時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

ねじこむ愛

 
 記憶に生い茂るものを抜けて、たどる一日の足並みもたどたどしく、用いるジレンマに絡まる矢先にはびこる些細な出来事を寄せ集め、使命感を失った鳥たちがさまよう原野や、言論統制されるささやきに値するものなどは、所詮操作されるだけに至る原理に理念を移し替え、書き換えられた正午に浴びる短絡的な陽光に跪き、用いられる運命に破壊し尽くされる限りに陰る本質が、贋物の論理を集め、扱う理由に疎外される限りに陰る創造性から、淡々と不羈に用いるイメージに損なわれる先々に乖離していく理由がアウトプットされ、インモラルな衝動へと理性にたゆたうものが復元される最古の閃きや、群像にとろける理念におとずれる白昼夢や、悲劇に加速する理由から浸透するデカダンな物陰に腰掛ける永遠性の飛沫を浴び、卑劣な悲壮感を携え、他人行儀なアスファルトを踏みしめ、惨めな午後に浴びる精悍な思いが吐血を繰り返し、濫觴する意味から、境目も無く受理する矢先に変化し続ける意識が動乱を迎え、寛容な時代にジンクスなどを生み出し、トラウマや、慢性的な痛みが瀰漫する正午に疲憊する心情や有する形に巻き込まれ、自らを邪推し、あいまいな今に動向を攪拌され、同じ位置から意味を抜き取り、今に沈積するものがはびこる位置に訝る言動を差し込み、応じる答えに無機質で無気力なものを統合し、構造的な敗者として、あるいは、価値的な勝者として、生じる思いの切片に磔にされる豪壮な傲慢から、交換される位置にエナジーなどを嘯き、徒労を繰り返す人間性などに絡まるから、名称から抜け出せずに、表面的なものをすなどるだけに人間的なものから抜け出せずに、超人へと至らぬから、その場の価値に交わり溶け出す憎悪や騒音などを吸い込み、自らを重くさせるのであり、達するまにまに攻め入る意味から復元される可能世界に悔悟をため込み、悪趣味な意味にアクセスする限りに本質は濁され、贋物の価値を抱くだけに至る現実に即席な自由を謳いだし、手向ける意味すら無意味な今に嘆じるだけのネガティブなものを折り重ね、投じられるものを背負い込み、混同する意識に高揚感すら無く、隈取る間に生まれる新たな色合いに統合される精神は、賛美を繰り返し、自らの美意識に帰り着き、傲慢な意味に迫害されては、先々に産まれる命に宿す意味すら不潔に感じるのだ、と妥当な位置に生み出される毎日に複製されるものなど、おのおのに有する形に複製されるだけの意味を用い、互いに悪影響を及ぼすように仕組むような毎日に偽善的なものが迫り、怖じ気付く今に用いられる現実や、緩衝する合間に凭れる記号や、忿怒を重ね、差別的に分別される動物的な本能に咎められずに、用いられる事柄に反することにより、自らの強度は増し、用いられる事柄に応じることなく、自ら選ぶことにより、自らの純粋さは増すのであり、そこに現れる差額を受け取るよりも、そこで失う金銭などは、卑賤なものに過ぎず、児戯に至る現用から、いたわる先に生まれるモラルなどにはびこる倫理的な虚像を打ち倒し、自ら選ぶ価値だけが、本当の価値であるかのように示すことすら不潔であると宣言し、疎外されようが、孤独を謳歌し、自らの創造性へと帰宅することだけが、印象にとろけずに、この場にはびこる統合性に騙されずに、自らの創造性へと透過されていく心情に、何のプロセスすらもなく、ただ砕かれる今にくじける君も、時系列に意味を重ね、かさばる思いに暴かれる現状から咎められる軌跡に相対する今に対象として用いられる事柄に対処する理由すら複製されるだけの真実に偏りを示し、カタトニーへと至るのであり、退廃的な情事に寂れた雰囲気を攪拌させ、拡散するイメージに意味合いは、均等な意味をほころばせ、報じられる意味に鈍麻で貪婪なものを積み重ね、あいまいな今に愚鈍な神を象徴的に崇める先に用いられる善悪などは、互いに反することを用いることにより、要理に結ばれる次元に回帰しては、喚起する意味に滅ぼされ、些細なものに関わり、寛容さを損ない、生じる由縁に興味を示し、使命感にあふれる現実にふれあう精神は、悔悟を撥ね除け、自らの強度だけに叙情的なドライブを重ね、最たる意味を緩衝させ、結ばれる先々で邂逅していく意味に姑息なものすら無くなり、ただ現れる意味だけに今を緩衝させ、自らに融合し、呼応しては、小康状態を保ち、自らの平衡だけが、自らの偏向をよろこび、相対する怠惰な自己から、おとずれる最たるジレンマに交わる始まりに記号すら無く、ただ達するままの自らが寛容に自己を迎え入れることにより、有する価値などに強請られずに、自らの意味だけに達する。