時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

解放


くたびれた春を軽々と超え、導かれる思いが夏を出迎え、止めどなくあふれる思いが、感情に宿る仄かな記憶を遮る途端にあふれる叙情的なニュアンスから、遮られずに、途端にほのぼのとしたものが恒久的なものをつかみ、日常に宿る大切なものを堆積させ、察するままに日常を照らす曙光と泳ぎ、不安に流動するだけの普遍性に生活感などは無く、ただ与えられた様相をたどるだけに支配的に至るような理由から、いたずらに物事は増え続け、いたわる事を忘れ、物事に煩わしさと弊害を生み出し、物事に頓挫するだけの障壁を生み出し、産まれたままに宿るべき幸福も、誰かが幸福というものを与え、携えるべき純粋さも疎外され、相互依存するだけのインタラクティブな補完から、交換されるだけの独善的な理由や理念に相乗効果も項目と化し、被る先々に悲観を生み出し、緩衝する間に長ける思いも、用いられる独善的な理由にこじれ、答えも持たぬ空間の孤児として事実に折檻されるような幼少期のアナグラム偶像崇拝や、偶然に卑劣なものを受け取るだけの高揚感から、恒常的な理論は、快感を用いる事を脳内にインプットさせるだけに精彩を欠き、簡単なものに支配されるだけの物質的な剣呑さから、差額を受け取るマージンから退廃的なモジュールにつなげられた機械的な磔から、関連する状態に事業的なアニミズムを謳い、用いる神を崇拝するだけに機械的な教養から、カタトニーを抱える関連するだけのジオラマ的な精神に宿るべき意味合いも、今にすなどられ、衰退化するだけに至るような精神を崇拝するだけに葬られるだけに至るような墓石から眺める世界などは、この世界に止まるだけに至り、止めどなくあふれるものが、とりとめも無いメモリーとして空間に雇用され、供養されるだけに至るような強要から、強制されるだけの意思は、この世界に止まるだけに透徹せずに、ただ汚されるだけのあいまいな差異に訝るだけの現況を携え、興じる虚偽から短絡的な同化に至るまでの軌跡に走り去るだけの過去の関与から、排される間に用いられた名ばかりの愛が場面で膠着し、利己的な自己から、孤立するだけの栄華の夢や、白昼夢をさまよい、惨憺たる安易さを打ち出すテクノロジーや、ロジカルな住まいに移し替えられる現在に浸るだけの現状に課せられた罪にはびこる始まりの悪意から、籠城するだけの自分への依存度が増すらしい、と虐げる矢先に配る裸子から、たしなむ状態に孤立していくだけの空間的な卑劣さに求められる差異から、見落とす状態に遊覧していく優雅さにぶつかる最たる意味から、用いられるだけの他者を介した存在に与えられる意味からエクソダスすべく、淵源に与えられる過激な思想こそが、この世界と名付けられるだけの利己的な空間を支配したがり、従えるべき意味だけを求め、人民を情報操作し、プロパガンダに流されるだけの愚衆から、収納される旋律に馳せる意味合いが、均衡を打ち砕き、興じる由縁に普遍性を謳う損害から、組成されるだけの細胞へと召される間に習慣的なものへと適応するものだけが、人間として指定されるだけの偽装を施し、照覧するだけの崇高さから、趨勢は砕かれ、枢要なものを喪失し、齟齬する間に不埒なものが支配を続け、追憶に比する関係にずれる観念や、捻出される愛から、求められる差異に訝るだけの現状に喪失感が宿り、腐敗を綴る意識は、続ける義務だけに陥り、自らを根絶やしにするだけの些細な実情に傲慢なものを抱え、物事に打ち出す定理から、理解は利害関係を用い、求められるものに支払われるだけの義務へと空疎なものを抱え、用いられる問題に端的な理由を喪失し、こじれる辺りに疎外されるだけの意図から再活用されるだけの欺瞞に量子的な抵抗から、対立するだけの敷衍から色彩を愛でる間に陥る闇から、邂逅する意識に朗唱していく真実とは、ただ対立する互いを咎めるために生まれた偶像であるし、そこに用いられる定理などは、定義を持たず、互いの疑念をあやすだけに至るような些細な出来事をデータ化し、物事の端末に押しつける愚かなペシミズムや、無情な現在に馳せる思いが締約を謳い、欺瞞を買い取るだけに至るような精神的な体系に固執するだけの売買から、バイタルは損なわれ、ただ依存するだけに対立する自己と自己から、情理を謳うだけに用いられる規律に汎称するだけの利己的な自己から、恒常性を謳うほどに魯鈍なものに組み込まれるだけの空虚な自己から、固執するだけの執心から、生命的な使命を損ない、革命へと飼い慣らされていくような義務感のギミックから、解除されるべく、自己とは、利己的なものに支配されずに、次々に解放する事を学び、強請るでも許すのでも、捨てるのでも無く、ただひたすら解放する事をはじめるべきなのである。