時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

習慣と終焉


 互いの語り口が鋭利になり、退屈な午後に陰惨な物語により、閉鎖的に変わる感情から、相互する理論的な意思が、倦怠感を注ぎ、遠因に猛る思いが収斂され、人格を孤立させ、形成される原野に心ない世界を形成する辺りから、足りないものを補うだけの理想論的な困憊から、演技を続け、嫌疑を叫ぶころには、孤独は封緘され、自らのジレンマ宛てへと届けられる郵便的な憂鬱から、油然と湧く観念に注がれる概念を取り外し、ロジカルなものの汚穢をそぎ落とし、ソリッドに生きるべきなのだ、と営利目的で自堕落な義務感が、空疎な理由を当てつけ、今に補充されるものなどは、与えられた境域に教育を施され、逃げる事を許さずに、ただ完治しない苦悩を授け、与えられた餌により肥えるような時代錯誤を続け、嗚咽促す過去からの深呼吸や、浸透する意識的な除外から、蕭然たる大地に代理母的な感応を授け、関連する状態を母乳で育て無くても、惰性な意識は取り除かれ、自らの意思だけが誇張するものが権威に妥当し、自らを加工するだけの意味を削ぎ、配される間に生まれる俯瞰から、空間とは加工される品位により、倫理観や、社会性などを麻痺させるだけのプロパガンダを流すメディア的な倒錯から、体制的な孤立から、空輸される議論や、構造的な戒律や、懐疑的な日常におとずれる憂患な時折に閉塞感を伝えるだけの時代などは、捨て去るべきであるし、破壊だけなら猿でもできるし、創る事こそが、行為にねじ曲げられずに、自らの歪曲や、徘徊する成因に制圧されるだけの憂愁に責められずに、幽愁が木霊し、シンクロする憂鬱に偏執し、分裂していく思いが、多幸感も誘わずに、ただ幽愁に締め付けられ、今に移行していくものが、枢要なものを失い、ないがしろにする瞬間に不満はたまり、互いを恨むだけに至らせるような脅威から愚鈍な意識は配備され、配される間に生み出される悲劇や、悲観するだけの苦悩から能動していく意識的な修繕から、連綿たる意識が、聡明な時を折り込み、永遠に反芻していく物事から、反発していく事におとずれる差異から、散漫な意識に交換される確かなものなどは、今に案じるだけに安易なものを兌換し、同じ価値の下で屈従するだけに至らせるような動機に井蛙なものが生み出す情交から、情意は損なわれ、統合されるだけの正常さに憎しみを与え、注ぎ込まれる理由に巻き込まれる間にも、精神的な咎めから、書き換えられる一瞬に一生は、騙され続ける事により、自らの軽さに苦しむのであり、互いを咎める間に交換される理由がニヒリズムを生み、ペシミズムへと至る痛みから散漫なものが固執し続け、容態を悪化させるだけに至るような経緯から、経過は、愚鈍になった意思に注がれる関連性に戻るだけの空疎な意見が、アカデミックなものに支配され、権威を振りかざし、研究を冒涜するような観念から、権力闘争だけが、学校内で連鎖し、前衛的なものが失われ、抵抗も生まずに、分裂していくのが、アカデミックな精神構造であり、表面的な権力に守られ、内面の体制にいびつな観念と関係を結び、倒錯させる間に生み出される論文が錬成させずに、ただ耽溺し、依存するような関係性に結び出される金という快楽から、感染していく契合から、啓蒙せずに、迎合されるものだけを信仰し、退嬰的な者になるべく施される教育に対価を求める価値にすなどる理由から悪態を続ける意思から、観点は怜悧なものを損ない、高尚に至らずに、行為に基づき、高次を傷つけるだけに至るのが、アカデミックな精神構造が生み出す社会から、処世術を謳うだけの自堕落な顕示欲を生み出し、誇示する意味が、高次に至らずに、自己啓発に陥り、軽薄なものに迫害され、哲学的に至らずに、自らの怠慢に嵌まり込み、自らを飛び越える事を知らずに、失態を重ね、思議する事を知らずに、真偽に至り、自らの善悪に懸隔を生み出すだけの正義と悪の虜となり、投影される事から、等位は生まれ、ゆくすえに怯懦なものを生み出し、恐怖を捏造し扇動する事により、戦争の速度は増し、最たる意味を損ない、惨めな意思が、満ち足りないものを補うべく、誰かを騙し嘯き嫉妬する事を促す事により、自らを麻痺させる間柄に生み出される悲劇こそが、この市場で一番の悪魔を生み出している。偽善的な革命の終わりを叫び、最たる意味を掴み、意味を知る事により、測る事を止め、謀るだけに意思は、捏造され、誰かの思惑どおりに支配する辺りから熱意は損なわれ、自らの意志とは、脆くも、其処で崩れるだけに終える。