時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

感性の逃走


 浮遊する意識が表現を携え、時代とフュージョンしていく。枯れ果てるジレンマは、時代的な猶予を取り入れ、荒涼たる次元に卑劣な間奏を与え、たゆたう思いがきらめき、あいまいなアドレスを乗り越え、伝えるべき肖像とたちまちにあふれる理念があふれ、ふれあうほどに傷つく心身を無視し、無形の日々へと旋回する意識のスケープゴートとして精神的な統合をにおわすだけの普遍性などに普通という観念は存在せず、その場で損なうだけの行いに卑賤な価値を用い、勝ち誇るほどに、その勝ち誇る態度からにおう悪臭や、悪趣味なものを製造するだけの短絡的な生産性などに本質的な価値は損なわれ、そこかしこで屈従する悲劇から、激情へと至り、浸る理由を旋回する離間から、乖離する自己を理解しようともくろむ悲劇的な人間性などに、求められる人間というものすら、観念外に放たれ、宇宙へと旅立ち、たちまちにあふれる真理などは、嘯くだけの関連性に連動し、劣悪な思念を引きずるだけの悪意へと隔離され、買い取られる意識は、今にも統合され、いなされる現実に苛まれる悪夢へと自らを投下し、さえずる記憶が麗しいものを引き連れ、高尚なものへと引き込んだとしても、歪んだ思いを持つ者は、その場で勘違いに陥り、関係性に入り組むものに本質を奪われ、本心から生み出すべき愛すらも、哀感に引き込まれ、混同する意識が情念を飛び越え、受理する先々に苛烈なものを携え、感性を奪い、外観に迫る思いが浪費する観念に最たるものを吹き込み、自らの思いとは、誰かの行いにより、意味を奪われ、失われる正しさに偏見が迫り、狭い識見により、既存の価値を与えられ、用いられる概念により、蓋然性を謳われ、奪われる感性から、緩衝すべき世界も、対象として見れば、互いを咎めるばかりで、何が正しいのか、と促す関係に浸るだけの実像は、対比されるだけの関係から、緩衝すべき愛へと対象を認めずに、ただ現れる憎悪により、想定される意味に差異を用い、邂逅する愛に対象とされるあいまいな位置から、観点を奪われ、端的な理由に関係は入り組んだ嘘へと偏執していき、編纂され、簒奪される間に疲弊していく意識は、指定される義務に空疎な問題を引き込み、ねじ曲がる答えが枯渇し、昏倒する意識をしらみつぶしに調べ尽くす間にアラベスクが浮かぶ脳内から、豊かなものを織り込む快楽へと重奏し、苛む観念に美麗な歌声がなびき、あらゆる愛を昇華し続ける限りに鬱積するものを昇華させ、資本的に乖離していく意味合いから、均等な位置などは、いびつな問題に疎外され、意識が叢生し、相互依存的に屠られる観念に関係性は、挑む価値から、家畜として義務的に執り行う事業的な時系列から、次元的な廃絶から、排斥される意味に浸透する意味が統合され、踏破する意識に生命的な起源は、威厳を損ない、そこかしこで織り込まれるものに混同するものが同化を目指し、昏倒し続ける意識に改竄されるものが最たる意味を損ない、どこまでも貪婪で不憫なものとして、揺籃に乗り、量子的な観念にため込む悔悟を歌い出す赤子や、戦列から離れ、豊かな思想で改竄されるだけの精神分析から放たれ、蔓延る愛に司る神すらも乗り越え、残りものをすなどるだけの卑賤な価値に陥らずに、見つける意味から詩的に至り、高次に至る限りに毒されずに、独善的なものを飛び越え、同じ位置に持ち込まれる意味に心象は、遮られるだけに至り、痛む意味から引き込む時代へと旋回し、慢性的な痛みを瀰漫させ、用いる不満足から負担する意味にあらがう時代的な欠如を謳うだけの不安感を遮り、鬱屈するものなどを瞬時に飛び越えることが可能なのが哲学であり、自らを知ろうと問い続ける辺りに価値は損なわれ、用いられる意味に占領され、生きる意味などを問うことに価値を用いるから、その場で這いつくばり、善悪を決め込み、勝敗を生み出し、廃絶される間からあいまいな意味を引き取り、自らの価値を見失うから、生きることなどを問うことに値するなどと勘違いを引き起こし、おとずれる問いに答えを求めるという落ち度に至り、浸る意味に今が自覚すべき痛みも見失い、自らを乗り越えようとしないから、用途に捕まり、嘔吐に至るような悲劇へと加速し、仮称とされる存在に持ち込まれる意味に倒錯し、当該するものに陥り、名称に含まれる偽善的なプロセスに快楽を求め、問題の傀儡として、誰かの答えに陥る先に現れる真実などに、真理などは含まれずに、用いられる独裁的な意味から、独房へと入れ込まれ、混淆すべき意識も、場所などを求め、引き合いに出す意味から、位置を用い、物事をその場で昏倒させ、孤立させられた観念が用いるべき対象に、確かな愛を持たぬから、用いられることごとくに討ち取られる意識が、食い込み痛みに屈従し、空虚さを謳い、空間的に倒錯し、索然とした意識が、意味を見つけようと、自らを知ろうとすればするほどに、自らとは擦れ違い、求められる理由に引き込まれ、まがい物の自分を信じるべきだ、と対象に謳われる限りに、本当の自分などは、一切の意味を失い、本質的な正しさを知らずに、求められる価値だけに対比するものだけを、あたかも真実のように取り扱う限りに自ら生み出す悲劇は、終わりを知らない汚穢へと変わる。