時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

革命たるものの愚鈍

 十全たる革命機械であれ、とドゥルーズが嵌め込む言動から、リビドーが生まれ、埋もれる真理からちぐはぐな学徒が生まれ、憐憫などを求めて、捨てた恋を拾う神と合致する真偽から、リロードされるリリカルな心情から、真理は、破壊的な呪文を唱え、悶悶と苦しむ思春期に経路などを与え、たゆたう真理から、理想は、供給されるだけの純然たる思いだけが、思う事をはじめとして、はじまりを定める悪意として、あるいは、確固たる森厳として自然的なオカルティズムに身をゆだね、パトスが収斂する宇宙の果てから、乖離した主体とは、宇宙に閃きを攪拌させる反社会的な性欲なのだ、と野ざらしにされた心情は、更迭されるだけの義務感に孕む私欲から滅亡を唱えるだけのペシミストたちが生み出した政治機械として孕んだ懶惰な実情が倒錯した闘争へと悲劇を攪拌させ、自らの惨めさのニヒリズムから、ルサンチマンを波及させ、管理社会の絶望的監獄でフォーマットされるだけの一貫性から、制圧されるだけに井蛙なものとして教育の奴隷として、隷属した一般化するためのテクストから、敵対心や敵愾心を持ち、用いる言動に火種を授けるだけに堕落した思いが引きずるだけの過去から、カオスを生み出し、解析学の波濤が迫り、算段する意識が、枢要なものを喪失し、革命的な偽善から、独裁的な動向を用い、モチーフとする恐怖政治で成熟しない心因にないがしろな一生を引きずるだけに兌換されるだけの価値に秘密の鍵を喪失し、逸脱するだけの主観に差異を用い、猜疑心などを倍増させるだけに、些細な出来事に処理されるだけの簡易で生産的な人間へと収まる麗らかな裏切りから、朗らかな終焉に巻き込まれる未熟な精神が描く典型的な敵意から、収斂されるいびつな進路から、劇的な思いが心象を破壊し、傍観者として刹那に嘆じる思いが、従属する先々で十全とした意味を問い質すような間柄から、構築される静謐によどんだ思念を隔離しては、邪推する面影に最たる意味すら不潔な春をこしらえ、妨げられる清貧な思いが今を咎める。 

 寂寞に迫る面影が、出来合のものを被り、被害者意識が断続し、可憐なものを描こう、ともがく創造性が、豊かさを失い、嵌められた足かせで、独善的なものを描く限りに陰る本質は、修正されるだけのデカダンな閃きから、偏執する原質に、恍惚を携える永遠性になびくあいまいさから、差額を受け取り、ていたらくな実情に迫る変幻自在な自己が孤立しながらも、その永遠を捉える先に迎え撃つ意味が、日々の異物感を育て、惰性な芝居から、信用を受け取るだけの慈善的な偽善から、犠牲的な同情から、動機に与える活路などが濁すジレンマから、延延と演繹していくシステムと回路の具現化から、愚生を正すような、ずっと先に屠られる時系列から、修繕されるだけに取り繕う意味にはびこる悪意から、観点は疎外され、ただ孤独を抱えるだけの就寝から、鮮明な過去に枯渇するだけに理論的な敗北から、革命的な契合から、迎合されるだけの大衆的な軋轢によじれる気持ちが応じる今に咎められ、投じられるものに反し、行為に基づかぬ思いが重税を課せられ、着せ替えさせられるだけに用いられるきらびやかな衣装が派手にきらめく辺りから、あいまいな位置に意味を与えるだけの抽象的な場所から、罵声を浴びせられるだけの位置から、意味と受け取る軽薄な刹那になじられる瞬間に和む間も、背反を続け、革命を巻き起こす間にこしらえる偽善的な猶予に、サクリファイスとして生け簀で泳ぐ時間の憂鬱さに激しく動機を揺さぶる殺伐とした思いの代償に果てるジレンマから、時代性の軋轢から、醜状は拡散され、攪拌される半径に瓦解していく思いに至るまでの距離に正義は無くなり、無くした思いが、応じる答えに嘔気を携え、この命のサイクルが地の利を得て、習慣性に反し、独裁的な強制から放たれ、原因に携える義務的なエゴから放たれ、誰にも咎められる事に自由を求める事も無くなり、段落に迫るカタルシスから、乖離した主体に回避すべき愛は、懐胎を目指し、ただ産み落とす創造物から、破壊的な主体は、主意主義的に生きる私は、精神が産み出すものだけが、意味を通し、今に貫通し、先先で永続するものである、と宣言し、このセンテンスだけに疲憊しない精神が、推し進めるだけの理想を供給させ、物事の順序より、その純度を求め、純利を求めるよりも、理想を高め、多角に迫る原始的な理想論から、ロジカルな集合論から、想念になびく宇宙的な規模にはびこる敗因から、祝言を促し、がんじがらめになる現在に顕在な意識だけが、意味を飛び越え、閉ざす間に咎めるだけの答えに呼吸すら苦しくなるような空腹から、複雑な還元に押しやられる清潔感も無い今にはびこるファイナライズから、フランチャイズにされるだけの形成から、拘泥するものを生み、恋は愛に至らず、愛は行為に至らず、依存するだけに終え、心証を嬲るだけに至るような外からの攻撃に軋むような音が、ぎしぎし聞こえる先に革命は、愚鈍なままの欠乏を抱え、欠乏したところに嵌め込むようなものを求める限りに、革命とは失敗に終わる。