投影される事柄に反復する量子的な観念に軽減されない痛みが、計画的に迫り、軽薄なものを重ね、掻き乱されるだけにあふれる怪異から、闘争へと至るだけの至らない愛から、配備される憎悪に根底で輪唱する不和から、繁栄していくものが、肯定を求めずに、ただ羨望を求め、富と名声に溺れるだけに、横溢していく物事は、観点を失い、即座に溺れるだけに老いぼれ、応じるほどに、孤独になる、という結末を含み、応益を求めるだけに、怠惰な催しが迫り、儀式的な観念から、緩衝すべき愛も、対象とするほどに破綻し、波乱を巻き込み、感嘆に暮れ、駆動する意思も、虐げられる先に健気にぶつかり、思う様子も、横暴なものに締め上げられ、支度を終えた記念日すらも廃れるだけの過去の動物に過ぎずに、動向に加えられる意味も、今に転じ、転機を迎えずに、草臥れた様子でクーデターを謳うような空腹を重ね、かかずらう意思が引きずる模様に惨憺たるものを重ね、安易な結末に締め付けられ邪推する意思が垂涎し、廃れる様相に放つ贋物の言葉が空虚に迫り、空間的なものに空疎なものを授け、空虚さを謳い、短絡的な暴挙へと移行していくだけのファシズムに散漫なものがかさばるから、と強制収容されるだけの意思に、言い分けがましく因子をこぼし、高揚感も無く、ただ法で加工された近代国家の骨格を打ち砕くべく、法に頼らず、多用されるだけの答えに偏らず、カタトニーに陥らず、荷担するものの重さに押しぶつされずに、最たる意味を掴む是非を追い求めるようなものを物事で囲わず、加工される品位に至らず、貧寒な思想に偏執するだけの演出や編集に押し込まれず、放つ事や、反する事に敷衍する意思こそが、寛容に物事を捉え、途絶えぬ意思が、緩慢な永遠に落伍する以前に求める楽園や、聖域に転移するだけの合間に頓挫せずに、転移する悪意のウイルスや、有無を謳うだけに、唾棄する運命に革命的な自己を措置するだけの悪意に手なずけられずに、定位を謳わずに、用いる場所を掘り続け、その場に根を下ろす以前に、全部の根とつながり、全部の意味を引き取るような馬鹿者にはならずに、ならず者のままに盗む価値に勘違いを引き起こす以前に、各地に偽装し続けるだけの意味に陰湿な支配を謳うだけの獣にはならずに、ただ内面的な化け物を育て、思想的な混濁から、行為に基づく独裁者として、終焉に巻き込まれ、毎日を差別的に食する間に欺瞞をため込み、不満足を謳い、俯瞰に攻め入る幸福などに、巧緻なものを持ち込み、改善されぬ痛みに愚鈍であるような人民を育て、漫然と過ごすだけのていたらくな者どもを育て惰性に生き、用いられる域から逸脱せぬように、と押し込められた今から垂れ籠める陰口ばかりが、うるさく蔓延るだけの行為に純情すらも消え去る辺りから、不安感を誘うだけの観点から、景観は奪われ、安易な物事に収奪されるだけの企みが、この枠組みの中で暴走するだけに至る。