時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

解消

弁解を続け、変化を求めぬ精神は、絶えず不安を持ち、不安だけに左右され、操作されていることを、恰も自分が考え、行動しているかのように示す間から閉め出され、自らの苦しみへと、移行し続ける。存在は、苦しみや、時にとどまり、意識を幽閉されることからの解消を目指し、弛む現在に織り込まれていく意識に恋情などを重ね、自らの儚さを牛耳るだけの全容へと行き着き、自らを、見つめ直す限りに、見つけ出す意味が、現実を飛び越え、一貫した意味へと偏向していくだけの意識から逸脱し、自分をも裏切るからこそ、簡単に求める解消へと移送されることを、疑問に思い、自らに帰宅し、機械的な浄土や、条項に馳せる思いが、恒常性などを謳い、変わらぬものもあるのだ、と普遍性を盾に、立場を守るために、躊躇わずに嘘つく辺りから、適応すべく、すべてを奪い取るためだけに、用いられるベクトルが、一切を過程を奪い、自らの景観を汚す。詩的な道標が続く意思を導く。数多ある出来事に、加速していく思いの節々に照り返す論理に、移行していく思いを孕んで、出来事へと加速していく思いが、枢要なものを、見つけ出し、満ち足りぬものを包括しては、妨げられぬように、健気なままで、代償から解け、拘う意識が散漫で、エモーションを授け、預かるものが、味気なくも、用いられた言葉に、連帯感を孕む前に、産み落とされた意味に見出すべき正しさや、アンニュイなままに、諦観していく翳りから、生み出された影が見出す過程などに、現存するものが、飲み込まれ、今に瓦解していく。用いられたセオリーは、陰惨なものを孕み、破壊的な意志が、適応していくものを目当てに、抵抗する思いが、枢要なものを破壊し、はびこる悪意や、瀰漫する思いに伝う不満足や、慢心を生み出すテクノロジーだとか、テクノロジーを批判する者こそ、自然という意味を履き違え、機械的に生きるような輩であり、用いられた普遍性に同一化し、一貫した普遍性へとスケープゴートしていく感覚は、育雛から離れられずに、過去の虚栄や、虚心を抱え、忘れられぬ温もりが、否定的なものを、自らに生み出し、出し抜けようと目論む、競合するだけの、キャピタリズム的な兌換を、執り行うだけに、打開すべき精神性は、制度を設け、自らを膠着させ、不時着する意識は、自らの不安感へと押し込まれる筋書きや、伏線などに誤魔化され続ける限りに、アンニュイな意識は、今を値し、大差ない出来事を体感し、共感へと導かれるほどに、魯鈍なものを抱え、物質的な憂鬱や、物質的な浮遊から、感覚は、拵えられるものを、あつらえる限りに、過敏になった精神は、無神経さを携え、形容するものだけを、その形として認識するほどに、情報過多になった脳内で担うべき実直なものなどに、なぞられ、秘密めいた毎日に祈祷するだけに、孕む期待感は、現実を裏切り、現時点をうやむやにするであろうし、出会い別れ、何度かの邂逅や、開眼し、あらゆる論理を飛び越え、跳躍力を携えた、純粋な真理は、すかさず用いられる正義に疑念を孕ませ、自らの世界に宿る犠牲心のようなものが、存在を取り外し、路肩に放置された、何かの亡骸のように、そこで生き、有ったような物のように閉め出される苦しみへと、補填される痛みを看過するものが、緩和を目指し、緩慢な痛みを、ニヒリズムに変えるだけの、破壊的なまでの病にまで加速するものが、仮想するものへと移送され、総和を目指さずに、自らの痛みに進行していく行為へと逸脱する動機が、いたずらな痛みを抱え、いぶかる言動や、入りびたる意味に労働し続けるほどに、懈怠していく意識は、抵抗性を捨て、抑制され、抑圧された心身に従属するよりも、それを操作し、使われるだけの、マゾヒズムへと移行し、行為は、純然たる機械的な曖昧さへと、差異を捨て、拙く満たない自己を捨て、恰も自分の意識などを用い、従わずに抵抗しているようでも、定時になれば、嬉々として、逃げ道を探すような、形式や、景色に囚われるのも、ひとつのカタトニーであるし、正しいことだと、答えを用いるプロパガンダや、一切合切に迫る合併症を抱えた政治性などが、偏りを生み出し、懈怠する意識に、境目や、才覚などは持たずに、従うだけが、賄える世界などをアナライズするほどに、倒錯していく意識は、意味から逸脱できずに、今に膠着し、分析し続ける先に見出す精神性も、正解を失い、今に欺瞞を携え、自意識に倒錯していく。