読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

プロパガンダ

 
 時間をたずさえるほどによじれる意図から、意味は逸脱し、君へと帰るのだろうとか、観念的な論証が見せつける意味から関係性すら無くなり、還元される理由すら意味を失い、観点を損ない、ナルシズムへと至るのだろうとか、精神構造的な腐敗から、悲観していくだけの人生へと逸脱する経路を見つけるべく、君に超人を教える的なニーチェリアンどもが紆余曲折し、うごめくシンドロームに敗残していく物陰から見つける制度などは、大義を失い、他人の意思を借りて、意味を吐き出すだけの過食嘔吐的な反芻と反復から、廃棄処分にされた夜に垂涎しているテクノロジーの異物たる傀儡どもが探すリアリズムなどは、一体感を損ない、そこかしこにこじれるだけの意味を吐き出すだけに、文明的な汚物へと変わるだけに、おぼつかない意思は、横暴な意味にすなどられるだけの価値へと飢渇していくだけに終える。終えるとは、嗚咽へと変わり、誰かが示す意味に終わりという還元を用い、観点に有する点と線を結ぶだけに退嬰的な意図は、遠因に疎外され、そこに持ち込まれる終わるというよろこびに快楽は生まれる。宦官どもがうごめくストーリーから七転八倒する現在に浸るだけの悲歎に構造的なクレヨンで描いた真理にもとづく遠因から腐り始め、はじまりを用い、恥じらいを持たずに、求めるだけの愛が咎める現在に怠惰な模様が迫り、問答する言葉から、行き違う思いへと意図がもつれ、物事に迫る現時点が、対象を失い、今に制限を用い、生成される事に重みも与えずに、互いを咎め、淘汰される現時点から、点と線は失われ、旋回する意識は、用いられる空間に照合されずに、今にさまよい、裁かれる安易さから、差額を用い、物事へと処理されるだけの数学的な汎用から、範囲は、伴侶を失い、内面的な孤独にたむろするシンフォニーや、安逸な主義を用い、思考を孤立させ、他者からの安易な媒介を受け入れるだけに経過する物事は、偏りを示し、神聖なものを用いる限りに陰る物事から、滾る思いが軋轢を用い、物事へとへりくだる間に、へりくだる意思が、併用されるだけの物事のモニュメントと化し、政治利用などをされる辺りに現れる差異から、惨憺たるものを寄せ集め、暴かれるだけの意図から、本質は、腐りきるだけに問題を問題で覆い、物事を経過させるために別のものを生贄にし、大きな問題を通り過ぎさせよう、ともくろむだけのメディアの戦略や、既得権を守るために、ためらわずに騙すだけの攻略から、独善的なものや、独裁的なものが跋扈し、政権公約は理解を通さず、歓喜を用い、快楽へと意図を与え、たゆたう現在に弛む物事から、あつらえる言葉から、加算される原理へと移行していくものが、思いを孤立させ、何かを恨むべきだ、と怠惰な思いが軋轢を加えられ、単一な怒りは、覇者を用い、配備される愛から革命的な抵抗を加え、呈する間に傲慢な裁きを加える間に、裁く者と、裁かれる者の差異はほとんど無くなり、互いを咎めるだけに対等さを用い、平等を謳うほどに、国家的な欺瞞から、骨格を失い、妨げるアナーキズムや、あいまいな原理に謀る思いが、大意を失い、大義を用いずに、ただ換算される懐疑から、乖離していくシステム的な意志から、要する間に疑問を用いずに、ただないがしろにした自己に主体性を取り戻すべく、透徹すべき今に逸するだけの犠牲から、利己的な支配を受け入れ、経過する出来事の景観に用いるべき美麗なものも、所詮、誰かに与えられたものに悶悶としていき、指定された義務に怒りを発信したところで、位階秩序に攻め入られ、制限を用いられ、物事に支配されるだけの視界を損なうだけの闘争から、倒錯する精神性などを分析し続ける資本主義を分断させ、あらゆる原理を分析し尽くし、モデルケースを作り上げ、でたらめなケースへと跛行していくだけの思念がねじ伏せる死への欲動から、欲望は、進化を否定し、アナクロニズムへと一切を悲劇に変え、陰惨な出来事から、快活な道理を失い、動機は、象徴とする悪意にカタトニーと化し、関係に束縛される限りに苦悩をため込み、互いを恨むように仕組むだけのリベラルな指導者から、思考停止に至るだけの侏儒どもの経路から、契合されるだけに至るような痛みを媒介させるだけの怠慢なゲシュタルト崩壊を模倣するシンドロームの鏡を眺める思春期の悪癖と悪弊から、観点を損なわれ、何かを恨むように仕組む教育から、何かを恨むほどに、補填される怒りに見せられ、何かを得た気分だけで、破壊に至らせるような単純な洗脳から、専横されるだけに応じる答えに用いる言動から、現状は透過せずに、濁されるだけに至り、快活なものを無くし、魯鈍な精神は、掲揚され、崇拝されるものだけを信じ込み、他人の評価だけに左右され、猜疑心すら用いずに、ただ従うほどに快楽は増すというシステムの中で加工され、安易に社会性などを用い、倫理を用い、均一さなどを用い、他者を支配しようともくろむ。