読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

食い込んだ跡

 
 思い出も、いつかは、重たい荷物に変わり、利便性を用いられる言葉に騙され、たゆたう先々で、やかましい文明的な猶予などを用い、意味をなじり、潔癖的に処理されるだけの物事に生命の起源を損ない、ないがしろにされ、痛みを抱えた君の悲劇を加速させるだけの今に襲いかかるノイズを取り払うべく、綺麗事を取り除き、常識や、用いられる規律などに苛立つ事は、その規律に従うだけに浸る関連性に機械的にうごめくだけに浸る出来事に寂寞へと切り取られるエピソードに帰路は無くなり、擯斥し続けるだけに、徒な今に帰巣するだけの真理に用いられる勤勉さなどは、誰かが謳うだけに敷衍する出来事へと帰巣するだけに意味は、アナクロニズムに陥り、なあなあに事実を処理するだけの普遍的な不潔さに気付かずに、今に浸るほどに、魯鈍なものに陥り、意味の無い出来事を追いかけるだけに浸る現在に低劣なものを掲げ、用いられる出来事に苛立ち、消費されるだけに至る出来事に競争本能を逆撫でし、既存するものへと横溢していく痛みが、疲憊する今に起算されるだけの数理をまとい、理想を共通点として、同一化するだけに至らせるような痛みの交換から、枯渇する現在に忍び寄るヒステリックなものから、魂胆は、加算されるほどに、自らの重みに圧壊し、あいまいな今に起源を移し、今を錯綜させるだけに至らせるような鬱々とした観念に緩衝すべき愛すらも失い、ないがしろにする先々で倦怠感を抱え、浪費されるだけの今に課せられる意味を邪推し、薄明な現在に明晰なものを用い、一途に世界を警世し続けるだけによぎる憤懣は、やがて抵抗性を生み、今にちぐはぐになり、何かを恨み、出し抜けるものの陰惨さや、その手口にからまる現在に足かせを嵌め、猿ぐつわを咥えさせられ、空虚さを心に埋め込まれ、ロボトミー手術を施され、空虚な海馬に埋め込むべき理想を用い、狂気を重ね、加工される義務へと貞操を謳い、虚像を信心し、加工される愛へと理想は、フォーマットされ、リターンし、搬送されるだけの意思を契るだけの空疎な義務感に攻め入られ、傀儡と化すだけに梳かす間は、供給されるだけの意味に履き違える意思や、躍動感を失い、損なう限りに陰る意思は、本当のものを失い、奔走し続け、ただ、疲れに攻め入られ、制限を失い、今に問い続けるものが絡み合い、あいまいな現在に理想を供給し続ける限りに陰る本質は、利便性を求めるだけに快活な動機を忘れるなどと現を抜かす観念論的な模倣者が謳う原理こそ、アナクロニズムに陥り、自らの意思を損ない、誰かが謳う真実を買い取るだけで、不安感を解消したかのように思わせるだけに至るものなど、何の解決にも至らず、今の苦しみを、先延ばしにするだけに至り、訝るほどに、補填される意味へと錯綜し、真偽に満たされぬものが、今に満ちあふれ、蔓延る悪意が買い取る意味へと露骨な支配を受け取り、死をも越えられずに、今にせめぎ合う意味へと意思を損ない、行いは、今に汚され、契約を用い、回避できぬ痛みは、今に解消されずに、あいまいに形成される意味へと倒錯し、アクセスし続ける先に現れる善悪は、何を持ってして悪を認識し、善へと引き込むだけに、今に引きこもり、自分を見失い、用いられる善悪に解消される不安だけを求め、形跡を踏みにじり、理性を損ない、そこかしこに理由を転化させ、観点を損なわせるだけに至らせるようなセンテンスを現在に引き込み、原罪を用い、利己的な支配へと競争させるだけに等位を用い、戦争へと至らせるだけの秩序からの逸脱を求め、用いられる位置に不満を植え付けるだけの意図にこそ相対し、相違を認めるほどに、用いられる罪をかぶせられ、今に独善的な手法で、処刑されるだけに至るような形跡を踏みにじり、今に浸るだけの原理を攪拌し、破壊に至らせるよりも、分からなくなるまで、ミックスし、完成されたものなどは、作られたものに過ぎず、今に用いられる法とは、もつれ、ほつれるだけに至るような善悪を対象に、今に解消されぬ痛みを意味に巻き込み、君の自由を利用し、理由へと転化していくものを意味に背負わせ、欺瞞を用い、利己的な紙幣へと課せるだけの意味に理想は、供給されるだけの意味へと転換される価値へと加算される義務をギミックに変え、理想を恐々とさせるだけに、君の不安は、意味を利用し、意味をねじ曲げ、解消されない痛みへと加工し、加速する痛みへと加工されるだけの意味を真実として持ち替え、課せる意味を加工するだけの本質へと蛇行するだけの今にさかのぼるほどに、もつれる意味を用い、誰かを支配するだけに至らせるような狂気を終わらせるべく、はじまるだの、終わるなどと露骨に示す間から、世界は関わるほどに、補填するものを求め、君を支配し、従えるだけに終え、そこかしこに生み出されるものに利用され、利用価値が無くなれば最後、そこかしこに生まれる永久に阻まれる窮屈さに根絶やしにされ、寝返るつもりで、罪を背負わせ、誰をも信じられぬ先に生まれる虚像すらも愛せぬままに散る。