時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

聡明


 無神経な思いが記憶を掻き乱す。意味合いは解け、痙攣と形容を伝え、度重なる暴挙や、均衡を保つべく、ベクトルを疎外感とニヒリズムへと移し替え、漆黒へと疎外されていく記録から、意味の奴隷として、指定される義務へと孕む現状や、軽薄な理論へと疎外されては、様々な思惑へと倒錯し、妨げられる思いに軋轢を加えられ、乱立する思いが障害を作り出し、織り成す今に境目を生み出し、すべてを贋物に変え、廃れるイメージや、使命感を損ない、心象に滾る永遠性に苦みを授け、与え合う影響が、悪意に転じ、体たらくな実情へと折檻され、いびつなビートや、見捨てられる今に悲観していくだけの苦悩から乖離し、ほとばしる理解や、懐疑的な日常に生命的に互換する悔悟や、解除される日々に価値観などが無くなり、内面性に反響する意志だけが、確かなものを帰巣させ、開示される意味合いに反し、加工される品位に屈従せずに、己の意味だけに帰り着き、知恵を用い、物事を飛び越え、倒錯する現在に作為を持ち込み、物事を専横し、戦争状態へと至らせ、受胎する意味に意思を授ける以前に、形容されるものに倒錯し、退廃的なイメージへと戦列を移し、専横される現在にシステム的な苦悩を授け、現状維持を謳うだけに裂ける現実や、空疎な意味合いに可決していく道理にドラマチックなものは無く、ドラスティックな意志で権力を飛び越え、自らの力に行き着き、礎を破壊し、物事の基礎を打ち砕く強さから、馳せるものが、永遠性を蓄え、超越を用い、操作されずに、相互する自らの意思だけが、確かなものを授け、最たる意味へとぶつかり、ジレンマをたずさえ交わる先に与え合う影響から、営為を続け、つたないものも積み上げれば良いものになる的な善意から放たれ、自らの正しさだけに調和し、落胆せずに、大抵の異物感を取り除き、ロジカルな今に相違していく正しさに配備される苦痛や、高貴さを損ない、差を生み出すほどに、互いを恨む性質や、本能などが愚鈍で不当な意味を錯綜させ、操作するだけに食い込む現実に妨げられ、貸与するイメージが今を記号に変えるだけに、託つほどに、魯鈍なものを生み出し、自らを低劣なものへと変えていく。書き換えられた先々に対立する現在に陥る自己や、意識的な混淆から、システム的な哀れみや、隷属する風景に達するほどに愚鈍なものが攻め入り、生命的な起源を妨げ、悪趣味なもので埋め尽くす現在に成立する意味などは、今に達するほどに、拘束されだけに至らせ、悲劇を拡散し、関与する間にずさんなものを成立させ、どんどん軋轢をため込み、互いに締め付け合う状態に押し寄せる事柄が行為を拘束し、広義の解釈を失わせ、奪い合う事柄に応じる答えから、退嬰的なものが攻め入り映写されるイメージから、淫蕩な現実の犬歯でかみ切られる現時点から、冷然とした表情で傍観し続ける悲観的な姫君や、機械的なアリスが探す分裂的な正午や、サクセスを求め、権威的な道理へと疎外していくマルクシズム的な疎外感から、安易な支配へと社会主義的な衆愚や監視システムが強固な隔離を求め、懐疑的なものから処刑台へと運ぶようなシステムへと思想が攪拌され、逆算する神経から、壮大な理想へと孤立していく誇大妄想的な定位から、階層的なものが往復し、王族などが生まれ、大意を持たずに、満たされぬ過去のバージョンから、論理は遡行し続け、壮大な意志を持たずに、保たれる均衡や、謳われる統合により、答えに寄りかかる精神が、正常さを求め、用いられる事柄に分裂的に対処し、互いにせめぎ合うものが、犠牲を用い、物事に満足を求め、咎める間に無力であり、無欲である事を求めるだけの清貧さや、清潔さに精錬していく実体から、貸与していく今に欺瞞を授け、不満足へと至り、淫靡な結末に欠如を謳い、互いを咎めるだけに投影される物事に換算されるものだけを信用しては、白々しく消え入る本質から、高邁な精神で逸脱し、訝る原因に疎外されていく要理から離れては、自分の答えへと帰り着き、簡単に処理されるだけの物事に反し、答えを飛び越える辺りから超越する意志だけが、確かな力を蓄え、枠内に反し、敢行する意志だけが、位置を取り除き、居場所などを捨て去り、些細な出来事から分離し、分裂的に抵抗する辺りにあいまいなものばかりが、安易に精神を支配し、最たる意味を損ない欲するだけに容貌を歪ませ、憂患に浸り、寂寞へと遡行する。逃亡を続ける先々に対比されるだけの関係性に用いられる価値に関するだけの還元から、簡単な消費から、相対するものが、同じようなものに価値を対比させるだけに意思を損ない、そこで意味を失うだけに至るだけの価値に浸るよりも、確かな意味に帰り着き、自らの意思だけで善悪を飛び越える。