読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

開放的な夜


 もっと、包括的に捉え、物事を、柔らかくするのが、考える、という役割であり、担う意味は、今に似合うように、都合よく処理され、自らの意思を犠牲にし、確かなものの見方を喪失し、損なわれ続ける意味を追いかけるだけに、純粋な意思は損なわれ、その先に生み出されるものが、打算するものへと支配され、意味のない芝居を続けるだけに痛む身体は、無知なほどに、簡単に、短絡的な方法で処理され、記憶すらも損ない、そこに導かれる思いも、苦悩を編み込み、苦悩自体の強度を高めるだけに専念し、自らの考えを損ない、偏ったものの受け取り方をし、決められたものを決め込まれたものとして受け取る限りに、間違いを加速させる。あるのは、自らの純粋な意思だけであるし、後は、ほとんどないに等しく、抗うほどに、あるとされるものは、無意味なほどに、今に割って入り込み、意思的な身動きを取られなくし、身動きを取られなくするほどに、落胆する意思は、観点を損ない、牛耳られる意思は、策略へと嵌め込まれ、無秩序な意味を這いつくばり、排斥されるだけの意味に、価値観の危機などを謳い、疎外されるだけの孤独へと配膳される終末論や、魯鈍なニュアンスを持ち込み、匂い立つ夜に不自然なものを掲げ、過信を育てるだけの、惰性な生き方へと徒労を重ね、血合いをされた、空虚な身体に嵌め込まれる是非を集め、認識するほどに増していく苦しみに舞い込む夜が不安定なほどに、その場に屹立し、立証されぬ事まで、言葉のままに信じ込む間に、空疎な信心は生まれ、思考停止へと至らせ、物事の傀儡として、遠のく意識を這い、完全性を謳い、怠慢な意識へと解消されない痛みへと配分される苦しみに分裂していく意識は、言い分けばかりを重ね、改ざんされる意味から、意識的な報復をくり返す内戦へと至るような次元をへだてる世界線をも壊すような亡霊どもがうろつく疎ましい世界へと緩和すべき対象を持たずに、ただ、対立し続ける先に現れる倦怠感へと疎外され続ける間に用いられる孤独が、声を荒げ、自らの孤独をかき消そうと、もがくほどに、迫る孤独へと引き込まれ、自らの不安に膨脹して行く暗鬱さに飲まれ、用いられる差異や、求められるほどに離れて行く意識が、枢要なものを損ない、諦観へと至らせるだけに、あてがわれる孤独へと孤立していく意識は、自らの敷居を高くし、対外へと果てるだけに明け暮れる意識は、真理を用い、謳われるものを崇拝し、自らの考えに交換されるだけの代償や代価を求めるばかりで、解消されない痛みを、今に引き伸ばし、今に復元し、終わらない痛みをくり返し求めるだけのサディズムへと至らせるだけに、私を、疎外させるのは、依然として、私に過ぎず、用いられるものへと、求められる意識が、疎外し続ける先に現れる終わらない孤独が、虚空へと誘い、ないがしろにしてきた現在に、機械的な道理をつなげ、伝う意識へと電流を流し、脳内の快楽物質を操作するだけの傀儡化した資本主義的な衆愚へと交錯していく意識は、革命がなんたるかを知らずに、ただ、用いられる価値観を壊すだけの戦争へと至らせるためだけに暴力装置として現れる問いへとノイズを吐き散らす思想から、散漫な意識を買い取るだけの不平不満を促し、感覚を奪い、完全性を謳うだけに、実現もしないマニフェストを、マニュアルどおりに謳い、怠慢な意識が買い取るだけの、独善的な価値観の家畜として、指定される義務へと交換される幼稚な策略が生み出す権力へと偏り続けるだけに、一党独裁的な支配者を生み出し、世界性は、孤独を乗り越えられずに、与えられた価値へとすなどられる意識は、配膳される孤独の恐怖に退化し、怠慢な意識を綴るだけに、偽善的な普遍性を装い、何かを裏で裏切りに、裏で操作するだけに、掻痒を増やし、不潔な意識をかきむしるだけの道楽へと退嬰的なものを掲げ、麻痺した意識は、資本的な快楽の死へと加速し、死を膨脹させるだけの生産的な斡旋から、圧迫感を捧げるだけの抑圧的な相互依存的な互換から、悔悟をため込む意識に用いられる罪の意識を再発させるだけに加速する精神的な病から、解放を求めるほどに、自由に圧迫され、寂寞へと至らせるだけの快楽主義的な道具として、一切の快楽を使い果たしても尚、求める快楽へと加速するほどに、増していく焦燥感が用いる不安をかき消すためだけに、絶え間なく求め続ける先に待ち受ける、もっともな孤独へと拘束され、交錯する意識が、純然たるものを損ない、そこに用いられる毒々しい影に虐げられ、あらがうほどに、増していく絶望感へと加速していく苦しみへと運ばれる独善的な理由に流動させられ、不安へと加工され、偽装される心理は、心因性を用いずに、ただ、与えられる不安を耕すためだけに、不安材料を探し求める事にも、快楽は生まれる。その快楽から抜け出すべく、時間に隔てれずに、空間に閉じ込められずに、次元に囲われずに、定義や真理に反し、永遠性を蓄え、こじつけられるものを引き離す創造性だけが、行動へと膠着させるだけの意味に疎外されずに、己に連動していく孤独から、いきいきとしたものを引き出す事だけが、君が用いる無意味な孤独を加工するだけの意味に、意味を用いるような教育から引き離し、自ら生み出す答えだけを、答えと呼べるように、励まし続け、開放的な夜へと、意思を誘う。