時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

預かる位置


 泣きはらす公園の遊具達、轟音の雨音過ぎ去る優劣がすぐ其処で戒律を加え、融合されるほどに、魯鈍な支配を受け入れ、経過する出来事に卑劣な肖像を与え、体たらくな予言を繰り返す鳥たちの泣き言が過ぎ去り、再開発の音が木霊し、シンパシーを奪い、二度目の人生などを悲劇的なものに換え、もだえる寂寞から、寂寥たる由縁に引き延ばされる言葉が、大きな膜に変わり、心情を横溢していく瞬間の収斂から、欺瞞を孕まし、判然としない理由から、理屈を引き出すだけにうやむやな思いに迫り来るものが、悶絶しながら、万世に引き離され、はびこる悪意や、あいまいな現在に試練を授け、散漫な出来事に征伐され、都会の遺伝子を寄せ集め、悲観的な感染症を収斂させる先にもじる言葉から、魂胆は破壊され、卑賎な輩が配する愛から、大金をせしめるセンチメンタルな余生から、観点は正常なものなど無く、ただよかれと成し遂げる事も、適当な位置や、意味を引き出し、言い分けがましく迫り、我慢ばかりを謳い、抑圧される限りに陰る本質や、運命的にまどろみ、緩慢に馳せる現在によどむだけの心情が高圧的なものに攻め入られ、制限を用いられ、おこがましくも、虐げられる現在に激動を授ける。真理にもとづく破片を集め、赤裸々にうごめく心情が問い続けるものから、物事は、垂涎を続け、つたない意識を跛行させながら、議論を硬直させ、根絶やしにされる現時点から、寂寞へと絡め取られる理由から観点を削がれ、苛む記憶から、理論は、膠着し続け、つたない思いを下腹部へと下ろし、胃痛へと変える辺りから、沈積する理由も瓦解し、街路樹で倒れ込む退嬰的な幽霊どもが、うごめく昔年や、感情的な進路を妨害するだけのアニミズムから、あらがう超自然的な回路から、観点に遭遇する超人的な捉え方や、関係性に逸脱しながら、用いられる血が、遺伝子の位置的なものを寄せ集め、使命的に還元されるだけの物事を寂寞へと装填し、撃ちこむ今にプロパガンダが迫り、関係に陥るだけの落ち度や、リリカルな衝動が後ろめたい現在に攻め入り、詩的な願いを込めて、星の論理や、あいまいな現在にけしかける恋の魔法や、揺動するだけに、真偽に折り重なり、偶感を過剰摂取しては、形骸化していく意思を白骨化するまで推考し続ける辺りから、ブレインは、瞬く間の状態の彼方で理性を損ない、内面的な契約を終え、嗚咽響く空から、広大な意思の雨を受け取り、渇いた心がカタトニーに陥る以前に、あるいは、胃炎になる前に、考えを取り止め、理屈で掘り下げるだけに差が生まれ、苛まれた心が凍り付き、諦念するだけに至らせるだけの悲劇へと撃退され、契約を終え、掲揚されるものだけを信じ込むだけに、いたずらに過ぎ去る理由は、豹変し、表現を損ない、行いにおとずれるずれた感覚や、還元されるだけにアイロニカルなものが、ロジカルなものを咎め、都会的な輪廻転生や、現象にあらわれる複雑な交錯から、錯雑とした観念に安定はおとずれず、安易な交通から、交互する意識は、相互交換されるように思われるが、一切の交換とは、そこに、私利私欲をむさぼるだけの道理を含ませ、複製されるだけの真実の体系に形体するものを体系化し、独占するだけに明けくれ、要する物事に要領よく攻め入るだけの因果から、陰湿な正義は、現在を締め付け、使命感をむさぼるだけに贋物の正義や、偽善的な悪から、原始的な真偽におとずれる理由を理想とし、リゾーム化し、階上的な秩序から、マンション的な権力を倒錯させ、錯雑な原理にもとづく可変から不潔な革命が進行し、浸透する意識は、透徹されずに、垂涎する死へとエクソダスしていくだけに用いられるバビロンの快楽から、傀儡と化するまでに数秒も要らずに、ただあいまいな理論をたずさえ、膠着する現在に金言を用い、薄っぺらな価値で独裁するだけに至るような転換から、展開されるものも、介在するだけに体系的なものに組織ぐるみの着ぐるみを着込んで、恫喝を続けるだけの既得権のレジスタンスどもが、暴力的な思考を綴り、抵抗とは、単に暴力的なものへと陥り、横溢する思念におとずれるジレンマが、状態を透徹できずに、センチメンタルな情緒へと変換されるだけの記号化した夜に仮死化し、乖離していく状態に永遠性を含ませ、いつか目を覚ますべく、絶え間ない時に阻まれながら、時間と空間に逆らい、次元の旅を続け、時間と空間という概念にねじ伏せられるだけに、濫觴するものを信じ込むだけに、体制的なものに虐げられ、支配下に置かれるだけに横暴にねじ伏せられるマゾヒズム的な快楽の傀儡として、快活な動機を失い、ただ従うほどに現れる快楽から、シオニズムを追い求め、あらゆる神とは、ひとつの起源から、錯乱しては、様々な思惑を含み、絶え間ない戦争へと至らせた悲劇の張本人であるかのように思われるのだ、と打倒な位置に用いる神とは、授かる今に預かるだけの意味へと変わり、単なる記号へと変わり、それには、触れぬようにと妨げるようなものに陥った。