読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

大義


 思いの窓口を破壊するような快楽が迫る原野、停止線を越えて、あらゆる意味の外へと旅立つ現実的な余韻や、静穏な日々を艶やかに泳ぐ、賑やかな間隔に迫る人間的な要因に迫る贋物の価値に欠乏していくだけの精神性に、制度や、規律などが迫り、抑止力を授け、涜神などを謳い、罪と罰と、諦念と諦観を謳うだけに、能動する記憶や、臆するだけの枢要な価値へと導かれるだけに、自己の寒暖差を伝い、怠慢な動機にモラルや、情動へと排斥されるだけの価値観に問う悪が、疑念や、派閥や、嫉妬心などをまき散らし、敢行する意志に服従するだけの観点へと疎外される思いが、更迭される先々で、体系へと倒錯し、透過されるべき精神を奪い合うだけの緩衝から、均等な位置へと、意味を引き出し、見出すべきものを喪失し、相互する意識が、陰湿なものを掲げ、ナショナリズムへと倒錯し、問答を続ける乖離した答えに引き裂かれた思いに対面する現在に、原始的なピリオドが迫り、魯鈍な価値へとアイロニーを用い、前衛的な価値へと帰巣していく真理を蝕む心が、育むものなどが、枠組みを生み出し、眼前に広がる裕福そうな、遭難者や、前提するものへの降伏から、複製されるだけの真実に投棄されるものを漁るだけの、懐疑的な日常に陥るだけの不満や、憤懣をたずさえ、内面的な汚穢をかき集め、聖断を仰ぎ、投じられる事に用いる終末論的な間奏から、こじつけられた意味がケロイド化し、警報器がうなる現時点の裁きから、感応する安易な支配への継続から、刑場へと運ばれる老い続ける意志に整合される観点に関連性は、制度を用い、憎しみだけを倍増させ、倍加する価値から、完売するほどに、追従する欲望は、横流しされる品位や、数多のプロセスへと偏向していく価値の家畜として、指定される義務に支払われる、自らの愚意へと転じ、証拠を残すだけに、照合されるものへと、押し合う完治しない苦悩から、ないがしろにされ、卑猥なものへと陥るだけの快楽の目的が、応じるだけの依存性へと制度をふやけさせ、複雑なプロセスへと移行していく原理に、冤罪を与え、たゆたう現実を強請り、合否を謳うだけに、誰かのしあわせを奪う事だけが、この生きるという事に相対し、値するものであるし、用いるものと持つものと、持たされるものと、用いられるものの扇動と戦争から、幼稚な惑乱から、解除される心の理想から、詩的な豪壮へと帰り着く意思を用いずに、ただ短絡的で、繊細さも無いモラルから、性欲的な抑制から、性悪説へと転じるだけの保守的なリベラリズムが、ロジカルな全体主義へと陥り、お家の中で、独裁者へと変わり、折檻と育まれるファシズムへの労働から、動機は、夢の中をさまよい、自らをアリス化し、仮死化する意識は、誰彼かまわず憑依し、貧寒な意味や、劣悪な環境などを謳い、退廃的なロマンチシズムへと慢心を掲げ、邂逅する意思から、意味は、引き取られるだけの価値の中で乖離し、理解を含まずに、不満を並べるだけに、私情は、真相を損ない、猜疑心をたずさえ、苛まれる思いは、最たるものを失い、大差ないものを追いかけ、応じるだけの答えに隷従し、隷属するほどに、魯鈍なものを抱え、物として生きる事に、価値を見出し、あらゆる現実のコイルや歯車や、内面性の暗礁に乗り上げ、あいまいな今に不満をたずさえ、今にさまよう原理や、現行をたどるだけの行為的な懇意から、晦渋な心身に宿る結末を追従する自己中心的な疎外感に迫る安易なプロセスが、剣呑なものを兼任するだけの、権威的な何かが、名称を掲げ、自らを、高い者だと勘違いする間に、緩和しない内面性の倒錯から、介在する意識的ななりあいや、なれ合いを続け、内面性が、愛した記憶などに妨げられ、自らの大義に屈従できずに、何かを使命感として囚われるだけの意識に混同していく意思が、何かに動かされる事だけを、快楽として、あるいは、それこそが、義務であり、それを、保ち守る事だけが、この現実を勝利に導く鍵など、と謳うだけの魯鈍な者の祝福を謳うプロパガンダや、がんじがらめの現在に定立していくものが、真理値を用い、善悪を勝敗の絆で結ぶだけに、停滞していく意識的な軽快さは、快活な動機に至らずに、その場の雰囲気に交わり、かじかむ身体は、その雰囲気に凍死し、統合されるだけに化石化した心は、孤独を抱え込み、多数派の中での虚空をさまよい、その中での幸福を追い求めるだけに、何事からも遠ざかる意思は、透過できずに、ただ昏昏としていき、昏倒しては、自らの暗闇へと堕ちていき、自らの暗闇の中で、未熟な精神は、栄進できずに、自らのルサンチマンや、ニヒリズムを育て、惰性な意識は、テロリズムや、ロジカルな中傷を繰り返すだけの論理的な馬鹿者を育て、体制へとこびへつらうだけの懐疑的な化け物たる衆愚を打ち倒せずに、体制が持ち上げるモラルが律動するものに朽ち果てるか、屈従するかに至る。