読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

孤独の子


 寂しい思い出に持ち込まれる差異に詰まる鈍磨な感情や、シンクロする先に充填される愛に導かれ、たぐり寄せる瞬間に求め合う軌跡が、貧寒な季節を超え、形跡を踏みにじるだけに、跡形も無く消え去る形式的な余韻に備蓄されるだけの緩慢な愛が保湿するだけに、乾いた感情にどんどんと後続していくだけの痛みが肥満化し、愛すべき孤独が、ファストフード店に入り込み、背徳の注文をくり返し、偽装される真理は宿無しで、改ざんされるだけの散漫な意識にリベラルなソースをかけて、淡々とした普遍性を加速させるだけの規律に攻め入られ、生命の起源を喪失し、錯綜する真理にナイトメアが迫り、不満げな角で得たものも物事に比例するだけに物質化されるだけの価値観へと拘束され、勘違いを生み出し、今に不毛なものを生み出すだけに諦観へと浸るだけのジレンマの足かせを嵌められ、世界は、狭いものだ、と教え込まれるほどに、普遍的な者が騙る言葉に偏り、誰かを貶めるだけに至らせるような成分を含んだ正義が欺瞞を放ち、掃きだめにこぼす屈辱のあの日から、カタストロフを謳うだけの偽善的なネオンに照らされた夜にふさぎ込むあの子の苦しみの描写へと至り、星月夜に重なる永劫回帰や、傘も持たずに、道ばたで眠る野良犬や、野良猫の大愚を借りたワルツを踊り、背徳の銀河へと走る貨車に乗り、寒空に過失を促し、犠牲心を謳い、用いられるものに貴く結ばれるほどに、この愛とは結ばれずに、今に離れ合うだけに至る痛みに倍増する真理に改造されるだけの倫理観へと願いは加工されるだけの希死念慮に変わり、願い事も、補填されるだけの意味合いに加工されるだけの品位にたそがれ、価値観に嵌め込まれるだけの隠逸から、収攬する革命家たちを行為にもとづくエゴで取り締まるだけの罪を与え、誰かに罰するだけに至るような徳などは、倫理観を用い、何かを責め立てるだけに浸る革命に過ぎず、そこに償いを用いる限りに、この悲しみは、今を裏切り、荒ぶる真理にうそぶく真実に、独占されるだけに逸脱していく本質は、可能世界で、袂を分かち、今に馳せる鈍磨な感情へと加速していく今に逸する限りに貧する悲劇や、感情論的に溶け合うドメスティックな一貫性へと放たれる愛は、補完されるだけの淫靡な結末へと活路を見出し、今に浸る原理へと利己的な症状を持ち出し、緩衝し続ける先に、愛はモラトリアムや、もたつく花びらや、官能的な捕囚として、過去に浸るだけの過ちを、現世でくり返すような物語へと加工され、終末論に重なるエゴイズムや、絵空事へと排斥されるだけの真実と動機の家畜として、意味を徘徊し、与えられる意味を食い尽くしては、自らの意思すらも貪婪に食い荒らし、自らの意思を損ない、本能だけで、凡庸なものへと陥り、今に宿痾に苦しむとか、言い放つ潔癖症的な道理に理屈を捏ねるだけのコード化された大人という化け物を飼い慣らす権力は、金銭をばらまき、慢性的な痛みを配し、恐怖を植え付け、普通の道から外れたら最後、そこに結末をすぐさまつなげるだけの退屈を巻き込み、退廃的な答えへと普遍的なものは固結し、神々しく持ち込まれた答えは、枯渇する今に、不安をすり込み、同じ行動を、同じ不安と共に、同じ日々を歩き、同じ苦痛を共有すべきなのだ、と履き違える答えが、今を貪婪なもので彩り、挑む事すら忘れ、今に損なうものばかりを集め、あいまいな現在に悲観し続ける先にあらがうべきシステムへと敵意を剥き出しに、革命を暴力で飼い慣らすだけに明け暮れる革命は、権力を得れば最後、前よりも、悪い状況を生み出し、新たな革命を誘引するだけの事柄を何度もくり返し、今に反復されるものへと逸脱し、一切は、拍動せずに、勘違いを生み続け、今に求め合うものも、愛惜の下に屈従する始末に至り、犀利な意思を持たずに、持ち込まれる原理へと牽引されるだけに浸る結末は、今に帰巣する場所を失い、喪失感を漂い、有する価値に過去を当てこすり、あいまいなままに持ち上げる権利が懇意を求め、牛耳られる意思は、他者から借りた答えを、今に支払うための問題へとうそぶくだけに結末は、利用されるだけの道理へと引っ張られ、悲観するだけに至る軽薄な論理は、利己的なものへと偏り、カタトニーへと至り、万感に迫るエゴが喘ぎ、散漫な意識に迫る影に飲まれ、今に異質なものを掲げ、化せられる罪へと自虐的な道を進み、濃密な主観に裏切りを生み出し、空疎な利権を追い、追従する先に待つのは、隷従よりも、悪政により、生み出された悲劇の家畜として、廃棄物を食わされ、善意の名の下に、悲劇的に処理される身体を傍観するだけの精神の終わりを、何度も味わうような改造を施され、縫合される先に、苦しみは、利便性を用いられ、今に瀰漫する悲劇へと緩衝する罪が、退廃的な独白をくり返し、関わるほどに、陰惨なシンドロームに加工される浪費し続ける観念に穎悟なものも損なわれ、見抜くべき愛も、悪意に邪魔され、今に阻まれ、苦痛の下に処理される心身を傍観し続ける。